Pocket

今回は、東京新聞杯2019の

無料・公開予想と展開・印付き予想、

コース分析(東京芝1600m)を

中心とした記事を書いていきたいと思います。

東京2週目は日曜メインに東京新聞杯2019が行われる。

オフシーズンのG3だが、

安田記念やヴィクトリアマイルと

同コースで行われる上半期唯一の古馬重賞ゆえか、

G1戦線を戦ってきた馬たちの参戦も少なくなく、

マイル路線の重要レースで、今年も一流馬がそろった。

今年の東京新聞杯2019を制するのはどの馬なのか、

ここでは、東京新聞杯2019の

無料・公開予想と展開・印付き予想、

コース分析(東京芝1600m)

書いていきます。

 

その前に、東京新聞杯2019について

調教・最終追い切りの記事と

過去データの傾向・分析

書いているので

合わせて読んで予想の参考に

してみてください。

【東京新聞杯2019】予想│出走馬の調教・最終追い切り評価・分析から狙える馬

 

【東京新聞杯2019】予想│出走馬の調教・最終追い切り評価・分析から狙える穴馬

 

【東京新聞杯2019予想】過去データの傾向と対策│データ分析(10年)から狙える馬

 

【東京新聞杯2019予想】過去データの傾向と対策│データ分析(10年)から狙える馬

 

【東京新聞杯2019予想】コース分析(東京芝1600m)

スタート地点は向正面直線の右奥。
最初の3コーナーまでの直線距離は約542m。
3コーナー手前にさしかかるところで緩い上り坂。
3~4コーナーにかけては下り坂になっている。
最後の直線に入ると、途中からなだらかな上り坂(高低差2.1m)。
東京競馬場全体の高低差は2.7mある。
最後の直線距離は525.9mで、
新潟の外回りコースに次ぐ長さ。
例年、Dコースは1~2月に使用され、
芝内側部分を保護している。
上がり3ハロンの水準は各クラス34秒台で差があまりない。
その代わり前半3ハロンと中盤の厳しさの差が、
クラスの差になり、走破時計に影響を及ぼす。
スタートからゴールまで高いレベルのスピードと
末脚の持続力が必要になる。
クラスが下がると中盤までのペースが緩みがちになるので、
前に行った馬が残りやすくなる。
枠順はほぼフラット。
多頭数の8枠のみ少し成績が悪い。

好走脚質→逃げ(勝率:14.2%)(複勝率:39.2%)

 

 

【東京新聞杯2019予想】無料・公開予想│展開・印付き予想

<展開予想>

ペース:スロー
逃げ1203
好位1009
中位02一団
後方080701

 

<印付き予想>

◎05タワーオブロンドン

朝日杯FS3着。
アーリントンCではパクスアメリカーナを負かした。
NHKマイルCでは不利が重なり力を出し切れなかったが、
マイルでは世代トップクラスの能力。
6カ月半ぶりのキャピタルSでクビ差の惜しい2着だったし、
ひと息入ったものの力は出せそうだ。

 

〇15レイエンダ

日本ダービー馬の弟レイエンダ。
休養を挟みながらデビューから3連勝。
重賞初挑戦のセントライト記念で2着し、
高い能力を示してきた。
チャレンジCで初めて連対を外すこととなったが、
キャリアを思えばこれからの馬。
初のマイル起用で新味が出るか。

 

▲10ロジクライ

マイルCSのロジクライは
アエロリットの2番手から。
控える競馬で力みが見られたし、
二桁着順でも0秒6差。
大敗というほどではない。
東京1600メートルではハナ差の2着争いに
2馬身差をつけた富士Sが圧倒的な強さだったし、
中京記念でレコードの2着したように
左回りマイルで良績が目を引く。
年明け緒戦になるが、先週坂路で50秒7の好時計。
中京記念が3カ月ぶりだったし、いきなりでも。

 

☆06レッドオルガ

中京3勝、東京2勝の左回り巧者。
中山のターコイズSでは小回りで
不利な位置を強いられながら0秒3差まで追い上げた。
牡馬相手でも決め手は見劣りせず、
差し馬向きの流れになれば大きく台頭。

 

人気ブログランキングへ

 

△02インディチャンップ

熱発して元町Sが5カ月ぶり。
昇級戦でも1番人気に支持され、
3馬身差をつけた勝ちっぷりが強かった。
毎日杯でブラストワンピースの3着した素質馬が軌道に乗り、
重賞でもまったく見劣りは感じられない。
左回りは中京で経験しているし、
体調面の上積みを見込めば。

 

△01サトノアレス

2歳時ほどの活躍が見られないが、
昨年当レースでリスグラシューの2着し、安田記念は4着。
東京1600メートルが向くことは明らかだろう。
前走の阪神Cは6カ月半ぶりの影響もあったのだろうが、
後手に回って気分良く走ることができなかった。
良績のある舞台で改めての期待。

 

△0911121314

穴馬は

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬→人気ブログランキングへ

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク