Pocket

今回は、菊花賞2018の予想と展開・印付き予想・

有力馬分析・参考レース動画と

コース分析(京都芝3000m)を

中心とした記事を書いていきたいと思います。

牡馬クラシックの「三冠」最終戦。

昔から『強い馬が勝つ』といわれているが、

必ずしも実績どおりの馬が勝つわけではなく、

夏に力をつけた馬が開花して

大番狂わせを起こすこともある。

それは全馬未経験の3000mという

長距離戦ということもあり、

舞台設定も無関係ではないだろう。

今年の菊花賞2018を制するのはどの馬なのか、

最後の一冠はどの馬が手にするのか、

菊花賞の予想をしていきたいと思います。

 

その前に、菊花賞2018について

調教・最終追い切り過去のデータの記事も

書いているので

合わせて読んで予想の参考に

してみてください。

【菊花賞2018】予想│過去の傾向とデータ分析(10年)から狙える穴馬

【菊花賞2018】予想│過去の傾向とデータ分析(10年)から狙える穴馬と予想オッズ

 

【菊花賞2018】予想│出走馬の調教・最終追い切り評価・分析から狙える馬

【菊花賞2018】予想│出走馬の調教・最終追い切り評価・分析から狙える馬

 

それでは、まずは枠順とオッズから見ていきます。

【菊花賞2018】枠順

1枠1番アイトーン
1枠2番グレイル
2枠3番ブラストワンピース
2枠4番ジェネラーレウーノ
3枠5番エポカドーロ
3枠6番メイショウテッコン
4枠7番ユーキャンスマイル
4枠8番カフジバンガード
5枠9番エタリオウ
5枠10番アフリカンゴールド
6枠11番コズミックフォース
6枠12番フィエールマン
7枠13番タイムフライヤー
7枠14番グロンディオーズ
7枠15番オウケンムーン
8枠16番ステイフーリッシュ
8枠17番シャルドネゴールド
8枠18番グローリーヴェイズ

 

【菊花賞2018】オッズ

1番人気ブラストワンピース    3.6
2番人気エタリオウ                4.2
3番人気エポカドーロ             5.0
4番人気ジェネラーレウーノ   10.7
5番人気グロンディオーズ      14.1
6番人気フィエールマン         14.3
7番人気メイショウテッコン   15.0
8番人気グレイル                  17.0
9番人気アフリカンゴールド   22.1

 

【菊花賞2018】コース分析(京都芝3000m)

スタート地点は向正面33コーナー手前の上り坂。

3コーナーまではわずか200m(Aコース時)と短い。

3コーナーにかけては上りで、

4コーナーへかけては下り坂。

4コーナーを回った最初のホームストレッチでは

いかに折り合いをつけられるかがポイント。

特に菊花賞ではスタンドの大歓声もあり、

ここで取り乱すことなく冷静に走りたい。

そして1コーナー、2コーナーと回り、

バックストレッチへ。

そして2回目の3コーナーへ向かうところで、

高低差4.3mの坂を再び上り、

4コーナーにかけて下る。

最後の直線は平坦で、Aコース時が404m。

菊花賞はAコースで行われている。

当コースは菊花賞と万葉Sのみで施行されている。

3000mという長丁場だが、

スタート直後の直線が短いため、

出だしがレース展開の大きなカギを握る。

前半は特にポジション取りが重要となり、

基本的には好位で内々を回った方が有利。

ペースがグッと落ちるのは中盤に入ってからで、

1コーナー手前から向正面へ向くまで。

ペースが徐々に上がっていくのは

長いバックストレッチに入ってから。

そこで再び坂を上り、レースが動き出すのは

ラスト800m付近の坂の下り。

ここではゆっくり駆け下りるのが鉄則だったが、

近年はここからロングスパートをかける馬も多数いる。

固まった馬群の外を回されて4コーナーを迎えると、

外に振られてしまい苦しくなる。

枠順は最初のコーナーまでが短い影響で内枠有利。

好走枠→内枠(勝率:10.0%)(複勝率:23.3%)

好走脚質→先行(勝率:10.7%)(複勝率:39.3%)

 

【菊花賞2018】有力馬分析

<アフリカンゴールド>

距離を延ばして

安定感が出たのはアフリカンゴールド。

クラスが上がる毎に勝ちっぷりも良くなり、

特に前走は上がり勝負ながら、

最後の1ハロンだけを追われて2着に4馬身。

地力強化が著しい。

スタミナ豊富で折り合いの心配もなく、

長丁場はピッタリ。

京都外回りで勝ってもいる。

レース間隔は詰まるが、

調整も順調そのもの。

 

<エタリオウ>

先行馬同士の決着だったダービーで、

後方から唯一割って入ったのはエタリオウ。

ダービー馬ワグネリアンを半馬身差まで

追い詰めた神戸新聞杯の内容からも、

世代トップクラスの一頭だ。

少しズブいが、エンジンがかかれば伸びは強烈。

折り合いもつくので、

いかにも広いコースの長丁場向き。

淀の3000メートルは絶好の舞台だろう。

調整も順調。中間の気配もいい。

 

<エポカドーロ>

皐月賞を制し、ダービーでは

自分でレースを作り2着。

実績も実力も上位。

神戸新聞杯は発馬で躓いて

後方からになったが、

それでも4着までは追い上げた。

本来の先行策が取れていれば、

結果はまた違っていただろう。

母は短距離馬だが、自身は掛かる気性ではない。

距離はこなしそう。平坦な直線も脚質の味方。

着実に良化を辿ってもきた。

 

<グレイル>

春でも成長途上で、

能力に体がついてきていなかった感じ。

それでも皐月賞では3着と時計差なし。

潜在能力はかなり高い。

中山の短い直線だけで後方2番手から

3着まで追い上げた前走を見ると、

右回りもいいようだ。

中間、馬っぷりの良さが一段と目立ち、

使っての上積みは大きそう。

道中でタメが利き、走りがゆったりした馬。

この距離でも。

 

<グロンディオーズ>

前走は初めての古馬相手ながら、

2番手から終い3ハロンを33秒1で上がって3馬身差。

抜群の決め手を備えている。

敗れた2走目は距離不足。

トビが大きくスタミナもあり、

距離延長は望むところだ。

今回もゆったりと間隔を取って調整され、

相変わらず動きは素晴らしい。

あとは関西への輸送をこなせば。

 

<ジェネラーレウーノ>

皐月賞で後続を大きく離した先行策から粘り込んで3着。

セントライト記念も早目スパートで押し切った。

いい脚を長く持続できるのが長所。

ダービーの大敗は気難しさも出たようだが、

決め手比べも良くはなかっただろう。

スタミナもあり、淀3000メートルは

持ち味を生かせる舞台。

意欲的に攻め、上積みも大きそう。

 

<フィエールマン>

前走は7月のラジオNIKKEI賞。

後方から終始外を回らされ、

4角では最後方。

直線だけで勝ち馬を半馬身差まで追い詰めた。

負けて尚強しの2着だ。

末脚は確かで、直線の長い京都外回りはプラス材料。

久々も苦にしないし、仕上がりもいい。

ただ行きたがらないとはいえ、

距離経験は1800メートルだけ。

3000メートルは課題。

 

<ブラストワンピース>

ダービーでは、直線入り口で進路がなく、

外へ切り替えるロスが響いての約1馬身差。

古馬相手にノーステッキで直線一気を決めた

新潟記念からも能力の高さを疑う余地はなく、

ダービーもスムーズならひょっとしたのでは。

ゆったりした気性で行きたがらず、

3000メートルはこなしそう。

3走前には右回りでも結果を出した。

攻めの動きも素晴らしい。

最後の一冠獲りへ、態勢は整った。

 

<メイショウテッコン>

神戸新聞杯で逃げ切るかの場面を作っての3着。

トビが大きく、いい脚を長くキープでき、

先行できれば実に渋太い。

スタミナもあり、

ゆったり運べる3000メートルは合いそう。

ひと叩きしての上積みも見込める。

うまく自分の形に持ち込めれば。

 

【菊花賞2018】参考レース動画

 

【菊花賞2018】展開・印付き予想

<展開予想>

ペース:ミドル
逃げ010604
好位05081014
中位一団
後方150209

<印付き予想>

人気ブログランキングへ
〇05エポカドーロ
▲09エタリオウ
☆04ジェネラーレウーノ
穴02グレイル
注10アフリカンゴールド
△0308
×111415161718

◎の軸馬は

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬→人気ブログランキングへ

一度叩いた上積みは見込める。

スタミナ豊富で

京都の長丁場でも良い。

上手く立ち回れば馬券内に

来れるだけの力はある。

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク