Pocket

今回は、根岸ステークス2019の予想と

過去データの傾向と対策、

データ分析(10年)から狙える穴馬

~短距離の鬼、スプリント攻略予想~を中心とした記事

書いていきたいと思います。

フェブラリーステークスの前哨戦、

根岸ステークスが27日に東京競馬場で行われる。

過去3年の勝ち馬のうち、2016年モーニンと

昨年のノンコノユメが本番もV。

今年も実力伯仲の好メンバーがそろい、

JRA・GI開幕戦を占う重要な一戦となる。

今年の根岸ステークス2019を制するのは

どの馬になるのか、

ここでは、過去データの傾向と対策、

データ分析(10年)から狙える穴馬

探っていきたいと思います。

 

【根岸ステークス2019予想】過去データの傾向と対策│データ分析(10年)から狙える穴馬~短距離の鬼、スプリント攻略予想~

<人気順別成績>
人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 【3.3.0.4】 30.0% 60.0% 60.0%
2番人気 【1.1.1.7】 10.0% 20.0% 30.0%
3番人気 【0.2.0.8】 0.0% 20.0% 20.0%
4番人気 【3.0.2.5】 30.0% 30.0% 50.0%
5番人気 【1.1.2.6】 10.0% 20.0% 40.0%
6番人気 【1.1.0.8】 10.0% 20.0% 20.0%
7番人気 【0.0.1.9】 0.0% 0.0% 10.0%
8番人気 【0.1.0.9】 0.0% 10.0% 10.0%
9番人気 【0.1.0.9】 0.0% 10.0% 10.0%
10番人気 【0.0.3.7】 0.0% 0.0% 30.0%
11番人気 【1.0.0.9】 10.0% 10.0% 10.0%
12番人気 【0.0.0.10】 0.0% 0.0% 0.0%
13番人気 【0.0.0.10】 0.0% 0.0% 0.0%
14番人気 【0.0.0.9】 0.0% 0.0% 0.0%
15番人気 【0.0.1.8】 0.0% 0.0% 11.1%
16番人気 【0.0.0.9】 0.0% 0.0% 0.0%

1番人気は【3.3.0.4】と信頼度はマズマズ。
勝ち馬はすべて前走で左回り戦を使われていた。
また2010年は11番人気のグロリアスノアが勝利しているが、
その他の勝ち馬は6番人気以内。
2人気と3人気はともに連対率20%と
結果を出しているとはいえず、信頼度は低い。
その2、3人気よりも成績がいいのが、4人気と5人気。
連対率は2、3人気と変わらないが、複勝率は50%と40%で、
馬券の対象からは外せない存在だ。
また、10番人気以下から4頭が3着に入っており、
人気薄の激走にも注意が必要。
穴を演出した馬たちの共通点は高齢(7歳以上)の実績馬
勝ち馬は8頭が5番人気以内で、6番人気以下で勝った2頭も
重賞実績を持った実力馬。
2~3着は人気薄が度々波乱を起こしている。

 

<枠順別成績>
着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 【1.0.2.16】 5.3% 5.3% 15.8%
2枠 【1.2.1.15】 5.3% 15.8% 21.1%
3枠 【2.3.0.15】 10.0% 25..0% 25.0%
4枠 【2.1.1.16】 10.0% 15.0% 20.0%
5枠 【1.3.0.16】 5.0% 20.0% 20.0%
6枠 【1.0.2.17】 5.0% 5.0% 15.0%
7枠 【0.1.4.15】 0.0% 5.0% 25.0%
8枠 【2.0.0.17】 10.5% 10.5% 10.5%

ダートコース上のスタートで3コーナーまで距離もあることから、
枠順による内外の有利不利は小さいが、
8枠は2009年以降【2.0.0.17】とやや苦戦傾向にある。
ちなみに7枠は、2015年に2番人気ワイドバッハが2着、
15番人気アドマイヤロイヤルが3着に入るなど
【0.1.4.15】とまずまずの成績を残している。
比較的好走率が高いのが2009年以降5勝をあげている2~4枠。
毎年最低1頭が3着以内に入っており、
2013年は③④、2017年は②③での決着だった。

 

<脚質別成績>
脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率
逃げ 【0.0.0.10】 0.0% 0.0% 0.0%
先行 【2.3.3.32】 5.0% 12.5% 20.0%
差し 【3.5.3.47】 5.2% 13.8% 19.0%
追い込み 【5.2.4.37】 10.4% 14.6% 22.9%

 

<上がり3F別成績>
上がり3F 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1位 【5.2.1.2】 50.0% 70.0% 80.0%
2位 【3.2.5.3】 23.1% 38.5% 76.9%
3位 【2.1.0.4】 28.6% 42.9% 42.9%
~5位 【0.3.3.17】 0.0% 13.0% 26.1%
6位~ 【0.2.1.99】 0.0% 2.0% 2.9%

 

<4角位置別成績>
4角位置 着別度数 勝率 連対率 複勝率
4角1番手 【0.0.0.10】 0.0% 0.0% 0.0%
2番手以内 【0.1.1.19】 0.0% 4.8% 9.5%
3番手以内 【2.3.3.29】 5.4% 13.5% 21.6%
4番手以内 【2.3.3.42】 4.0% 10.0% 16.0%
5番手以内 【2.4.3.46】 3.6% 10.9% 16.4%
7番手以内 【3.7.3.61】 4.1% 13.5% 17.6%
10番手以内 【5.8.6.89】 4.6% 12.0% 17.6%
2番手以下 【10.10.10.116】 6.8% 13.7% 20.5%
3番手以下 【10.9.9.107】 7.4% 14.1% 20.7%
4番手以下 【8.7.7.97】 6.7% 12.6% 18.5%
5番手以下 【8.7.7.84】 7.5% 14.2% 20.8%
7番手以下 【8.4.7.73】 8.7% 13.0% 20.7%
10番手以下 【6.3.5.42】 10.7% 16.1% 25.0%
13番手以下 【3.1.3.20】 11.1% 14.8% 25.9%
16番手以下 【0.0.2.6】 0.0% 0.0% 25.0%

ダート1400m戦と言えば逃げ・先行有利が定説だが、
このレースにおいては苦戦傾向
4角先頭で馬券圏内に残った馬は1頭もいない。
4角5番手以内だった馬は
2009年以降で2勝、2着4回、3着3回となっている。
これに対し、4角10番手以下の馬が6勝、2着3回、3着5回と、
直線の長い東京コースというのもあって、
差し馬が強く、後方から差し切り勝ちを収めている。
ダート戦にしてはかなりの良績。
まずは直線で長くいい脚が使える馬を狙っていきたい。
ダート短距離重賞で実績のある差し・追込タイプにも注目。

 

<斤量別成績>
斤量 着別度数 勝率 連対率 複勝率
56.0㎏ 【4.6.5.76】 4.4% 11.0% 16.5%
57.0㎏ 【3.2.1.26】 9.4% 15.6% 18.8%
55.0㎏ 【2.1.1.9】 15.4% 23.1% 30.8%
58.0㎏ 【1.1.3.9】 7.1% 14.3% 35.7%
59.0㎏ 【0.0.0.3】 0.0% 0.0% 0.0%

 

<年齢別成績>
年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率
4歳 【2.2.1.11】 12.5% 25.0% 31.3%
5歳 【4.4.2.21】 12.9% 25.8% 32.3%
6歳 【3.2.2.38】 6.7% 11.1% 15.6%
7歳 【1.1.1.27】 3.3% 6.7% 10.0%
8歳 【0.1.4.14】 0.0% 5.3% 26.3%
9歳 【0.0.0.12】 0.0% 0.0% 0.0%
10歳 【0.0.0.4】 0.0% 0.0% 0.0%

勝ち馬が出ているのは
4歳から7歳の4世代で、
ダート戦線は高齢馬になっても
現役を続ける馬が少なくなく、
また芝レースよりも息の長い活躍をしている。
過去10年では
5歳馬が4勝、6歳馬3勝、4歳馬2勝、7歳馬1勝。
5歳馬は2着も4回あって、高い連対率を誇る。
アベレージで見ると4歳馬も5歳馬とほぼ互角。
本レースは4歳馬と5歳馬が強い。
もう一つ見逃せないのが8歳の伏兵馬。
3着4回は年齢別で最も多く。
馬券に絡んだ5頭のうち
3頭が2ケタ人気で波乱を呼び起こしている。

 

<前走レース別成績>
レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率
武蔵野S 【3.0.1.4】 37.5% 37.5% 50.0%
チャンピオン 【2.1.2.4】 22.2% 33.3% 55.6%
ギャラクシー 【2.1.0.12】 15.4% 23.1% 23.1%
カペラS 【1.1.1.23】 3.7% 7.4% 11.1%
エニフS 【1.0.0.0】 100.0% 100.0% 100.0%

 

<前走距離別成績>
距離別 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1400m 【3.5.4.48】 5.0% 13.3% 20.0%
1600m 【3.0.1.10】 21.4% 21.4% 28.6%
1800m 【2.2.3.11】 11.8% 23.5% 41.2%
1200m 【1.3.1.50】 1.8% 7.1% 8.9%
1700m 【1.0.0.2】 33.3% 33.3% 33.3%

 

<レース間隔別成績>
間隔 着別度数 勝率 連対率 複勝率
中10週以上 【5.1.1.15】 22.7% 27.3% 31.8%
中7週 【2.2.3.10】 11.8% 23.5% 41.2%
中4週 【1.2.3.21】 3.7% 11.1% 22.2%
中6週 【1.1.0.23】 4.0% 8.0% 8.0%
中5週 【1.0.0.7】 12.5% 12.5% 12.5%

抜群の好相性なのが、
武蔵野ステークスからひと息入れた馬。
過去10年でのべ8頭が出走して3勝。
すべて5着以内に入っており、
8頭中3頭が1着で、3着が1回。
なかなかの成績を残している。
武蔵野ステークスからの出走馬は、
人気に関係なく1頭も掲示板を外していない。
それに続くのが暮れの
JRAG1・チャンピオンズカップからここへ挑む組。
5年連続で馬券に絡んでいて、
2年連続で優勝馬を出している。
こちらも9頭で【2.1.2.4】のハイアベレージを誇る。
一方で中山1200mからの転戦となるカペラステークス、
ジャニュアリーステークス組は
出走頭数が多いこともあるが、アベレージは低い。
他に、好走馬を出しているのが
ギャラクシーステークス組。
2013年まではギャラクシーステークスが
阪神ダ1400mのオープン特別として施行されていたが、
2014年からファイナルステークスが同じ条件で施行。
そして、2017年からまた
ギャラクシーステークスが復活。
過去のギャラクシーステークスと
ファイナルステークスを
あわせた成績は【2.2.1.14】。
そこで3着以内だった馬が、根岸Sで好走している。

 

<前走着順別成績>
前走着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1着 【3.7.2.30】 7.1% 23.8% 28.6%
2着 【1.2.1.17】 4.8% 14.3% 19.0%
3着 【3.0.2.10】 20.0% 20.0% 33.3%
4着 【2.0.0.9】 18.2% 18.2% 18.2%
5着 【0.0.1.8】 0.0% 0.0% 11.1%
6~9着 【1.1.3.26】 3.2% 6.5% 16.1%
10着~ 【0.0.1.24】 0.0% 0.0% 4.0%

前走から勢いは重要で、
連勝を果たした馬こそ3頭だが、
勝ち馬は昨年チャンピオンズS9着から
巻き返したノンコノユメを除く9頭が前走5着以内。
過去10年で2着に入った馬の7頭が
前走で勝ってこのレースに臨んだ馬だった。
前走で掲示板を外している馬は割引で、
馬券に絡んだ6頭はいずれも重賞勝ち、
もしくはOP特別3勝以上の実績を持っていた。

 

 

【根岸ステークス2019予想】過去データの傾向と対策│データ分析(10年)から狙える穴馬~短距離の鬼、スプリント攻略予想~まとめ

今回は、根岸ステークス2019の予想と

過去データの傾向と対策、

データ分析(10年)から狙える馬

探ってきました。

狙える馬を

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬人気ブログランキングへ

データから狙ってみたいのは高齢馬
ローテーション的にも
過去10年で掲示板を外していない組
非常に強力な好走データで
ここは、人気に関係なく買っておくべき馬。

スポンサーリンク