Pocket

今回は、菊花賞2018の予想と

過去の傾向とデータ分析(10年)から

狙える穴馬と予想オッズを

中心とした記事を書いていきたいと思います。

牡馬クラシックの「三冠」最終戦。

昔から『強い馬が勝つ』といわれているが、

必ずしも実績どおりの馬が勝つわけではなく、

夏に力をつけた馬が開花して

大番狂わせを起こすこともある。

それは全馬未経験の3000mという

長距離戦ということもあり、

舞台設定も無関係ではないだろう。

今年の菊花賞2018を制するのはどの馬なのか、

最後の一冠はどの馬が手にするのか、

ここでは、過去の傾向とデータ分析(10年)から

狙える穴馬を探っていきたいと思います。

 

まずは、予想オッズから見ていきます。

【菊花賞2018】予想オッズ

1番人気エタリオウ               3.2
2番人気エポカドーロ            4.0
3番人気ブラストワンピース   4.0
4番人気ジェネラーレウーノ   7.2
5番人気メイショウテッコン  10.1
6番人気グレイル                 15.3
7番人気フィエールマン        22.2
8番人気アフリカンゴールド  22.4
9番人気グロンディオーズ     24.7

一桁人気の馬のオッズはこんな感じになっております。

 

【菊花賞2018】予想│過去の傾向とデータ分析(10年)から狙える穴馬

【人気別】

1番人気   【6.1.1.2】
2番人気   【0.2.0.8】
3番人気   【1.0.2.7】
4番人気   【0.1.0.9】
5番人気   【1.2.0.7】
6番人気   【0.0.2.8】
7番人気   【1.1.2.6】
8番人気   【1.0.0.9】
9番人気   【0.1.1.8】
10番人気 【0.1.0.9】
11番人気 【0.0.0.10】
12番人気 【0.0.0.10】
13番人気 【0.0.2.8】
14番人気 【0.0.0.10】
15番人気 【0.1.0.9】
16番人気 【0.0.0.10】

1番人気の勝ち馬は6頭で、

1人気は勝率60%、連対率70%、複勝率80%と

かなり信頼できる数字。

いずれも主要ステップである神戸新聞杯の最先着馬。

しかも、うち4頭は神戸新聞杯を1番人気で制している。

従って、神戸新聞杯で上位争いをしていない馬が

1番人気の場合は、

最初から疑ってかかったほうがいいだろう。

その際、頼りになるのが6~9番人気の中穴ゾーン。

単勝回収率、複勝回収率ともに

100%を超えており、侮れない存在だ

2ケタ人気はというと、

過去10年で4頭馬券に絡んでいるものの、

そのうちの2頭は不良馬場時のもので、

他馬が本来の力を

発揮できなかった可能性がある。

可能性がゼロではないが、

積極的に2ケタ人気の馬を入れる必要はない。

 

【枠順別】

1枠 【3.1.1.15】
2枠 【3.3.0.14】
3枠 【1.0.1.18】
4枠 【0.0.0.20】
5枠 【0.1.2.17】
6枠 【0.2.2.16】
7枠 【3.2.3.22】
8枠 【0.1.1.28】

勝ち馬に関していえば距離損がなく、

ポジションを確保しやすい

内枠からよく出ている。

2007年以降、毎年のように

1枠もしくは2枠が馬券に絡み、

絡まない年は3枠馬が優勝するなど、

内枠優勢であることは間違いない。

ただし、過度な内枠依存は危険。

「内枠絶対有利」と決めつけるのは早計。

スタートしてすぐにコーナーがあり、

上って下がる特殊なコーナーのため、

ポジション取りを失敗すると、

リカバリーが難しい。

外枠では7枠の成績がいい。

6枠や8枠にもいえることだが、

外枠の先行馬が意外に好走しており、

差し馬は苦戦している。

おそらく先行馬は外枠に入ったことで

積極的にポジションを取りにいくしかなく、

それが成功することがあるのだろう。

対して外枠の差し馬は、

中団からの競馬だから枠は関係ないと高をくくって、

結果的に外々を回ることになり、

凡走しているようだ。

先行馬は内外関係なく、

差し馬は内枠が狙い目。

 

【脚質別】

逃げ馬 【0.0.1.14】
先行馬 【7.4.4.24】
差し馬 【3.4.5.66】
追込馬 【0.2.0.46】

<上がり3F>

1位   【4.3.0.3】
2位   【4.4.1.2】
3位   【1.1.2.8】
~5位【0.2.4.15】
6位~【1.0.3.122】

<4角位置別>

4角1番手    【0.0.1.9】
2番手以内   【5.1.2.19】
3番手以内   【6.1.5.28】
4番手以内   【7.4.5.33】
5番手以内   【8.4.6.38】
7番手以内   【9.6.9.58】
10番手以内 【10.7.10.79】

2番手以下   【10.10.9.141】
3番手以下   【5.9.8.131】
4番手以下   【4.9.5.122】
5番手以下   【3.6.5.117】
7番手以下   【2.6.2.105】
10番手以下 【0.4.1.78】
13番手以下 【0.2.0.51】
16番手以下 【0.1.0.23】

脚質については、先行有利の傾向がハッキリ出ている。

2007年以降、4コーナー10番手以下から勝利した馬は皆無。

勝ち馬のなかで最も後ろの位置取りだった

2015年の優勝馬キタサンブラックにしても、

4コーナー8番手。

4角先頭で押し切った馬は

過去10年で1頭もいないのだが、

勝ち馬8頭が4角2~5番手の

好位から押し切っている。

連対率、複勝率も高く、

4コーナーで好位に付けられる

機動力が重要になってくる。

コーナーロスなく最短距離を通り、

直線では内をすくう形の勝利だった。

ゆえに、イメージよりも

差し・追い込みが利かないことは、

しっかり意識しておくべき。

好位もしくは中団より前で立ち回り、

かつ速い上がりにも対応できる

馬が強みを発揮するレース。

 

【前走レース・距離・間隔・着順別】

<レース別>

神戸新聞杯組    【8.6.5.51】
セントライト組 【1.3.1.45】
野分特別組       【1.0.0.3】
札幌記念組       【0.1.0.1】
兵庫特別組       【0.0.2.6】

<距離別>

2400m組 【8.6.7.61】
2200m組 【1.3.2.46】
1800m組 【1.0.0.12】
2000m組 【0.1.0.20】
2600m組 【0.0.1.4】

<間隔別>

中3週組 【9.6.5.59】
中4週組 【1.3.1.48】
中8週組 【0.1.2.4】
中2週組 【0.0.2.13】
中7週組 【0.0.0.2】

過去10年、実に8頭が神戸新聞杯を

ステップにしての勝利。

この組から最低1頭は馬券に絡むと考えていい。

菊花賞といえば、古くからいわれるのが「上がり馬」の存在。

ここ10年では野分特別から連勝した

09年スリーロールス、10年3着ビートブラック、

13年3着バンデが出ている兵庫特別、

14年3着ゴールドアクターが出ている支笏湖特別、

昨年は阿賀野川特別をステップにした

ポポカテペトルが2着に入るなど、

古馬に揉まれてきた馬も度々馬券に絡んでいる。

 

<前走着順>

前走1着     【6.1.5.43】
前走2着     【1.4.1.17】
前走3着     【3.3.1.13】
前走4着     【0.0.1.13】
前走5着     【0.0.1.11】
前走6~9着【0.1.1.33】
前走10着~【0.1.0.20】

前走から連勝を果たした馬は過去10年で6頭。

勝ち馬はいずれも前走3着以内で、

連対馬も8頭が前走3着以内、

3着馬も7頭が前走3着以内と、

直近の勢いは非常に重要。

前走6着以下から巻き返して来たのは

08年2着のフローテーション、

同年3着ナムラクレセント、

そして昨年2着クリンチャーのわずか3頭。

フローテーション、クリンチャーはオープン勝ち、

ナムラクレセントは重賞で勝ち馬から

0.4秒差の接戦を経験していた。

前走で大敗を喫した馬から過度な穴狙いは禁物。

 

 

【菊花賞2018】予想│過去の傾向とデータ分析(10年)から狙える穴馬まとめ

今回は、菊花賞2018の予想、

過去の傾向とデータ分析(10年)から

狙える穴馬を探ってきました。

その中で、好走しそうな穴馬

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬→人気ブログランキングへ

前走は古馬相手に完勝。

勝ち時計は過去5年で最速。

ここ2戦で内容のある

競馬をしていて、

確実に成長している。

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク