Pocket

今回は、桜花賞2019の予想と過去データの傾向と対策、

データ分析(10年)から狙える馬と

参考レース動画を中心とした記事

書いていきたいと思います。

3歳クラシックの一角を成すレースであり、

牝馬3冠の1冠目に数えられる。

仕上がりの早さとスピード能力が問われる一戦で、

過去に多くの快速牝馬たちが栄冠を勝ち取ってきた。

この桜花賞、約1カ月半後に開催されるオークス、

秋に行われる秋華賞の3タイトルをものにし

牝馬3冠の称号を手にしたのは、

メジロラモーヌ(1986年)、スティルインラブ(2003年)、

アパパネ(2010年)、ジェンティルドンナ(2012年)の4頭が存在する。

今年のメンバーから三冠馬は現れるのか!?

ここでは、桜花賞2019の予想と過去データの傾向と対策、

データ分析(10年)から狙える馬

探っていきたいと思います。

【桜花賞2019予想】過去データの傾向と対策│データ分析(10年)から狙える馬

<人気順別成績>
人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 【3.2.1.4】 30.0% 70.0% 70.0%
2番人気 【3.4.0.3】 10.0% 30.0% 50.0%
3番人気 【1.2.2.5】 10.0% 30.0% 50.0%
4番人気 【0.1.1.8】 0.0% 10.0% 20.0%
5番人気 【1.0.2.7】 10.0% 10.0% 30.0%
6番人気 【0.0.1.9】 0.0% 0.0% 10.0%
7番人気 【1.1.0.8】 10.0% 20.0% 20.0%
8番人気 【1.0.1.8】 10.0% 10.0% 20.0%
9番人気 【0.0.0.10】 0.0% 0.0% 0.0%

過去10年、1番人気と2番人気が
ともに3勝を挙げているが、
連対率は2番人気がリード。
1番人気と2番人気がともに
馬券圏外に去ったのは1度だけ。
馬券圏外に去った15年の上位人気2頭は関東馬だった。
6番人気以下の台頭も多いが、
馬券に絡んだ7頭は
全てオープンで3着以内があった実力馬。
人気落ちのオープン実績は波乱のキモにもなっている。
2ケタ人気は連に絡んだことがなく、
3着も2回と狙いづらい。

<枠順別成績>
着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 【0.1.1.17】 0.0% 5.3% 10.5%
2枠 【0.0.0.19】 0.0% 0.0% 0.0%
3枠 【1.1.0.18】 5.0% 10.0% 10.0%
4枠 【2.2.0.16】 10.0% 20.0% 20.0%
5枠 【4.0.4.12】 20.0% 20.0% 40.0%
6枠 【0.2.2.16】 0.0% 10.0% 20.0%
7枠 【2.2.2.24】 6.7% 13.3% 20.0%
8枠 【1.2.1.26】 3.3% 10.0% 13.3%

まず知られているのが、桜花賞の内枠は大苦戦。
有利不利の少ないコース形態で、
阪神マイル全体では内枠の数字もいいのだが、
この桜花賞に限れば馬番「1」~「5」に入った
馬の連対は昨年2着のラッキーライラックただ1頭。
人気馬があまり入っていないというのと、
昨年は相手が悪すぎたことを差し引いても、
厳しい数字が残っている。
狙い目は3着以内が8回ある5枠。

<脚質別成績>
脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率
逃げ 【1.1.0.8】 10.0% 20.0% 20.0%
先行 【2.2.1.31】 5.6% 11.1% 13.9%
差し 【2.3.6.74】 2.4% 5.9% 12.9%
追い込み 【5.4.3.35】 10.6% 19.1% 25.5%

 

<上がり3F別成績>
上がり3F 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1位 【5.1.1.4】 45.5% 54.5% 20.0%
2位 【1.4.0.9】 5.6% 11.1% 13.9%
3位 【1.1.3.2】 2.4% 5.9% 12.9%
~5位 【2.3.6.74】 11.1% 14.8% 29.6%
6位~ 【5.4.3.35】 0.0% 2.5% 4.2%

 

<4角位置別成績>
4角位置 着別度数 勝率 連対率 複勝率
4角1番手 【1.1.0.8】 10.0% 20.0% 20.0%
2番手以内 【1.1.1.20】 4.3% 8.7% 13.0%
3番手以内 【1.2.1.30】 2.9% 8.8% 11.8%
4番手以内 【3.3.1.39】 6.5% 13.0% 15.2%
5番手以内 【3.3.2.51】 5.1% 10.2% 13.6%
7番手以内 【3.3.4.66】 3.9% 7.9% 13.2%
10番手以内 【5.5.4.94】 4.6% 9.3% 13.0%
2番手以下 【9.9.10.140】 5.4% 10.7% 16.7%
3番手以下 【9.9.9.128】 5.8% 11.6% 17.4%
4番手以下 【9.8.9.118】 6.3% 11.8% 18.1%
5番手以下 【7.7.9.109】 5.3% 10.6% 17.4%
7番手以下 【7.7.6.89】 6.4% 12.8% 18.3%
10番手以下 【7.5.6.60】 9.0% 15.4% 23.1%
13番手以下 【5.4.3.35】 10.6% 19.1% 25.5%
16番手以下 【5.1.1.16】 21.7% 26.1% 30.4%

2015年にレッツゴードンキが逃げ切っているが、
近年は差し馬が圧倒的に優勢で、
実に7頭が4角10番手以下からの差し切り勝ち。
2着5回、3着も6回と後方一気の馬が上位に食い込んでいる。
直線の長い外回りコースでもあり、
基本的には瞬発力に優れた馬を軸に取り上げたい。

<馬体重別成績>
馬体重 着別度数 勝率 連対率 複勝率
~399㎏ 【0.0.0.2】 0.0% 0.0% 0.0%
400~419㎏ 【0.1.0.10】 0.0% 9.1% 9.1%
420~439㎏ 【0.4.2.33】 0.0% 10.3% 15.4%
440~459㎏ 【3.1.4..52】 5.0% 6.7% 13.3%
460~479㎏ 【4.1.3.31】 10.3% 12.8% 20.5%
480~499㎏ 【3.3.1.17】 12.5% 25.0% 29.2%
500~519㎏ 【0.0.0.2】 0.0% 0.0% 0.0%
520~539㎏ 【0.0.0.1】 0.0% 0.0% 0.0%

この時期の牝馬で、ほとんどの馬が成長途上。
460キロ未満の馬が3勝。
440キロ以下の小柄な馬も度々馬券に絡んでいて、
さほど気にするファクターではないのだが、
勝ち切るという面ではある程度の馬格が欲しいところで、
480キロを超える馬のアベレージが高くなっている。

<キャリア別成績>
キャリア 着別度数 勝率 連対率 複勝率
2戦 【0.1.0.3】 0.0% 25.0% 25.0%
3戦 【3.3.1.15】 13.6% 27.3% 31.8%
4戦 【4.3.5.28】 10.0% 17.5% 30.0%
5戦 【2.1.1.38】 4.8% 7.1% 9.5%
6戦 【1.2.3.33】 2.6% 7.7% 15.4%
7戦 【0.0.0.15】 0.0% 0.0% 0.0%
8戦 【0.0.0.8】 0.0% 0.0% 0.0%
9戦 【0.0.0.5】 0.0% 0.0% 0.0%
10戦 【0.0.0.1】 0.0% 0.0% 0.0%

勝ち馬のキャリアは3戦から6戦で、
キャリア4戦の馬が4勝、3戦の馬が3勝。
過去10年、7戦以上の連対馬はおらず、
豊富な経験よりも少ないキャリアで出走権を
得た素質馬が好結果を残している。

<前走レース別成績>
レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率
チューリップ 【7.5.7.26】 15.6% 26.7% 42.2%
エルフィンS 【1.1.0.3】 20.0% 40.0% 40.0%
Fレビュー 【1.0.2.53】 1.8% 1.8% 5.4%
シンザン記念 【1.0.0.0】 100.0% 100.0% 100.0%
クイーンC 【0.2.0.15】 0.0% 11.8% 11.8%

 

<前走距離別成績>
距離別 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1600m 【9.9.7.73】 9.2% 18.4% 25.5%
1400m 【1.0.2.56】 1.7% 1.7% 5.1%
1800m 【0.1.1.12】 0.0% 7.1% 14.3%
2200m 【0.0.0.2】 0.0% 0.0% 0.0%
1200m 【0.0.0.5】 0.0% 0.0% 0.0%

 

<レース間隔別成績>
間隔 着別度数 勝率 連対率 複勝率
中4週 【7.5.7.26】 15.6% 26.7% 42.2%
中8週 【1.1.0.4】 16.7% 33.3% 33.3%
中10週以上 【1.1.0.6】 12.5% 25.0% 25.0%
中3週 【1.0.2.69】 1.4% 1.4% 4.2%
中7週 【0.2.0.12】 0.0% 14.3% 14.3%

過去10年で最も好相性なのは
7勝を挙げているチューリップ賞組。
2歳女王が春初戦に選択するケースが多く、
2着4回、3着も6回あって、相性の良さは群を抜いている。
ただし、G2に格上げされた昨年は
人気を集めながら勝つことはできなかった。
フィリーズレビュー組は過去10年で2勝。
出走頭数がチューリップ賞より多いこともあり、
アベレージは大きな差がある。
アネモネS組は22頭が出走して馬券絡みはゼロ。
レース間隔が開いているのはマイナスとならず、
エルフィンS、クイーンCからの直行組も成績は上々。
昨年はシンザン記念以来のぶっつけだった
アーモンドアイが圧巻の内容で桜の女王に輝いた。
ごまかしの利かない舞台となり、高い能力、素質を持った馬が
力を出し切れる仕上がりにあれば通用することを示している。
また、どのローテにしてもマイル以上の
実績がなければ厳しく、
1500m以下しか好走歴のない馬は桜花賞では通用しづらい。

<前走着順別成績>
前走着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1着 【4.7.3.36】 8.0% 22.0% 28.0%
2着 【3.0.2.33】 7.9% 7.9% 13.2%
3着 【2.1.2.16】 9.5% 14.3% 23.8%
4着 【1.0.0.8】 11.1% 11.1% 11.1%
5着 【0.0.1.8】 0.0% 0.0% 11.1%
6~9着 【0.1.2.22】 0.0% 4.0% 12.0%
10着~ 【0.1.0.25】 0.0% 3.8% 3.8%

勝ち馬は過去10年全て4着以内で、
前走から連勝を果たした馬が4頭。
前走2着馬が3頭、3着馬が2頭勝ち上がっており、
中でも前走1着馬は2着7回、3着3回と高い信頼度を誇る。
前走で掲示板を外しながら巻き返してきた馬が4頭いるが、
いずれも2連勝でオープン特別を勝った経験を持っていた。
前走の敗戦で馬券的にも美味しい存在となっている。

【桜花賞2019予想】参考レース動画

【桜花賞2019予想】過去データの傾向と対策│データ分析(10年)から狙える馬まとめ

今回は、桜花賞2019の予想と

過去データの傾向と対策、

データ分析(10年)から狙える馬

探ってきました。

その中でも、データから狙ってみたい馬

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬→人気ブログランキングへ

キャリア3戦の馬はアベレージも高く、
このレース向きの切れ味も持っている。
騎手も大舞台に強く、
一発の可能性は十分ある!

【ビビりますよ!?100%保証対象です!】

注意書きはあるのでサイト(SWITCH)をまず確認してほしいですが、
もしSWITCHからの情報を利用して、
指定期間内に利益未獲得となった場合は”全額保証対応”する!

ということだそうです…。

こんな自信、かつて見たことありますか?

競馬情報サイトはかなりの数ありますが
ここまで自信をもって情報を出しているサイトは
他にないといってもいいでしょう。

この機会に今まで信じていた情報を見直す必要がある!

と私は考えます。

実際、近走も帯封決着をはじめ数々の高額配当を出しているからこそ、
この言葉にも更に信憑性が湧くというものです。

なんにせよ、無料で入会できるメリットそして、
情報で利益未獲得となった場合は
100%全額保証なのでこれは登録しない意味がわかりませんね(笑)

当然今週の注目レースは、【GⅠ桜花賞】

恐らくこの先SWITCHが競馬情報サイトを引っ張っていくんだろうなと思いますし、
この機会に是非体感してみてはいかがでしょうか?

ご興味ある方は以下のリンクから無料登録をしてみてください。

⇒ 無料会員登録ページ
※メールアドレスのみの簡単無料登録で完了です!

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク