Pocket

今回は、関屋記念2018無料予想と

データ分析・過去10年の傾向と

データから買える馬、予想オッズを

中心とした記事を書いていきたいと思います。

新潟伝統のマイル重賞であり、

サマーマイルシリーズの第2戦目。

夏競馬で力をつけた馬や、

秋のマイル路線に向けて賞金加算を

狙う実績馬が集結。

秋のGIを占う意味でも見逃せない一戦。

ここでは関屋記念2018

過去10年のデータ分析・傾向と

データから買える馬

探っていきたいと思います。

 

まずは、予想オッズから見ていきたいと思います。

【関屋記念2018】予想オッズ

1番人気プリモシーン           4.6
2番人気リライアブルエース  5.0
3番人気フロンティア           5.5
4番人気エイシンティンクル  5.9
5番人気ワントゥワン           8.0
6番人気ウインガニオン        8.4
7番人気ショウナンアンセム 10.7
8番人気ロードクエスト       15.3
9番人気スターオブペルシャ 15.5

一桁人気の馬のオッズはこんな感じになっております。

 

【関屋記念2018】データ分析・過去10年の傾向データから買える馬

【人気別】

1番人気   【2.3.1.4】
2番人気   【2.2.0.6】
3番人気   【1.0.2.7】
4番人気   【3.1.0.6】
5番人気   【0.2.1.7】
6番人気   【1.1.1.7】
7番人気   【1.1.0.8】
8番人気   【0.0.2.8】
9番人気   【0.0.1.9】
10番人気 【0.0.1.9】
11番人気 【0.0.0.10】
12番人気 【0.0.0.10】
13番人気 【0.0.1.6】

2008年以降、1番人気は【2.3.1.4】と、

連対率50%、複勝率60%と信頼できるが、

ここ3年は3着が1回だけと

勢いがないのは気になる。

2人気も同様で、まずまずの成績も

近走好調なわけではない。

3人気は連対が1度しかなく、

やや信頼度に欠ける。

とはいえ、人気サイドが

弱いというわけではなく、

連対馬20頭のうち

16頭が5番人気以内となっている。

また、前走の人気に着目すると

連対馬20頭中17頭は

前走1~5番人気に支持されていた。

よって、前走から引き続き高い評価を

受けている馬をフォーカスするのが、

好結果に結び付きやすいと言えそうだ。

更に注目は4人気。

勝ち星はこちらが上で、

昨年も2着に食い込んでいる。

近走好調という意味では、

7人気も侮れない。

2年連続で連対しており、

今年も要注目。

2ケタ人気は過去10年で

2回しか馬券に絡んでおらず、

いずれも3着。

2011年以降は全滅している。

 

【枠順別】

1枠 【1.0.1.15】
2枠 【1.1.1.14】
3枠 【0.0.0.17】
4枠 【0.2.1.14】
5枠 【0.1.4.15】
6枠 【0.2.0.18】
7枠 【4.0.2.19】
8枠 【4.4.1.16】

外枠が強い重賞といえば、

開幕週のアイビスSDがとにかく有名だが、

この関屋記念も枠番別で見ると

7枠と8枠がそれぞれ4勝ずつ。

8枠は2着も4回と外が強いレースとなっている。

2004年以降、どちらかの枠が

欠かさず連対を確保している。

特に7枠は単複ともに回収率が

100%オーバーという優秀な内容。

買い材料のある馬が外枠を

引き当てた場合は、

人気の有無にかかわらず

積極的に狙っていきたい。

 

【脚質別】

逃げ馬 【3.0.1.5】
先行馬 【3.4.3.26】
差し馬 【2.1.4.58】
追込馬 【2.5.2.38】

<上がり3F>

1位   【2.3.1.5】
2位   【0.2.3.6】
3位   【0.2.0.8】
~5位【3.0.3.19】
6位~【5.3.3.89】

<4角位置別>

4角1番手    【3.0.1.6】
2番手以内   【5.1.2.14】
3番手以内   【6.4.3.22】
4番手以内   【6.4.4.32】
5番手以内   【7.4.4.42】
7番手以内   【8.5.5.57】
10番手以内 【9.6.7.83】

2番手以下   【7.10.9.122】
3番手以下   【5.9.8.114】
4番手以下   【4.6.7.106】
5番手以下   【4.6.6.96】
7番手以下   【2.6.5.75】
10番手以下 【1.5.3.52】
13番手以下 【1.3.2.26】
16番手以下 【0.0.0.13】

脚質面は、先行勢優勢。

近年はこうした傾向が特に顕著で、

2010年以降の勝ち馬はすべて、

4コーナーを6番手以内で回っている。

昨年はマルターズアポジーが逃げ切って、

過去10年、4角先頭で

そのまま押し切った馬は3頭。

この3頭は全て重賞タイトルを既に持っていた。

直線の長い新潟芝の外回りであっても、

ある程度は前のポジションが有利ということ。

長い直線のイメージとは

裏腹に後方に構えた馬の差し切りは意外と少なく、

むしろ人気サイドの差し馬が

取りこぼしたパターンが多い。

後方からでも届くコース形態ではあるのだが、

軸足を置くべきは好位から

速い上がりに対応できる馬だ。

 

【斤量別】

56.0㎏【5.7.7.88】
57.0㎏【4.1.0.14】
54.0㎏【1.1.1.15】
58.0㎏【0.1.0.3】
51.0㎏【0.0.1.1】

 

【年齢別】

3歳【0.0.2.6】
4歳【3.4.1.12】
5歳【5.5.4.48】
6歳【1.1.1.37】
7歳【1.0.2.18】
8歳【0.0.0.7】

過去10年、5歳馬が5勝、4歳馬が3勝、6歳馬と7歳馬が

それぞれ1勝ずつを挙げている。

上位に来た回数では5歳馬が優勢なのだが、

出走回数が4歳馬の3倍強で、

アベレージで見ると4歳馬は非常に優秀。

まずはこの2世代が中心と考えていいだろう。

6歳以上はアベレージがガクンと下がり、

8歳以上は出走機会が多くないとはいえ、馬券絡みがない。

 

【前走別】

<レース別>

中京記念組       【2.3.2.33】
安田記念組       【2.1.0.6】
ダービー卿T組 【1.0.1.0】
飛鳥S組          【1.0.0.0】
福島記念組       【1.0.0.0】

<距離別>

1600m組 【6.6.5.80】
2000m組 【2.1.1.7】
1800m組 【1.3.1.23】
1400m組 【1.0.2.7】
1200m組 【0.0.1.6】

◆同距離【6.6.5.80】
◆延長   【1.0.3.15】
◆短縮   【3.4.2.33】

<間隔別>

中10週以上組 【3.1.5.31】
中2週組         【2.3.2.39】
中8週組         【2.1.0.8】
中9週組         【1.2.1.6】
中6週組         【1.1.0.4】

ローテ別では前走中京記念組が中心。

なかでも、前走5番人気以内に

支持されていた馬が強い。

同シリーズが確立された2012年以降の6年で、

2014年を除けば最低1頭は馬券に絡んでいる。

気をつけたいのはそこで4着以内に好走した馬は

【0.0.0.13】と全滅していること。

馬券になるのは5着以下に負けた馬。

中京記念以外で

複数の勝ち馬を出しているのは

春のマイル王決定戦の安田記念。

アベレージでは安田記念から

ひと息入れてここへ臨む馬が

好成績を挙げている。

もう1つ、勝ち馬こそ出ていないが

過去10年で11頭が参戦し3頭が2着と

なっているエプソムCも注目ローテといえる。

一方で、中京記念に次いで

出走頭数の多い米子Sは

14頭で1頭も馬券絡みがない。

 

<前走着順別>

前走1着     【3.2.1.15】
前走2着     【0.3.1.7】
前走3着     【0.0.1.9】
前走4着     【0.2.1.7】
前走5着     【0.1.1.9】
前走6~9着【5.0.4.34】
前走10着~【2.2.1.47】

前走着順は面白い傾向が出ていて、

前走1着馬が過去10年で3勝。

前走2~5着馬は1頭も勝っておらず、

掲示板圏外の馬が7勝している。

ただし、それらの多くは前走で上位人気、

もしくはG1を走っており、

この関屋記念本番でも

それなりの人気になっている馬が多い。

前走の格と人気には注意。

 

 

【関屋記念2018】データ分析・過去10年の傾向データから買える馬まとめ

今回は、関屋記念2018

データ分析・過去10年の傾向データから

買える馬を探ってきました。

過去10年の傾向データから買える馬を

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬→人気ブログランキングへ

前走はよく追い上げた。

新潟では2歳時の夏にも

勝っていて新潟は合う。

前走よりも状態も

上がっている。

ローテーション的にも

【2.3.2.33】と良い。

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク