Pocket

今回は、阪神カップ2018の

無料・公開予想、展開・印付き予想と

コース分析(阪神芝1400m)を

中心とした記事を書いていきたいと思います。

暮れの阪神を舞台に、スプリンターとマイラーが争う名物重賞。

前走大敗で人気を落とした馬の巻き返しが多く、

堅く収まることは少ない。

なかでも目立つのは舞台巧者の活躍だ。

都合3回馬券に絡んだサンカルロをはじめ、

キンシャサノキセキ、ガルボ、リアルインパクト、イスラボニータなど、

リピーターホースがズラリ。

ほか、当レース以外の1400m重賞で

連対実績を持つ馬の好走も多い。

直近の成績よりも適性を重視すべきレースである。

今年の、阪神カップ2018を制するのはどの馬なのか、

ここでは、阪神カップ2018

無料・公開予想、展開・印付き予想と

コース分析(阪神芝1400m)

書いていきます。

 

その前に、阪神カップ2018について

調教・最終追い切りの記事

書いているので

合わせて読んで予想の参考に

してみてください。

【阪神カップ2018】予想│出走馬の調教・最終追い切り評価・分析から狙える馬

 

【阪神カップ2018】予想│出走馬の調教・最終追い切り評価・分析から狙える馬

 

【阪神カップ2018】コース分析(阪神芝1400m)

スタート地点は向正面左、2コーナー出口付近のポケット。
内回りコースを使用。
3コーナーまでの距離は芝1200mを
そのまま延長した443m。
最初のコーナーまで十分に距離はあるが、
スタート直後は各馬押して出て行くため、
先行争いは激しくなる。
最後の直線距離は359.1m。
前半3ハロンは芝1200m並の速さで流れる。
中盤の1ハロンも11秒台のラップを刻み、息が入りにくい。
後半3ハロンは35秒台。
ゴール前に急坂が待ち構えていることもあり、
ラスト1ハロンの時計がグッとかかる。
芝1200mに比べて逃げ馬が残る確率は格段に減る。
先行タイプでもいいが、差し・追い込み馬の好走も多い。
枠順は真ん中が若干有利で、あとはほぼフラット。

好走枠→内枠(勝率:8.5%)(複勝率:23.5%)

好走脚質→逃げ(勝率:16.6%)(複勝率:35.8%)

 

 

【阪神カップ2018】無料・公開予想│展開・印付き予想

<展開予想>

ペース:ミドル
逃げ0903
好位12021605
中位一団
後方11081410

 

<印付き予想>

◎15ジュールポレール

前走はマイルCS。
3角で退かされ、4角ではゴチャつき、
それでも立て直して0秒3差まで追い上げた。
スムーズならもっと際どかったはず。
一線級の牡馬と互角の力を備えている。
初めての1400メートルで流れに乗れるかどうかだが、
相手関係はグンと楽に。
阪神も得意だしデキもいい。

 

〇06ムーンクエイク

ここ2走1200メートルに矛先を向けたが、
大トビのこの馬には忙しかったよう。
1400メートルでは今春、京王杯SCでレコード勝ち。
右回りも苦にせず、阪神も2戦②①着と成績がいい。
条件に不足はない。
久々も④④①②①⑤①⑨着と慣れたもの。

 

▲11レッドファルクス

今年、GⅠ3戦の着順がすべて昨年を下回った。
7歳で年齢的なものはありそうだが、
スプリンターズSに関しては、
4角で故障馬のアオリを受けた影響が、
大目に見られそう。
阪神1400メートルでは今年、阪急杯で負けて尚強しの3着。
当時より1キロ軽い斤量で、
攻めの動きも当時と遜色ない。
見限るのはまだ早い。

 

☆14ワントゥワン

前走で重賞3連続2着。
キャリアのほとんどで終い3ハロンが
メンバー最速で、その分、脚質の割に安定感がある。
切れ過ぎるくらいで長くは脚勢が続かないので、
阪神の内回りはむしろプラス。
距離成績もマイルよりいいくらいだ。
久々は④⑥⑤③⑤着だが、
いずれも僅差。割引は不要。

 

人気ブログランキングへ

雨の影響でタフな馬場に。
この馬は阪神の成績も1400mも良く
重馬場でも走れる。
とにかく内で溜めて、
直線で内を突く競馬をすれば
チャンスはある。

 

△01ダイメイフジ

ひと叩きでガラリと変わったダイメイフジにも
チャンスはありそう。

 

△02ミスターメロディ

1400メートルで重賞勝ちがあり、
NHKマイルCでケイアイと小差だった
ミスターメロディもチャンスはある。

 

△09ラインスピリット

前走はGⅠスプリンターズステークスで3着。
前走は脚も余していたし、
ここは距離延長でも問題なし。
人気的にも妙味があり
騎手込みで買っておきたい。

 

△10サトノアレス

1400メートル経験は1戦だけだが、
それが今年の京王杯SCで、
ムーンからアタマ+ハナ差の3着。
安田記念も速い時計で僅差4着と、
卓越したスピードの持ち主。
阪神も2歳GⅠを制した舞台で、
阪神1400メートルは理想的とも思える条件だ。
大型馬の長欠明けは心配な材料だが、
鉄砲は利くし、乗り込み量も入念過ぎるほど。

 

△13ケイアイノーテック

マイルCSからの参戦。
上位は内を通った馬ばかりで、
大外枠の影響は小さくなかっただろうが、
着順から受ける印象ほど負けてはいない。
こちらも能力は確かだ。
母はダートとはいえ1400メートルで7勝。
発馬もすっかり安定し、
距離短縮がプラスに出る可能性は十分にある。

 

×0304070816

 

穴馬は

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬→人気ブログランキングへ

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク