Pocket

今回は、武蔵野ステークス2018の予想と

出走馬の調教・最終追い切り評価・分析から

狙える馬を中心とした記事

書いていきたいと思います。

土曜の東京メインは武蔵野ステークス2018

1着馬にチャンピオンズカップの

優先出走権が与えられる重要な一戦。

過去の優勝馬を見ても、

古くは2001年クロフネが

続くジャパンカップダートを圧勝、

近年も13年ベルシャザールが同レースをV、

15年ノンコノユメがチャンピオンズカップ2着と

活躍しており、秋のダート頂上決戦に向けても

見逃せない一戦となっている。

武蔵野ステークス2018を制し、

チャンピオンズカップの優先出走権

手に入れるのはどの馬なのか、

ここでは、出走馬の調教・最終追い切り

評価・分析から狙える馬

探っていきたいと思います。

 

【武蔵野ステークス2018】出走馬の調教・追い切り評価・分析から狙える馬

1.マイネルオフィール

(前回) 10/18 栗坂 良 馬なり余力
→1回 56.1 40.9 26.1 12.5

10/31 栗坂 良 一杯に追う
→1回 56.4 40.8 26.7 13.6

11/4 栗坂 良 馬なり余力
→1回 57.3 41.3 26.7 13.1

11/7 栗坂 良 馬なり余力
→1回 58.0 41.9 26.7 12.8

【最終追い切り評価】

終始馬任せの内容だったが、

キビキビと活気十分。

気配面は上向いている。

 

2.パルトネルラーフ

(前回) 10/11 美坂 稍 強目に追う
→2回 55.8 40.7 26.7 13.5

10/28 美坂 稍 馬なり余力
→2回 57.8 42.8 28.0 13.7

10/31 美坂 良 強目に追う
→2回 55.1 40.3 26.7 13.6

11/7 美坂 重 一杯に追う
→2回 54.7 39.8 26.2 13.3

【最終追い切り評価】

相変わらず攻めは良く見せないが、

ハードに追われて活気十分の走り。

好調子。

 

3.クインズサターン

(前回) 9/26 栗坂 良 末強目追う
→1回 54.1 39.2 25.6 12.8

10/31 栗CW 良 一杯に追う
→85.0 68.9 52.6 38.3 12.6 [5]
ジークグランツ(古500万)一杯の内0.6秒追走同入

11/4 栗坂 良 馬なり余力
→1回 58.3 43.2 27.7 13.8

11/7 栗坂 良 馬なり余力
→1回 53.1 39.4 26.4 13.7
コンテンポラリー(古500万)一杯を0.8秒追走0.2秒先着

【最終追い切り評価】

キビキビと活気十分の走りで

駆け上がってきた。

使いつつ気配は上向き。

 

4.サンライズノヴァ

(前回) 10/4 栗坂 良 一杯に追う
→1回 52.2 38.4 25.2 12.7

11/1 栗坂 良 稍一杯追う
→1回 52.5 38.6 25.8 13.3
ブラックスピネル(古オープン)一杯を0.1秒追走0.2秒遅れ

11/4 栗坂 良 馬なり余力
→1回 59.1 44.2 29.5 15.0

11/7 栗坂 良 一杯に追う
→1回 51.7 38.1 25.3 13.1
ブラックスピネル(古オープン)末強目を0.5秒追走0.1秒先着

【最終追い切り評価】

テンから意欲的に運んで、

力強い脚さばき。

ラストもグンとひと伸び。

万全。

 

5.イーグルフェザー

(前回) 10/4 美南W 良 強目に追う
→52.7 38.6 13.6 [6]

10/19 美坂 良 馬なり余力
→2回 60.6 44.3 29.2 14.7

11/4 美坂 良 馬なり余力
→2回 58.2 42.6 27.3 13.2

11/7 美南W 稍 直強目追う
→68.5 53.6 39.3 12.8 [6]
ペイシャエヴァー(古1000万)強目の内0.6秒追走同入

【最終追い切り評価】

じわじわ加速して併入に持ち込む。

急仕上げ気味だが、

フットワークは力強い。

 

6.ラインシュナイダー

(前回) 10/4 栗坂 良 一杯に追う
→1回 54.2 39.3 25.6 13.1

10/25 栗坂 良 馬なり余力
→1回 56.1 40.5 26.3 13.2

11/1 栗坂 良 一杯に追う
→1回 55.8 40.0 25.8 12.9

11/7 栗坂 良 一杯に追う
→1回 52.3 38.4 25.4 13.0

【最終追い切り評価】

ひと叩きされたことで

行きっぷりが良化した。

前走以上には動けそうだ。

 

7.ユラノト

(前回) 7/4 函館W 稍 馬なり余力
→キリ 13.2

10/31 栗坂 良 一杯に追う
→2回 53.6 39.5 26.2 13.4
マコトサダイジン(障オープン)一杯を0.3秒追走0.4秒先着

11/3 栗坂 良 叩き一杯
→2回 52.2 38.5 25.5 13.3

11/7 栗坂 良 末強目追う
→2回 53.2 39.3 25.7 12.8
ディキディキ(古1000万)末強目を0.4秒追走0.3秒先着

【最終追い切り評価】

久々を感じさせない

力強い動きで駆け、

仕上がりの良さを誇示。

初戦から。

 

8.ルグランフリソン

(前回) 10/4 栗坂 良 一杯に追う
→1回 54.8 39.3 25.3 12.6

10/31 栗坂 良 馬なり余力
→1回 54.5 40.2 26.6 13.4

11/7 栗坂 良 一杯に追う
→1回 53.8 39.6 26.3 13.7

【最終追い切り評価】

ラストは要したが、

全体時計は及第点。

ひと叩きされたことで活気は出てきた。

 

9.ストロングバローズ

(前回) 7/4 函館ダ 重 馬なり余力
→キリ 11.9 [6]

10/28 美南W 稍 馬なり余力
→58.1 42.5 14.9 [6]

11/1 美南W 良 馬なり余力
→67.5 52.4 38.8 14.0 [5]

11/7 美南W 稍 馬なり余力
→68.7 52.9 38.8 13.6 [6]

【最終追い切り評価】

少し体つきに余裕が感じられるが、

最後までしっかり動けており、

力は出せる。

 

10.ナムラミラクル

(前回) 10/4 栗坂 良 末強目追う
→1回 53.4 38.7 24.9 12.3

10/28 栗坂 良 強目に追う
→1回 57.4 42.2 27.7 13.9

11/1 栗CW 良 馬なり余力
→85.6 68.8 53.3 38.8 12.0 [6]

11/7 栗坂 良 馬なり余力
→1回 54.9 40.4 26.5 13.3

【最終追い切り評価】

持ったままの手応えで軽快に登坂。

気合乗りも目立ち、

好調をがっちりキープ。

 

11.グレンツェント

(前回) 1/28 美南W 良 直強目追う
→82.8 68.2 53.5 39.3 13.3 [6]

10/31 美南W 良 一杯に追う
→83.7 68.4 53.5 39.1 13.3 [8]
ケルフロイデ(古1000万)一杯の内0.8秒追走0.2秒遅れ

11/4 美南W 良 馬なり余力
→57.2 42.0 14.3 [9]

11/7 美南W 稍 直強目追う
→68.2 53.3 39.2 13.5 [7]
トーセンマタコイヤ(古オープン)強目の外0.4秒先行1.2秒先着

【最終追い切り評価】

休みは長くなったが、

動きに重々しさはなく、

前向きさも十分。

態勢は整った。

 

12.クルーガー

(前回) 10/17 栗坂 良 一杯に追う
→2回 52.7 38.7 24.9 11.8

10/31 栗坂 良 馬なり余力
→2回 60.7 44.1 28.3 13.8

11/4 栗坂 良 馬なり余力
→2回 56.3 40.7 26.0 12.7
フィアーノロマーノ(古1600万)馬なりを0.1秒追走同入

11/7 栗坂 良 一杯に追う
→2回 55.1 40.1 25.7 12.5

【最終追い切り評価】

ひと叩きされて、

動きにいい頃の切れが戻ってきた印象。

体にも締まりがある。

 

13.メイショウウタゲ

(前回) 10/4 栗坂 良 一杯に追う
→1回 51.5 38.0 25.5 13.4

10/28 栗坂 良 馬なり余力
→1回 59.9 43.6 28.1 14.3

10/31 栗坂 良 一杯に追う
→1回 55.3 40.1 25.9 13.1

11/7 栗坂 良 馬なり余力
→1回 53.4 38.5 25.6 13.2

【最終追い切り評価】

全身を大きく使って登坂。

気合を前面に出した走りは迫力十分。

出来は安定。

 

14.モルトベーネ

(前回) 10/4 栗坂 良 叩き一杯
→1回 52.3 37.7 24.7 12.6

10/31 栗坂 良 一杯に追う
→1回 54.0 39.3 25.8 13.5

11/4 栗坂 良 馬なり余力
→1回 61.2 44.2 28.1 13.9

11/7 栗坂 良 一杯に追う
→1回 53.2 38.7 25.5 13.1

【最終追い切り評価】

ラストは要したが、

全体時計は上々だった。

気配は順当に上向いている。

 

15.ウェスタールンド

(前回) 9/26 栗坂 良 一杯に追う
→2回 55.4 40.3 26.1 12.9

10/31 栗坂 良 一杯に追う
→2回 55.3 40.7 26.3 13.0

11/4 栗坂 良 馬なり余力
→2回 59.4 43.7 28.1 13.5

11/7 栗坂 良 一杯に追う
→1回 51.6 37.9 25.0 12.7

【最終追い切り評価】

2カ月ぶりで好走した反動はなく、

元気に登坂。

出来はさらに上向いている。

 

16.インカンテーション

(前回) 7/4 栗CW 良 直強目余力
→85.2 69.7 55.1 41.2 12.9 [6]

10/31 栗CW 良 末一杯追う
→70.8 54.5 39.8 12.6 [8]
スズカチャンプ(障オープン)一杯の外を0.6秒追走3F併0.1秒先着

11/3 栗坂 良 馬なり余力
→1回 60.7 44.0 28.7 14.3

11/7 栗CW 良 一杯に追う
→82.1 66.9 52.6 39.3 13.1 [7]
キングラディウス(古1000万)馬なりの内を0.4秒追走4F併0.2秒遅れ

【最終追い切り評価】

調教では地味なタイプ。

遅れでも脚勢に乱れはなく、

豊富な乗り込みで好態勢。

 

 

【武蔵野ステークス2018】出走馬の調教・追い切り評価・分析から狙える馬まとめ

今回は、武蔵野ステークス2018の

出走馬の調教・最終追い切り

評価・分析から狙える馬を探ってきました。

その中で、調教・最終追い切りが

良かった馬を

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬→人気ブログランキングへ

先週までは、少し重かったが、

今週は騎手騎乗で軽く先着。

状態は上向いた。

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク