Pocket

今回は、毎日王冠2018の予想と

過去の傾向とデータ分析(10年)から

狙える馬と予想オッズを

中心とした記事を書いていきたいと思います。

天皇賞・秋の前哨戦で、

一線級の馬が集まりやすいGIIレース。

メンバーが強力だけに、ここに出走してきた馬は

本番でも好走することが多く、

またマイルCSとの相性もいい。

まさに、秋のGI戦線を占う意味でも重要な一戦と

なっているレース。

今年の毎日王冠2018を制するのはどの馬なのか、

ここでは過去をデータ分析し狙える馬を

探っていこうと思います。

 

まずは、毎日王冠2018の予想オッズから見ていきます。

【毎日王冠2018】予想オッズ

1番人気アエロリット             2.7
2番人気サトノアーサー          3.3
3番人気ステルヴィオ             4.8
4番人気ダイワギャグニー       5.3
5番人気ケイアイノーテック    8.4
6番人気キセキ                    16.1
7番人気ステファノス           20.6
8番人気サンマルティン        50.9
9番人気サウンズオブアース  85.7

一桁人気の馬のオッズはこんな感じになっております。

 

【毎日王冠2018】予想│過去の傾向とデータ分析(10年)から狙える馬

【人気別】

1番人気   【4.2.0.4】
2番人気   【1.1.0.8】
3番人気   【1.1.0.8】
4番人気   【2.1.1.6】
5番人気   【0.1.3.6】
6番人気   【1.1.0.8】
7番人気   【0.0.1.9】
8番人気   【1.1.0.8】
9番人気   【0.0.2.8】
10番人気 【0.0.2.8】
11番人気 【0.1.1.7】
12番人気 【0.1.0.5】

1番人気は【4.2.0.4】で、信頼度は

マズマズといったところ。

名勝負も多い伝統のG2戦だが、

イメージほど堅くなく、

2~3番人気が不振で波乱も多い。

2ケタ人気は勝ちこそないが、

2着2回、3着3回とたびたび上位に食い込み、

波乱を演出している。

 

【枠順別】

1枠 【1.0.2.9】
2枠 【2.1.0.10】
3枠 【0.1.2.10】
4枠 【2.3.1.8】
5枠 【0.0.2.14】
6枠 【2.3.2.12】
7枠 【2.0.0.18】
8枠 【1.2.1.16】

ポケットからスタートしてすぐに

2コーナーを迎えるため、

外枠に入った逃げ・先行タイプは厳しい。

エイシンヒカリ(2015年)のような

抜群のダッシュ力がない限りは

軽視の姿勢で問題ないだろう。

開幕週ということもあり、

理想は内目の枠で、

2007年からの10年で

馬番4番以内の馬が5勝している。

加えて、2010年ネヴァブション(9番人気3着)、

2016年ヒストリカル(11番人気3着)と

1番枠の人気薄がよく穴をあけている。

勝ち馬が出ていない枠は

3枠と5枠。3枠は2着1回、3着は2回あるが、

5枠は連対がなく不振。

複勝率で見ると7枠もアベレージがやや落ちる。

 

【脚質別】

逃げ馬 【1.3.1.5】
先行馬 【2.2.1.26】
差し馬 【5.4.5.35】
追込馬 【2.1.3.31】

<上がり3F>

1位   【3.3.1.6】
2位   【0.1.5.4】
3位   【4.0.0.9】
~5位【4.0.0.9】
6位~【2.4.3.65】

<4角位置別>

4角1番手    【1.3.1.5】
2番手以内   【1.3.1.19】
3番手以内   【2.5.2.25】
4番手以内   【3.5.2.31】
5番手以内   【5.7.3.39】
7番手以内   【7.7.4.57】
10番手以内 【9.10.9.75】

2番手以下   【9.7.9.92】
3番手以下   【9.7.9.78】
4番手以下   【8.5.8.72】
5番手以下   【7.5.8.66】
7番手以下   【4.3.7.50】
10番手以下 【1.0.3.27】
13番手以下 【0.0.0.10】

コース改修された2003年以降、

逃げて勝ったのは2015年のエイシンヒカリのみだが、

開幕週開催の“展開要らず”の

府中芝1800mだけあって、

2013年クラレント(3着)、

2014年サンレイレーザー(2着)と、

穴馬の2~3着の逃げ残りも発生している。

比較的前のポジションにいた馬が好走している。

ただし、525mと長めの最後の直線に

高低差約2mの上り坂があるとなれば、

断然差し馬が有利。

上がり3ハロン33秒台、

年によっては32秒台の

決め脚を使える馬が強い。

速い上がりへの対応力を

見定めておきたいところだ。

 

【斤量別】

56.0㎏【4.2.5.37】
58.0㎏【3.1.1.10】
57.0㎏【2.5.4.40】
54.0㎏【1.1.0.4】
55.0㎏【0.1.0.3】

 

【年齢別】

3歳【2.3.0.9】
4歳【3.3.3.19】
5歳【3.2.2.27】
6歳【1.2.2.18】
7歳【0.0.2.17】
8歳【1.0.1.7】

秋の天皇賞を前にした重要な前哨戦。

競走馬として完成期を迎える

4歳、5歳馬が3勝を挙げているのもある意味

当然かと思えるが、特筆すべきは3歳馬の健闘。

過去10年で14頭と決して多くない出走頭数から

2頭が勝ち、2着が3回。

10年と12年はワン・ツー・フィニッシュを決めた。

ただし、13年以降は7頭いずれも掲示板を外し、

昨年は1番人気に支持された

ソウルスターリングが8着と人気を裏切っている。

8歳馬は09年にカンパニーが勝って、

ハイアーゲームが3着に入っているが、

馬券に絡んだのはこの年だけで、

他の年はいずれも苦戦している。

馬券的には、3~5歳馬が中心となる。

 

【前走レース別・距離別・前走着順】

<レース別>

エプソムC組 【3.0.2.7】
安田記念組    【1.4.1.20】
宝塚記念組    【1.1.2.10】
東京優駿組    【1.1.0.4】
札幌記念組    【1.1.0.6】

<距離別>

1800m組 【4.0.4.14】
1600m組 【2.7.1.35】
2000m組 【2.1.2.27】
2200m組 【1.1.3.13】
2400m組 【1.1.0.6】

◆同距離【4.0.4.14】
◆延長   【2.7.1.36】
◆短縮   【4.3.5.47】

さまざまなステップレースから好走馬が出ているが、

基本的には春のGI組が強い。

好走条件は安田記念組が1着、宝塚記念組は4着以下、

日本ダービー組は10着以下、NHKマイルC組は9着以内。

GI組はこの4レースに注目だ。

ちなみに、海外GIでは香港のクイーンエリザベスII世C。

3着以内に好走した馬が狙い目だ。

あとはGII・GIII組だが、本レースと同じコース、

距離のエプソムC組に要注意。

まず目立つのが3勝を挙げているエプソムC組。

一見、格下と思われそうだが、

15年エイシンヒカリ、16年ルージュバックが連勝。

11年ダークシャドウを含め勝った3頭は

全てエプソムCからの連勝で1番人気に支持されていた。

勝利数は各GI組をしのぐ3勝で、

優勝した馬が毎日王冠でも好走しやすい。

傾向としてハッキリと見えるのは、

夏場使い込んできた馬よりも、

夏場を休養に充てた馬が圧倒的に強いということ。

3歳馬がダービー、NHKマイルCのあと、

ここから始動というパターンは要注意。

<前走着順>

前走1着     【4.5.3.19】
前走2着     【0.1.1.10】
前走3着     【1.0.0.8】
前走4着     【1.0.1.6】
前走5着     【1.0.2.4】
前走6~9着【2.2.3.26】
前走10着~【1.2.0.24】

前走から連勝を果たした馬は4頭で、

うち3頭はエプソムCからの連勝。

アベレージからも前走勝っているというのは

大きなアドバンテージになる。

一方でやや不振なのは前走2着で、

過去10年勝ち馬はゼロ。

3着馬も成績はひと息だ。

前走6着以下から馬券圏内に入った馬が10頭いて、

度々波乱を演出している。

その多くの馬は1800mで好走実績を持っていた。

 

 

【毎日王冠2018】予想│過去の傾向とデータ分析(10年)から狙える馬まとめ

今回は、毎日王冠2018予想

過去の傾向とデータ分析(10年)から

狙える馬を探ってきました。

その中で好走しそうな馬を

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬→人気ブログランキングへ

前走は、好位からの抜け出しに成功。

末脚を生かすことのできる、

東京コースはベスト。

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク