Pocket

今回は、阪神ジュベナイルフィリーズ2018の

無料・公開予想│展開・印付き予想と

コース分析(阪神芝1600m)を

中心とした記事を書いていきたいと思います。

GIの舞台は阪神に移り、

阪神ジュベナイルフィリーズが行われる。

来春の桜花賞と同じ舞台で行われる

2歳女王決定戦。

例年、その結びつきが強い東京芝1600メートルの

GIIIアルテミスSを制した

ディープインパクト産駒のシェーングランツは、

半姉ソウルスターリング(父フランケル)が

2016年にこのレースを優勝しており、

08年ブエナビスタ&11年ジョワドヴィーヴル以来の

姉妹制覇がかかる。

今年の、阪神ジュベナイルフィリーズ2018

どの馬が制するのか、

ここでは、無料・公開予想│展開・印付き予想と

コース分析(阪神芝1600m)

書いていきます。

 

その前に、阪神ジュベナイルフィリーズ2018について

調教・最終追い切りの記事

書いているので

合わせて読んで予想の参考に

してみてください。

【阪神ジュベナイルフィリーズ2018】予想│出走馬の調教・最終追い切り評価・分析から狙える馬

 

【阪神ジュベナイルフィリーズ2018】予想│出走馬の調教・最終追い切り評価・分析から狙える馬

 

【阪神ジュベナイルフィリーズ2018】コース分析(阪神芝1600m)

スタート地点はバックストレッチの中間からやや左寄り。
長い直線が2本にコーナーが2回。
外回りの京都芝1600mに似た
コース形態となっている。
06年末にオープンした外回りコースに入り、
ゆったりとした3~4コーナーを回る。
最後の直線距離は473.6m。
直線半ばまで下りが続き、
残り200m付近でゴール前の急坂。
約120mの間に1.8mの勾配を一気に駆け上がる。
マイル戦にしてはスローペースになりやすいコースで、
展開の読みが常に重要になってくる。
まずは逃げ馬を警戒。
最後に急坂があってもペースが遅いと
余力が残っているので、そのまま押し切られてしまう。
先行馬と差し馬はほぼ互角。
追い込み馬だけは割引が必要。
広々としたコースなので末脚も重要だが、
一定した速いスピードを持続させるのが
得意な馬にも歓迎なコース形態。

好走枠→中枠(勝率:8.4%)(複勝率:23.7%)

好走脚質→先行(勝率:10.8%)(複勝率:29.9%)

 

【阪神ジュベナイルフィリーズ2018】無料・公開予想│展開・印付き予想

<展開予想>

ペース:ミドル
逃げ021205
好位06070118
中位一団
後方041617

 

<印付き予想>

◎13ダノンファンタジー

初戦の勝ち馬は、
次走、牡馬相手に3馬身半差で
GⅢを制したグランアレグリア。
これと2馬身差なら2着でも上等。
その後の連勝も当然で、
特に前走のファンタジーSは
課題の折り合いを難なくクリアし、
その分、伸びも強烈。
非凡な能力をハッキリと示した。
いい位置を取って運べるのは強み。
マイルも勝っている距離。
攻めも動いている。

 

〇11ビーチサンバ

新馬勝ち直後に臨んだアルテミスSで
シェーングランツの2着。
実戦を経験し、輸送もあってか
テンションが高かったが、
手応え十分に運び、直線半ばで一旦先頭。
素質の高さは十分に示せた。
初戦で経験した阪神に戻り、輸送距離も短縮。
これでイレ込みがマシなら、
前走以上も見込める。引き続き好調。

 

▲07ウインゼノビア

前走のアルテミスステークスは速い流れを
好位で追走し、勝ちに行く競馬をしての4着。
先行勢では最先着と内容は悪くなかった。
主戦の松岡正海騎手が騎乗停止となり、
松若風馬騎手とのコンビで逆襲を狙う。

 

☆05メイショウショウブ

ダートで勝ち上がったが、
前走は芝のGⅡデイリー杯2歳Sで2着。
初戦も2戦目も敗れはしたが、
速い上がりには対応しての小差。
芝では未勝利でも、適性は十分にある。
スタートも、もう心配ないだろう。
1週前追い切りではオープンの古馬に追走先着。
短い間隔で使っての5戦目だが、
デキ落ちはない。

 

人気ブログランキングへ

追って味のあるタイプの馬。
レースセンスもあり、
ここでももしかしたらの
台頭はあるだろう。

 

△04シェーングランツ

16年のこのレースの覇者ソウルスターリングの妹。
テンからグイグイ行くタイプではなく、
終いに賭ける競馬が続いているが、
前走は4角後方2番手から直線一気。
エンジンがかかってからの加速は素晴らしい。
時計もレースレコード。
姉同様、素質は確かだ。
脚質的に直線の長い阪神外回りはピッタリ。
中間も順調で動きも良く、
使っての上積みは大きそう。
姉妹制覇を目指す。

 

△09クロノジェネシス

デビューから2連勝。
注目はその強烈な決め手で、
特に前走はレースの終い3ハロンが
11秒3→11秒0→11秒1という強烈な瞬発力勝負。
ここで、レースの上がりを更に1秒近く
上回る32秒5でまとめて2馬身差。
前で運ばれてこれでは後続はお手上げだ。
折り合いに難がないのが一番の長所。
1ハロン短縮も阪神外回りのマイル戦なら
問題なく対応できそう。
好調も維持できている。

 

△12レッドアネモス

デビュー2連勝でオープン入り。
前走は逃げ切りだったが、
直線に急坂のある中山でラスト2ハロンを
11秒0→11秒5。
先行力があって、決め手も非凡。
控える競馬もできる、レースセンスの高い馬。
今回、相手は揃うが、
容易には崩れそうにないタイプだ。
放牧を挟んだが、攻めは前走時と変わらず動けている。

 

△16グレイシア

前走GIIIアルテミスSではよもやの1番人気11着と完敗。
もともとテンションの高い馬で、
初めて馬込みで揉まれた影響か、
早々に走る気を失してしまったような印象だった。
元値の高さはここに入っても屈指かとは思うが、
現状では行き切るか、徹底的に押さえ込むかの
極端な策を敷くしかないのかも。
初戦とアスター賞の勝ちっぷりからも潜在能力は高い。
展開や乗り方ひとつで反撃は可能。

 

×10

 

穴馬は

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬→人気ブログランキングへ

The following two tabs change content below.
スポンサーリンク