Pocket

今回は、東京新聞杯2019の予想と

過去データの傾向と対策、

データ分析(10年)から狙える馬を中心とした記事

書いていきたいと思います。

東京2週目は日曜メインに東京新聞杯が行われる。

オフシーズンのG3だが、

安田記念やヴィクトリアマイルと

同コースで行われる上半期唯一の古馬重賞ゆえか、

G1戦線を戦ってきた馬たちの参戦も少なくなく、

マイル路線の重要レースで、今年も一流馬がそろった。

施行コースの東京芝1600mは2コーナーからスタートして

3コーナーまで550mほどあるため、

ポジション争いはそれほど激しくならない。

しかしながら、息を入れたい3コーナー手前からの

下り坂でペースが落ちないことに加え、

525mの最後の直線には急坂が待ち構えているので、

スピードだけでなく底力も試される。

今年の東京新聞杯2019を制するのはどの馬なのか、

ここでは、過去データの傾向と対策、

データ分析(10年)から狙える馬

探っていきたいと思います。

 

 

【東京新聞杯2019予想】過去データの傾向と対策│データ分析(10年)から狙える馬

 

<人気順別成績>
人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 【0.1.2.7】 0.0% 10.0% 30.0%
2番人気 【2.0.2.6】 20.0% 20.0% 40.0%
3番人気 【3.1.0.6】 30.0% 40.0% 40.0%
4番人気 【0.1.1.8】 0.0% 10.0% 20.0%
5番人気 【3.3.1.3】 30.0% 60.0% 70.0%
6番人気 【0.1.1.8】 0.0% 10.0% 20.0%
7番人気 【0.1.1.8】 0.0% 10.0% 20.0%
8番人気 【2.0.0.8】 20.0% 20.0% 20.0%
9番人気 【0.1.1.8】 0.0% 10.0% 20.0%
10番人気 【0.0.0.10】 0.0% 0.0% 0.0%
11番人気 【0.0.1.8】 0.0% 0.0% 11.1%
12番人気 【0.0.0.9】 0.0% 0.0% 0.0%
13番人気 【0.0.0.9】 0.0% 0.0% 0.0%
14番人気 【0.0.0.9】 0.0% 0.0% 0.0%
15番人気 【0.1.0.6】 0.0% 14.3% 0.0%

2009年以降で3連単10万円超の配当が
3度出現している波乱レースである。
過去10年で1番人気は未勝利と信頼度に欠ける。
2着1回、3着2回と1番人気に推された馬にとっては
非常に厳しいデータが出ている。
これに対して好走が目立つのは、
3勝、2着3回、3着1回の5番人気。
3勝、2着1回の3番人気。
そして、8番人気が2勝するなど、
6番人気以下の好走が
穴馬券を演出している点も見逃せない。
前走オープン特別または重賞で4番人気以内だった馬が、
2勝、2着4回、3着2回と好成績を挙げている。
人気薄も積極的に狙っていけるレース。

 

<枠順別成績>
着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 【1.1.3.13】 5.6% 11.1% 27.8%
2枠 【1.3.0.13】 5.9% 23.5% 23.5%
3枠 【4.2.0.13】 21.1% 31.6% 31.6%
4枠 【3.0.2.14】 15.8% 15.8% 26.3%
5枠 【0.1.1.17】 0.0% 5.3% 10.5%
6枠 【0.1.1.16】 0.0% 5.3% 15.8%
7枠 【0.2.1.17】 0.0% 10.0% 15.0%
8枠 【1.0.1.17】 5.3% 5.3% 10.5%

3コーナーまで距離があり、
枠による有利不利がないとされる東京芝1600mだが、
2009年以降のこのレースにおいては1~4枠の9勝に対し、
5~8枠は1勝と明らかに内枠が有利となっている。
秋開催から約2カ月あいた開催2週目で
まだ馬場が荒れておらず、なおかつコーナーでの
距離ロスが発生しやすいDコース開催であることが
要因として挙げられる。
前へ行った馬が好成績なことと合わせ、
この特徴もキッチリ押さえておきたい。

 

<脚質別成績>
脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率
逃げ 【2.1.0.7】 20.0% 30.0% 30.0%
先行 【3.2.4.26】 8.6% 14.3% 25.7%
差し 【5.3.4.45】 8.8% 14..0% 21.1%
追い込み 【0.4.2.42】 0.0% 8.3% 12.5%

 

<上がり3F別成績>
上がり3F 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1位 【1.4.0.7】 8.3% 41.7% 41.7%
2位 【2.2.2.5】 18.2% 36.4% 54.5%
3位 【0.0.3.8】 0.0% 0.0% 27.3%
~5位 【5.2.1.10】 27.8% 38.9% 44.4%
6位~ 【2.2.4.89】 2.1% 4.1% 8.2%

 

<4角位置別成績>
4角位置 着別度数 勝率 連対率 複勝率
4角1番手 【2.1.0.7】 20.0% 30.0% 30.0%
2番手以内 【3.1.1.18】 13.0% 17.4% 21.7%
3番手以内 【4.2.3.26】 11.4% 17.1% 25.7%
4番手以内 【5.3.4.33】 11.1% 17.8% 26.7%
5番手以内 【5.4.6.45】 8.3% 15.0% 25.0%
7番手以内 【8.5.7.58】 10.3% 16.7% 25.6%
10番手以内 【10.6.8.81】 9.5% 15.2% 22.9%
2番手以下 【8.9.10.113】 5.7% 12.1% 19.3%
3番手以下 【7..9.9.102】 5.5% 12.6% 19.7%
4番手以下 【6.8.7.94】 5.2% 12.2% 18.3%
5番手以下 【5.7.6.87】 4.8% 11.4% 17.1%
7番手以下 【5.5.3.73】 5.8% 11.6% 15.1%
10番手以下 【2.4.3.47】 3.6% 10.7% 16.1%
13番手以下 【0.3.1.24】 0.0% 10.7% 14.3%
16番手以下 【0.0.0.3】 0.0% 0.0% 0.0%

直線が長く、差し・追込が有利とされる東京芝1600mだが、
このレースに限っては先行勢も侮れない。
特に逃げ馬は2009年以降、2勝、2着1回で、
4角4番手以内の馬が5勝している。
イメージ以上に先行馬が好成績を残している。
もちろん、差し馬がダメなわけではなく、
4角10番手以下から差し切った馬も2頭いて、
決まり手はバラエティに富んでいる。
東京芝マイル戦と言えば
好タイム決着というイメージがあるが、
それは春や秋開催のこと。
冬開催のここは少し時計のかかる馬場となり、
上がりの切れ脚だけでは届かないのである。

 

<斤量別成績>
斤量 着別度数 勝率 連対率 複勝率
56.0㎏ 【5.7.8.78】 5.1% 12.2% 20.4%
55.0㎏ 【3.1.0..5】 33.3% 44.4% 44.4%
57.0㎏ 【2.2.2.22】 7.1% 14.3% 21.4%
59.0㎏ 【0.0.0.1】 0.0% 0.0% 0.0%
60.0㎏ 【0..0.0.1】 0.0% 0.0% 0.0%

 

<年齢別成績>
年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率
4歳 【4.4.4.24】 11.1% 22.2% 33.3%
5歳 【2.3.5.31】 4.9% 12.2% 33.3%
6歳 【4.2.0.29】 11.4% 17.1% 17.1%
7歳 【0.1.1.26】 0.0% 3.6% 7.7%
8歳 【0.0.0.9】 0.0% 0.0% 0.0%
9歳 【0.0.0.1】 0.0% 0.0% 0.0%

過去10年、4歳馬と6歳馬が4勝ずつ。
5歳馬は2勝と前記2世代に勝鞍では劣るが
3着は5回と世代別で最も多く、
複勝率は6歳馬を上回る。
7歳以上は大きく割引で、馬券絡みはわずか2頭。
どちらもこのレースで2着に入った経験を持っていた。

 

<前走レース別成績>
レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率
エリザベス杯 【3.0.0.1】 75.0% 75.0% 75.0%
ニューイヤー 【2.3.2.15】 9.1% 22.7% 31.8%
京都金杯 【1.2.3.29】 2.9% 8.6% 17.1%
阪神カップ 【1.0.3.11】 6.7% 6.7% 26.7%
マイルCS 【1.0.1.12】 7.1% 7.1% 14.3%

 

<前走距離別成績>
距離別 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1600m 【6.8.6.76】 6.3% 14.6% 20.8%
2200m 【3.0.0.2】 60.0% 60.0% 60.0%
1400m 【1.0.3.14】 5.6% 5.6% 22.2%
2000m 【0.1.1.10】 0.0% 8.3% 16.7%
3000m 【0.1.0.0】 0.0% 100.0% 100.0%

 

<レース間隔別成績>
間隔 着別度数 勝率 連対率 複勝率
中10週以上 【4.1.0.31】 11.1% 13.9% 13.9%
中5週 【2.1.1.10】 14.3% 21.4% 28.6%
中2週 【1.3.1.16】 4.8% 19.0% 23.8%
中3週 【1.1.3.22】 3.7% 7.4% 18.5%
中1週 【1.0.1.5】 14.3% 14.3% 28.6%

オフシーズンのG3だが、安田記念やヴィクトリアマイルと
同コースで行われる上半期唯一の古馬重賞ゆえか、
G1戦線を戦ってきた馬たちの参戦も少なくない。
最も注目となるローテーションは
過去に4頭が出走して3勝という驚異的な
勝率を誇るエリザベス女王杯からの参戦。
昨年はリスグラシューが制したが、
残念ながら今年は該当馬がいない。
その他では秋のG1もしくはG2の阪神カップ、
同距離の京都金杯、ニューイヤーS組がほぼ互角となっている。
また、準オープンを勝った勢いで
重賞制覇を果たした馬も2頭いて、
その勢いは侮れない。

 

<前走着順別成績>
前走着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1着 【3.3.1.19】 11.5% 23.1% 26.9%
2着 【2.1.2.9】 14.3% 21.4% 35.7%
3着 【0.0.2.11】 0.0% 0.0% 15.4%
4着 【0.0.1.7】 0.0% 0.0% 12.5%
5着 【2.2.2.9】 13.3% 26.7% 40.0%
6~9着 【3.3.1.28】 8.6% 17.1% 20.0%
10着~ 【0.1.1.37】 0.0% 2.6% 5.1%

前走から連勝を果たした馬は過去10年で3頭。
うち2頭は前走で準オープンを勝って
連勝で重賞制覇を果たした。
穴党注目は前走6着以下に敗れた馬の巻き返しで、
10着以下であれば3勝、2着3回と
このレースでリベンジに成功している。
昨年のリスグラシューは3番人気だったが、
それ以外の5番人気以下で、
多くは重賞3着もしくはオープン2着以内の実績を持っていた。
前走の着順で評価が急落している馬は狙い目。

 

 

【東京新聞杯2019予想】過去データの傾向と対策│データ分析(10年)から狙える馬まとめ

今回は、東京新聞杯2019の予想と

過去データの傾向と対策、

データ分析(10年)から狙える馬

探ってきました。

その中でも、狙える馬

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬→人気ブログランキングへ

キャリア、臨戦過程から狙ってみたい
過去にも前走●●●勝ち馬が2勝している。
素質は高く評価されてきた馬で、
重賞でも通用するだろう。

スポンサーリンク