Pocket

今回は、秋華賞2018の予想と展開・印付き予想・

有力馬分析・コース分析(芝2000m)を

中心とした記事を書いていきたいと思います。

12月28日のホープフルSまで12週間にわたる

GIシリーズがスタートする。

その最初は3歳牝馬3冠最終戦の秋華賞。

過去10年で1番人気は3勝にとどまり、

人気馬で盤石とはいえない傾向だが、

史上5頭目の3冠制覇を目指すアーモンドアイが

満を持して登場する。

今年の秋華賞2018

アーモンドアイの3冠達成となるのか、

また最後の一冠を他の馬が手にするのか、

ここでは、秋華賞2018予想と

展開・印付き予想と

有力馬分析・コース分析(芝00m)

書いていきます。

 

その前に、秋華賞2018について

調教・最終追い切り評価・分析

過去の傾向・データ分析の記事

書いているので

合わせて読んで予想の参考に

してみてください。

【秋華賞2018】予想│出走馬の調教・最終追い切り評価・分析から狙える馬

【秋華賞2018】予想│過去の傾向とデータ分析(10年)から狙える馬

それでは、まずは枠順とオッズから見ていきます。

【秋華賞2018】枠順

1枠1番ラテュロス
1枠2番カンタービレ
2枠3番スカーレットカラー(出走取消)
2枠4番ランドネ
3枠5番サラキア
3枠6番パイオニアバイオ
4枠7番ラッキーライラック
4枠8番トーセンブレス
5枠9番サトノガーネット
5枠10番オールフォーラブ
6枠11番アーモンドアイ
6枠12番オスカールビー
7枠13番ミッキーチャーム
7枠14番ゴージャスランチ
7枠15番ハーレムライン
8枠16番プリモソーン
8枠17番サヤカチャン
8枠18番ダンサール

 

【秋華賞2018】オッズ

1番人気アーモンドアイ      1.3
2番人気ラッキーライラック 9.0
3番人気カンタービレ         12.7
4番人気ミッキーチャーム   14.6
5番人気サラキア               16.8
6番人気ダンサール            21.4
7番人気プリモシーン         23.4
8番人気ランドネ               59.6
9番人気パイオニアバイオ   72.9

 

【秋華賞2018】コース分析(京都芝2000m)

スタート地点は、メインスタンドの目の前。

スタートして間もなくゴール板を過ぎ、

1コーナーにさしかかる。

1コーナーまでの距離は約300m(Aコース時)。

1~2コーナーは平坦。

バックストレッチの距離は約400m。

ここで高低差3.1mの坂を上り、

3~4コーナーにかけて下る。

最後の直線は平坦で、Aコース時が328m、

最後の直線距離は中央場所の中で

中山に次いで短い。

重賞は秋華賞が行われる舞台。

同レースの水準ラップでは

前後半の3ハロンがほぼイーブン。

全体的によどみがない流れになりやすいが、

これは同レース特有の流れ。

下級条件ではスローペースになることが多い。

中盤の4ハロンもゆったりと流れ、

上がりの3ハロンが速くなる。ただし、

最後の直線は長くないので、

悠然と構えてはいられない。

4コーナーより手前から仕掛けることになる。

小回りの競馬場にも対応できる

器用さが求められる。

Aコース・Bコース時の方が

差し、あるいはまくりが決まっている。

枠順は1コーナーが近いため内枠が有利。

特にフルゲートだと外枠は

ロスが大きくなってしまう。

ただし、内枠でもスタートが決まらないと、

馬群に包まれ、動けなくなるので注意したい。

 

 

【秋華賞2018】有力馬分析

<アーモンドアイ>

史上5頭目の3歳牝馬三冠の

偉業達成に挑む。

桜花賞はノーステッキで

上がり3ハロン33秒2。

距離が4ハロン延び、

前の位置を取って運んだオークスでも

まったく同じ上がりでまとめた。

強いの一語に尽きる。

脚質に幅が出た今なら、

京都内回りコースは問題になるまい。

オークス以来5カ月ぶりの実戦だが、

桜花賞も久々で制したほどで鉄砲は利くし、

仕上がってもいる。

力を出せれば、自ずと結果はついてこよう。

 

<カンタービレ>

ローズSで重賞2勝目。

スローな流れだったとはいえ、

上がり3ハロンを初めて33秒台で

まとめたあたりに、

ひと夏越しての成長が窺える。

京都内回りに替われば、

身上の立ち回りのうまさが更に生きそうだ。

緒戦でキッチリ仕上がっていたが、

中間の動きは前走時よりもいいくらい。

まだ上積みがある。

今なら、春につけられたほどの差はないだろう。

 

<サラキア>

春はトライアル④④着で

GⅠ出走が叶わなかったが、

今秋はローズSで優先出走権を確保。

先行・内有利の展開のなか、

中団から外を回っての0秒2差は地力強化の表れで、

春より約20キロ増えた馬体もその証だ。

発馬が遅く前に行けないので

京都内回りは課題だが、

末脚は序盤のロスを補って余りある。

前々走がレコードで、時計勝負も望むところ。

攻め気配も引き続き素晴らしい。

 

<ダンサール>

敗れた2走は、

骨折明けの2着と不利が重なっての3着と、

それぞれに敗因が明らか。

500万条件とはいえ、

スムーズだった前走が5馬身差。

まだ底を見せていない。

レースの上手な京都内回り向きのタイプ。

一気に相手が強くなるが、

未知の魅力タップリ。

 

<プリモシーン>

桜花賞のプリモシーンは出遅れたうえ、

直線は窮屈で脚を余したもの。

牡馬相手のNHKマイルC0秒2差や、

古馬を下した関屋記念からも能力は高い。

京都内回りだけに発馬は決めたいが、

これは枠入りまでの落ち着き次第。

距離経験もマイルだけで、

前走は速い流れでも少し力んでいた。

ひと息入ったが状態はいいだけに、

課題はスタンド前発走と距離だろう。

 

<ミッキーチャーム>

未勝利戦から3連勝中。

特に前走は、前週のGⅢクイーンSと

0秒3しか違わない、

今年の札幌№2の時計。

3歳牝馬同士ならスピード上位。

先行力もあり、京都の軽い芝も内回りも合いそうだ。

使い減りする傾向があり、

中9週はプラス。攻めも動いた。

斤量経験は54キロまでだが、

55キロでスピードを維持できれば。

 

<ラッキーライラック>

昨年の2歳女王。

上手な立ち回りが魅力で、

難なくいい位置を確保できて、

終いも確実に速い脚を使える。

京都内回りは良さを存分に生かせる舞台。

春のGⅠ2戦はアーモンドアイに決め手負けしたが、

この条件ならまだ逆転の余地がある。

 

<ランドネ>

ここ2年勝ち馬を送り出している紫苑Sの最先着馬。

トビが大きく切れはしないが、

いい脚を長く使える。

ハナを切って1分58秒台の速い時計で

走り切った前走はこの馬の真骨頂だ。

脚質は京都内回り向き。

時計勝負も望むところ。

上積みは大きそう。

 

 

【秋華賞2018】展開・印付き予想

<展開予想>

ペース:ミドル
逃げ041217
好位13020715
中位一団
後方06

<印付き予想>

◎11アーモンドアイ
〇18ダンサール
▲01ラテュロス
☆04ランドネ
人気ブログランキングへ
△05101314
×0207

穴の軸馬は

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬→人気ブログランキングへ

母と同じくこの時期に

良くなってきた。

このレースを目標にピークの

状態に持ってこれている。

持ち前の勝負根性で!

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク