Pocket

今回は、CBC賞2018無料予想と

出走馬の調教・最終追い切り評価、分析後編を

中心とした記事を書いていきたいと思います。

今週開幕する夏の中京開催、

サマースプリントシリーズの

第2戦、CBC賞。

夏のスプリント王を目指す馬たちの

集まりに思えるが、

過去の傾向ではむしろ秋の

GIスプリンターズSに向けても

重要な一戦といえる。

過去にもここから、

スプリンターズS優勝馬がでている。

ローカル色が濃くなる夏競馬だが、

今後に向けて目が離せない。

今年はどの馬が、CBC賞を制するのか、

ここでは、出走馬の調教・最終追い切りから

好走しそうな穴馬を探っていきたいと思います。

 

【CBC賞2018】出走馬の調教・最終追い切り評価、分析後編

<セカンドテーブル>

(前回) 栗坂良 馬なり
→1回 51.5 37.6 24.0 11.8

6/10 栗坂良 馬なり
→1回 58.5 42.7 27.4 12.8

6/20 栗CW重 馬なり
→82.6 67.2 52.6 38.5 11.8 ⑦
ミトノクイーンの内1.3秒追走0.2秒先着

6/27 栗CW良 馬なり
→60.2 43.4 13.6 ⑧

【最終追い切り評価】

輸送を考慮してか、

息を整える程度だったが、

軽い脚さばきで雰囲気は上々。

 

<ナガラフラワー>

(前回) 栗CW不 馬なり
→83.0 65.5 49.8 36.9 11.7 ⑥

6/13 栗CW良 馬なり
→83.7 66.1 50.3 37.2 12.2 ⑥

6/20 栗CW重 直強目
→83.8 66.3 50.5 37.2 12.1 ⑧
ナリタスターワンの外を1.6秒追走3F併0.1秒遅れ

6/27 栗CW良 馬なり
→66.5 51.1 37.8 12.2 ⑧

【最終追い切り評価】

リズム良く軽快な内容。

直線は促す程度で加速し、

いい頃同様に切れがある。

 

<スノードラゴン>

(前回) 南坂良 馬なり
→2回 55.2 40.0 25.9 12.1

6/20 南坂重 馬なり
→2回 56.3 41.2 26.8 12.6

6/24 南坂稍 馬なり
→2回 57.2 41.6 25.9 12.4

6/27 南坂良 末強目
→2回 53.5 39.2 25.6 12.8

【最終追い切り評価】

遠征の疲れなど

みじんも感じさせない

活気十分の走り。

状態は高値で安定。

 

<ダイメイフジ>

(前回) 栗坂良 馬なり
→1回 53.7 38.6 25.1 12.6

6/20 栗坂重 馬なり
→1回 53.9 38.7 24.9 12.8
サインを0.2秒追走0.2秒遅れ

6/24 栗坂重 馬なり
→1回 55.2 39.8 25.7 13.1
カフジブルーを0.6秒追走0.1秒先着

6/27 栗坂良 一 杯
→1回 53.8 38.7 24.5 12.3
ダイメイプリンセスを0.8秒追走0.4秒遅れ

【最終追い切り評価】

追い比べで遅れたものの、

最後までしっかり伸びた。

好調をキープしている。

 

<ナリタスターワン>

(前回) 栗CW良 馬なり
→84.8 67.7 52.2 38.7 11.9 ⑦

6/17 栗CW良 馬なり
→75.3 58.7 41.9 13.2 ⑧

6/20 栗CW重 稍一杯
→85.3 67.3 50.7 37.1 12.0 ⑦
ナガラフラワーの内を1.6秒先行3F付0.1秒先着

6/27 栗CW良 馬なり
→82.9 66.3 52.6 39.2 12.7 ④

【最終追い切り評価】

少し力む面を見せるも、

活気が増して

傾向としては悪くない。

気配は上向き。

 

<フミノムーン>

(前回) 栗坂良 馬なり
→1回 57.1 41.2 26.5 12.6

6/13 栗坂良 馬なり
→1回 53.5 38.8 25.9 13.1

6/20 栗坂重 一 杯
→1回 52.0 38.1 25.6 13.3

6/27 栗坂良 馬なり
→1回 55.7 40.4 25.7 12.2

【最終追い切り評価】

持ったままでスッと反応し、

豪快にフィニッシュ。

動き、気配の良さは目立つ。

 

<ワンスインナムーン>

(前回) 函芝稍 末強目
→66.7 50.3 36.0 11.5 ⑤

6/27 南W良 馬なり
→82.5 67.2 52.6 39.0 13.3 ⑤
ワンダースラガンの内1.2秒追走0.1秒遅れ

【最終追い切り評価】

北海道から戻ってきての

中1週でも、

脚さばきはスムーズ。

力を出せる状態。

 

<ペイシャフェリシタ>

(前回) 南坂良 不 明
→2回 53.5 39.1 25.7 13.0

6/20 南坂重 末強目
→2回 53.3 38.2 24.8 12.6

6/24 南坂稍 馬なり
→2回 55.9 40.6 25.7 12.5

6/27 南坂良 末強目
→2回 51.9 37.3 24.3 12.1

【最終追い切り評価】

ブランクを感じさせない

機敏なフットワークで、

ラストの反応も鋭い。

好態勢。

 

<トシザキミ>

(前回) 栗坂良 一 杯
→1回 54.5 39.5 25.4 12.5

6/27 栗坂良 馬なり
→1回 54.2 39.4 25.8 12.9

【最終追い切り評価】

前走を使われて、

動きにいい頃の活気が出てきた。

多少の前進なら可能。

 

<アサクサゲンキ>

(前回) 栗坂良 一 杯
→1回 52.7 38.4 25.0 12.8

6/20 栗坂重 一 杯
→1回 52.0 38.3 25.6 13.2
ダノンマジェスティを0.1秒追走0.6秒先着

6/24 栗坂重 馬なり
→1回 61.2 45.1 29.2 14.1

6/27 栗坂良 一 杯
→1回 51.4 37.4 24.8 12.7
ビックリシタナモーに0.4秒先行0.8秒先着

【最終追い切り評価】

力強いフットワークで

豪快に駆け上がり、

併走馬を一蹴した。

好気配が漂う。

 

 

【CBC賞2018】出走馬の調教・最終追い切り評価、分析後編まとめ

今回は、CBC賞2018

出走馬の調教・最終追い切り評価、

分析まとめを書きました。

この中で、調教・最終追い切り

良かった穴馬を

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬人気ブログランキングへ

今週はしまい重点だったが、

仕上がりに不安ない。

末脚は確実なので

リズム良く運び、

馬場や展開が向けば、

好勝負。

The following two tabs change content below.
スポンサーリンク