Pocket

今回は、菊花賞2018の予想と

出走馬の調教・一週前追い切り評価・分析から

狙える馬<前編>を中心とした記事

書いていきたいと思います。

牡馬クラシックの「三冠」最終戦

昔から『強い馬が勝つ』といわれているが、

必ずしも実績どおりの馬が勝つわけではなく、

夏に力をつけた馬が開花して

大番狂わせを起こすこともある。

それは全馬未経験の3000mという

長距離戦ということもあり、

舞台設定も無関係ではないだろう。

今年の菊花賞2018を制するのはどの馬なのか、

最後の一冠はどの馬が手にするのか、

ここでは、出走馬の調教・一週前追い切り

評価・分析から狙える馬<前編>

探っていきたいと思います。

 

【菊花賞2018】出走馬の調教・一週前追い切り評価・分析から狙える馬<前編>

<エタリオウ>

(前回) 9/19 栗坂 良 一杯に追う
→1回 53.5 39.0 25.2 12.4

10/8 栗坂 稍 一杯に追う
→1回 54.9 40.1 26.1 13.4
ジュンスパーヒカル(古1600万)馬なりを0.5秒追走アタマ遅れ

10/11 栗CW 良 一杯に追う
→80.8 65.9 51.5 38.3 12.4 [7]
ブラヴァス(二未勝)直強目の外1.4秒追走同入

10/14 栗坂 良 叩き一杯
→1回 55.0 39.7 25.5 12.6
ユーキャンスマイル(古1600万)一杯に0.5秒先行0.2秒先着

【一週前追い切り評価】

(11日、栗東CW)

フルブリンカー。

大きく追走したし、少しノメッており、

3角では手が動いていたが、

何とか同入に持ち込む。

稽古では右にモタれる面はなくなったし、

筋肉が浮いてピカピカの肌艶。

高いレベルで安定。

 

<ブラストワンピース>

(前回) 8/29 美南W 良 馬なり余力
→53.8 38.4 12.8 [4]

10/7 美坂 良 馬なり余力
→1回 56.7 41.4 26.8 12.8

10/11 美南W 稍 一杯に追う
→81.5 66.9 51.3 36.8 12.4 [4]
サーワシントン(古500万)一杯の内0.6秒追走1.0秒先着

10/14 美坂 重 馬なり余力
→1回 57.0 42.3 27.4 12.9

【一週前追い切り評価】

(11日、美浦南W)

比較的内目を回ったにしても、

この時計が出れば文句なし。

意欲的に追い切りを消化されて、

行きっぷりもうんと良くなった。

全身を余すところなく使って、

ド迫力のフットワーク。

態勢は整ったか。

 

<メイショウテッコン>

(前回) 9/20 栗CW 稍 馬なり余力
→52.7 39.0 12.3 [7]

10/7 栗坂 重 強目に追う
→1回 53.2 38.5 24.8 12.3

10/11 栗CW 良 G前仕掛け
→81.9 66.4 51.5 38.2 12.0 [7]
モンファロン(古500万)末一杯の内0.6秒追走0.2秒先着

【一週前追い切り評価】

(11日、栗東CW)

前走同様頬当てを着けているが、

ややテンションは高い。

大トビでダイナミックだし、

馬体も更に締まってきたが、

体や気性は中距離馬かも。

 

<フィエールマン>

(前回) 6/27 美南W 良 馬なり余力
→68.3 53.3 38.8 12.3 [8]

10/8 美坂 良 馬なり余力
→1回 56.7 42.1 28.0 13.8

10/11 美南W 稍 馬なり余力
→68.2 53.2 38.9 12.4 [6]
ムスコローソ(古1000万)馬なりの内0.5秒追走0.1秒先着

10/14 美坂 重 馬なり余力
→1回 55.9 41.4 26.8 13.2

【一週前追い切り評価】

(11日、美浦南W)

格下相手にしても、

軽く促しただけで並びかけて

一気に抜き去ってきた。

首を低く下げて、鋭さも抜群。

久々の印象はまったくなく、

ほぼ万全と言える仕上がる。

 

<アフリカンゴールド>

(前回) 9/26 栗CW 良 一杯に追う
→86.6 69.8 54.2 39.7 12.1 [9]

10/12 栗CW 良 馬なり余力
→83.4 67.4 52.7 38.9 12.2 [9]

【一週前追い切り評価】

(12日、栗東CW)

この馬としては折り合いが

スムーズだったし、

ずっと外を回っていたが、

安定したフォームで

スタミナも見せつけた。

更に充実している感じ。

 

<ステイフーリッシュ>

(前回) 9/19 栗坂 良 末強目追う
→1回 53.8 39.0 24.9 12.5

10/8 栗坂 稍 馬なり余力
→1回 58.4 41.3 27.0 13.7

10/11 栗CW 良 馬なり余力
→82.7 66.9 52.6 39.3 13.2 [7]
バーンフライ(古1000万)一杯の内0.9秒追走クビ先着

10/14 栗坂 良 馬なり余力
→1回 58.8 41.3 26.6 13.3

【一週前追い切り評価】

(11日、栗東CW)

珍しくCWで追われる。

今回は舌を越すことがなかったし、

落ち着きも感じるが、

馬体と動きに迫力を感じなかった。

この点どうか?

 

<オウケンムーン>

(前回) 9/12 美南W 良 馬なり余力
→88.5 72.5 56.6 41.5 13.6 [7]

10/7 栗CW 重 馬なり余力
→73.9 57.8 43.4 14.3 [5]

10/11 栗CW 良 一杯に追う
→85.4 67.9 52.4 38.2 12.4 [7]
コズミックフォース(古オープン)馬なりの外0.3秒先行0.1秒遅れ

【一週前追い切り評価】

(11日、栗東CW)

栗東入厩。

牡馬にしては馬体が少し

華奢な感じだし、動きが平凡。

気配は案外。

 

<タイムフライヤー>

(前回) 9/19 栗坂 良 一杯に追う
→2回 51.6 36.7 23.7 12.1

10/4 栗坂 良 馬なり余力
→2回 53.9 38.6 25.2 12.8

10/8 栗坂 稍 馬なり余力
→2回 56.6 40.2 26.2 12.8

10/11 栗CW 良 一杯に追う
→81.6 66.9 52.0 38.3 12.2 [7]
レッドサバス(古1600万)一杯の内1.4秒追走0.9秒先着

【一週前追い切り評価】

(11日、栗東CW)

順調な乗り込み。

併走相手を一気に突き放すが、

相手は攻め駆けしない馬。

馬体の成長や迫力はそう感じない。

 

<カフジバンガード>

(前回) 9/12 栗坂 稍 末強目追う
→1回 54.2 39.0 25.4 12.6

10/4 栗CW 良 馬なり楽走
→75.7 59.9 45.2 14.7 [6]

10/8 栗坂 稍 馬なり余力
→1回 59.6 43.7 28.9 14.0

10/11 栗CW 良 一杯に追う
→81.5 64.7 50.4 37.4 12.0 [6]
イズジョークラウン(二未勝)一杯の内2.2秒追走0.9秒先着

【一週前追い切り評価】

(11日、栗東CW)

ハミを掛けてしっかり追う。

相手は2歳未勝利馬だったが、

一気に突き放して元気一杯。

スカッとした馬体で長距離も向きそう。

 

 

【菊花賞2018】出走馬の調教・一週前追い切り評価・分析から狙える馬<前編>まとめ

今回は、菊花賞2018

出走馬の調教・一週前追い切り

評価・分析から狙える馬<前編>を探ってきました。

その中で、調教・一週前追い切りが

良かった馬

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬→人気ブログランキングへ

中団後方よりジワジワと

押し上げてくる脚力は

いかにも長距離向きと言ったところで、

ひと夏越え、気性も今では

大分穏やかになった印象。

京都外回り3000での力比べなら、

突き抜けれる可能性はある。

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク