Pocket

今回は、東海ステークス2019の無料・公開予想と展開・印付き予想・

有力馬分析・コース分析(中京ダート1800m)を

中心とした記事を書いていきたいと思います。

今週から3週間にわたって、

年明けの中京競馬が開催される。

開幕週のメインは、東海ステークス。

勝ち馬にフェブラリーステークスの

優先出走権が与えられる一戦。

ここ2年は2桁人気の伏兵が絡んで

波乱ムードのように思えるが、

その一方で1番人気馬はこの時期の

中京に移設されてから6年、

すべて馬券に絡んでいる。

今年の東海ステークス2019を制するのはどの馬なのか、

ここでは、無料・公開予想,

展開・印付き予想と

有力馬分析・コース分析(中京ダート1800m)

書いていきます。

 

その前に、東海ステークス2019について

調教・最終追い切りの記事

書いているので

合わせて読んで予想の参考に

してみてください。

【東海ステークス2019】予想│出走馬の調教・最終追い切り評価・分析から狙える穴馬~穴をあけるならこのレースのリピーター~

【東海ステークス2019】予想│出走馬の調教・最終追い切り評価・分析から狙える穴馬~穴をあけるならこのレースのリピーター~

 

【東海ステークス2019】コース分析(中京ダート1800m)

スタート地点はホームストレッチの真ん中より左寄り。
上り坂の途中がスタート地点となる。
一周目のゴール板前を過ぎて1コーナーへ。
1~2コーナーはほぼ平坦。
向正面直線に入り、しばらくは緩い上り坂。
残り980m地点から緩やかな下り坂に入る。
3~4コーナー部分はすべて下り坂で、最後の直線へ。
ゴール手前380m地点より220m地点にかけては
高低差1.8mの急な上り坂。
勾配は1.14%で、中山競馬場ダートコースに次いで
傾斜がきつい坂が設けられている。
ラスト220mはほぼ平坦。ダートコース全体の高低差は3.4m。
最後の直線距離は410.7m。
東京競馬場に次いで二番目の長さとなった。
1800mは中央場所でスタンダードとなっているダート中距離。
上級クラスでは平均から速めのペースで流れるのが基本。
一定のスピードを最後まで持続できるかどうかという、
いかにもダート戦らしい資質が要求される。
大きいコースのため逃げ切りは難しく、
先行抜け出しが王道。
差しは決まるが、追い込みは厳しい。
下級条件ではスローペースになることが多々あるので注意が必要。
その場合は先手を奪った馬がそのまま逃げ切る可能性が高い。
枠順はほぼフラットだが、不思議と中枠、
特に10番ゲートの勝率が図抜けて高い。
今後も見守っていきたい特徴。

好走脚質→逃げ(勝率:20.8%)(複勝率:46.0%)

 

 

【東海ステークス2019】展開・印付き予想

<展開予想>

ペース:ミドル
逃げ0407
好位051108
中位03011002
後方09061312

 

<印付き予想>

◎03チュウワウィザード

ここまで通算【5.1.2.0】。
こちらも伸びゆく可能性を感じさせる素質馬。
前走の名古屋グランプリでは重賞初挑戦初制覇。ミ
ツバをキッチリと捉え、
逃げたグリムを2馬身半突き放したのだから強かった。
本質的には決め手自慢のタイプだが、
自在味も備えているだけに、
ここも展開不問で確実に上位争いが見込めるだろう。

〇04インティ

ここまで6戦5勝の戦績。
敗れたのは既走馬相手に出遅れたデビュー戦だけで、
2戦目以降は5連勝の快進撃だ。
しかも、5連勝のどれもが圧勝・完勝で、準オープン昇級の
前走でも2着に5馬身差。
その2着馬が次走を快勝しているのだから、
資質の高さが窺い知れる。
まだ若さを感じさせる走りだが、
それだけに伸長余地も十分。
今後のダート界を背負う逸材にとって、
初の重賞挑戦となるここも通過点に過ぎない。

▲07アンジュデジール

JBCレディスクラシック制覇に続き、
牡馬の強豪相手だったチャンピオンズCでも4着。
ここにきて本当に力をつけてきた。
舞台は引き続き中京1800メートル。
再びマイペースが叶えば、押し切りのシーンまである。

☆05スマハマ

8カ月のブランク明け。
仕上がりを見極める必要はあるだろう。
ただ、同じく休養明けだった昨春の青竜Sは、
グリムとアタマ差の2着で、抑え込んだ3着馬がオメガパフュームだった。
鉄砲は利きそうだし、能力も相当に高い。
ここまでのオープン2戦はどちらも1600メートルだけに、
この距離の重賞でどうかだが、
立ち回り次第ではいきなり勝ち負けになる。

人気ブログランキングへ

前走は、長欠明けで距離も足りなかった。
参考外と見たい。
再び間隔を開けて立て直し、
重賞制覇の舞台へ参戦。
大きく変わってくる可能性はある。

△0206080910

穴馬は

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬→人気ブログランキングへ

 

スポンサーリンク