Pocket

今回は、JBCクラシック2018の予想と

出走馬の調教・最終追い切り評価・分析から

狙える馬を中心とした記事

書いていきたいと思います。

2001年に創設されたJBC競走が、

今年は初めてJRAの競馬場で施行される。

JBCクラシックは3つのJpnI競走のうち、

メインの11Rに組まれている。

過去の勝ち馬には

名だたるダート王が顔をそろえている。

現在のダート中距離路線は群雄割拠の激戦区。

今回のJBCクラシックを制するのは、

どの馬になるのか。

ここでは、出走馬の調教・最終追い切りの

評価・分析を行い狙える馬

探っていきたいと思います。

 

【JBCクラシック2018】予想│出走馬の調教・最終追い切り評価・分析から狙える馬

1.センチュリオン

(前回) 9/28 美南W 重 一杯に追う
→69.2 54.0 39.0 13.9 [3]

10/18 美南W 良 馬なり余力
→68.1 52.5 38.6 13.6 [3]
ゲンパチマサムネ(古500万)末一杯の内0.4秒追走0.2秒先着

10/25 美南W 良 一杯に追う
→67.4 52.2 38.3 13.2 [3]
ゲンパチマサムネ(古500万)一杯の内0.2秒追走0.1秒遅れ

10/31 美南W 良 一杯に追う
→68.0 52.9 38.9 13.3 [3]
ヤマトワイルド(古1000万)馬なりの内0.6秒追走0.6秒遅れ

【最終追い切り評価】

最後までしっかり動けていて、

攻め駆けしない馬としては優秀。

出来は絶好。

 

2.タガノゴールド

(前回) 9/24 園田 不 馬なり余力
→67.6 51.0 38.1 - [3]

10/31 園田 良 一杯に追う
→64.1 49.1 36.6 - [2]

【最終追い切り評価】

ラストはビシッと追われて、

動きにも力強さがあった。

体調自体は良さそう。

 

3.シュテルングランツ

(前回) 9/14 浦和調教場 稍 馬なり余力
→54.1 39.5 12.9 [7]

10/29 浦和本 良 強目に追う
→67.9 51.2 37.5 12.7 [4]
アンサンブルライフ(浦和)強目の内0.3秒先着

【最終追い切り評価】

手応えにお釣りを残して

上々の伸びを披露。

状態は高いレベルで安定している。

 

4.サンライズソア

(前回) 9/26 栗坂 良 末強目追う
→1回 53.4 39.2 25.5 12.8

10/18 栗CW 良 馬なり余力
→80.6 65.1 50.7 38.2 12.9 [8]
メイショウロセツ(古1000万)馬なりの外1.5秒追走同入

10/24 栗坂 良 馬なり余力
→1回 52.0 38.0 25.5 13.2

10/31 栗坂 良 馬なり余力
→1回 55.7 41.1 27.1 13.5

【最終追い切り評価】

鞍上が抑えるのに苦労するほどの気合乗り。

弾むようなフットワークで好調。

 

5.アスカノロマン

(前回) 10/17 栗坂 良 馬なり余力
→1回 57.8 42.1 27.1 13.1

10/31 栗CW 良 馬なり余力
→83.8 66.9 52.0 38.7 12.6 [6]

【最終追い切り評価】

軽快なフットワークで

年齢を感じさせない動き。

久々を叩いて出来は上向き。

 

6.マイネルバサラ

(前回) 9/28 美南W 重 強目に追う
→68.9 54.3 39.8 13.2 [7]

10/18 美南W 良 馬なり余力
→71.0 55.1 39.4 13.6 [8]

10/25 美南W 良 直強目追う
→69.6 54.4 39.9 13.4 [7]

10/31 美南W 良 G前仕掛け
→69.5 53.7 40.0 13.0 [8]

【最終追い切り評価】

目立つ時計は出していないが、

前走よりも体は締まって映り、

気合乗りも上々。

 

7.サウンドトゥルー

(前回) 9/30 美坂 不 強目に追う
→2回 54.4 39.8 26.3 13.6

10/24 美坂 稍 一杯に追う
→2回 53.6 39.0 25.5 12.8

10/28 美坂 稍 馬なり余力
→2回 56.9 41.3 26.5 12.8

10/31 美坂 良 馬なり余力
→2回 53.4 38.9 25.4 12.7

【最終追い切り評価】

先週ビシッと追われ好反応。

直前は馬の気に任せた内容も、

躍動感のある動き。

 

8.ケイティブレイブ

(前回) 9/26 栗坂 良 末強目追う
→1回 54.8 39.3 25.4 12.9

10/19 栗坂 良 馬なり余力
→1回 52.9 38.7 25.2 12.8

10/24 栗CW 良 馬なり余力
→87.5 70.6 54.8 40.9 12.4 [6]

10/31 栗坂 良 末強目追う
→1回 52.7 38.8 25.8 13.3

【最終追い切り評価】

鞍上が促したが、

なかなか手前が変わらなかった。

それでも動きは力強い。

 

9.ノンコノユメ

(前回) 10/4 美南W 良 馬なり余力
→70.9 54.3 40.0 13.6 [6]

10/24 美南W 稍 一杯に追う
→69.2 53.5 39.1 13.4 [6]
ベアインマインド(古1600万)馬なりの内0.4秒追走同入

10/28 美坂 稍 馬なり余力
→2回 59.4 44.7 29.6 14.7

10/31 美南W 良 直強目追う
→69.3 53.8 39.6 13.6 [8]
ディサーニング(古500万)馬なりの外0.5秒先行0.2秒先着

【最終追い切り評価】

ウッドではいつも目立たないタイプ。

ひと叩きされて体に張りが出てきた。

 

10.テイエムジンソク

(前回) 9/26 栗CW 良 追って一杯
→85.1 68.5 53.4 39.5 13.1 [7]

10/24 栗CW 良 一杯に追う
→83.3 66.5 51.5 38.4 12.9 [7]

10/28 栗坂 良 末一杯追う
→1回 59.3 42.7 26.4 12.7

10/31 栗CW 良 稍一杯追う
→81.7 65.1 50.4 37.0 12.6 [5]

【最終追い切り評価】

先週に比べて素軽さがグンとアップし、

反応も良化。

ひと叩きして気配は上昇。

 

11.カツゲキキトキト

(前回) 9/28 弥富 重 馬なり余力
→42.0 12.9

10/22 弥富 良 馬なり余力
→56.0 41.8 13.5

10/31 弥富 良 一杯に追う
→65.2 50.5 38.3 12.6 [5]
アサクサポイント(名古)一杯の外を4F併0.2秒遅れ

【最終追い切り評価】

ラストは遅れたが、

力強い脚さばきで馬体の張りも上々。

出来は安定している。

 

12.アポロケンタッキー

(前回) 9/26 栗坂 良 叩き一杯
→1回 52.5 38.2 25.3 13.0

10/24 栗坂 良 一杯に追う
→1回 52.6 38.2 25.1 12.8

10/28 栗坂 良 末一杯追う
→1回 58.1 40.7 25.8 13.0

10/31 栗坂 良 一杯に追う
→1回 51.8 37.9 25.7 13.4

【最終追い切り評価】

馬場の内側を通ったとはいえ、

力強いフットワークで好時計。

さらに上昇。

 

13.オールブラッシュ

(前回) 10/3 栗CW 良 一杯に追う
→70.4 53.4 39.2 12.3 [3]

10/12 栗プール

10/25 栗坂 良 馬なり余力
→1回 55.4 40.0 26.4 13.3

11/1 栗坂 良 末強目追う
→1回 55.6 39.4 26.0 13.2

【最終追い切り評価】

ひと叩きされ、

動きに活気が出てきた印象。

多少の前進なら可能だろう。

 

14.オメガパフューム

(前回) 9/26 栗坂 良 一杯に追う
→1回 55.1 39.9 25.7 12.9

10/24 栗坂 良 強目に追う
→1回 55.2 39.6 25.4 12.6
エンジェルスマイル(二未勝)一杯に0.3秒先着

10/28 栗坂 良 馬なり余力
→1回 54.4 39.9 26.1 13.2
ドゥシャンパーニュ(二未勝)馬なりと同入

10/31 栗坂 良 馬なり余力
→1回 52.7 38.9 25.8 13.2
ロードオヒア(新馬)一杯を0.2秒追走0.4秒先着

【最終追い切り評価】

残り100mで手前を変えると、

併走馬にあっさり先着。

活気あふれる動き。

 

15.テーオーエナジー

(前回) 10/3 栗坂 良 一杯に追う
→1回 53.3 38.3 24.8 12.5

10/24 栗坂 良 馬なり余力
→1回 53.7 39.4 25.8 13.1
マイネルエメ(古500万)一杯を0.6秒追走0.8秒先着

10/28 栗坂 良 馬なり余力
→1回 57.4 41.7 26.9 12.9

10/31 栗坂 良 一杯に追う
→1回 52.4 38.2 25.3 12.9
マイネルエメ(古500万)一杯を1.5秒追走0.8秒先着

【最終追い切り評価】

道中は抜群の気合乗り。

追われると一気に相手を突き放した。

一変も十分。

 

16.クリソライト

(前回)
海外遠征

10/24 栗坂 良 一杯に追う
→1回 52.5 38.7 - 12.9
ブラックスピネル(古オープン)馬なりを0.1秒追走クビ先着

10/27 栗CW 稍 末強目追う
→53.0 38.9 12.0 [7]

10/31 栗坂 良 叩き一杯
→1回 51.8 38.4 25.7 13.2
スティッフェリオ(古オープン)末強目に0.1秒先行0.2秒遅れ

【最終追い切り評価】

長欠明けでも十分な乗り込み量を消化。

追うごとに動きが良化し、態勢は整う。

 

 

【JBCクラシック2018】出走馬の調教・最終追い切り評価・分析から狙える馬まとめ

今回は、JBCクラシック2018の

出走馬の調教・一週前追い切り

評価・分析から狙える馬を探ってきました。

その中で、調教・最終追い切りが

良かった馬

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬→人気ブログランキングへ

今週は重い馬場だったが、

最後までシャープに伸びていた。

時計も良く叩いて上昇ムード。

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク