Pocket

今回は、東京大賞典2018の無料・公開予想と

展開・印付き予想と出走馬分析を

中心とした記事を書いていきたいと思います。

2018年ダート路線の総決算。

GⅠ4勝馬ゴールドドリームをはじめ、

JBCクラシックを制したケイティブレイブ、

一昨年の覇者アポロケンタッキーや

勢いあるオメガパフュームなど、

JRA勢は多彩なメンバーが顔を揃えた。

地方勢からは移籍初戦となる

15年の勝ち馬サウンドトゥルーが参戦。

今年の暮れの大井で

東京大賞典2018を制するのは

どの馬になるのか、

ここでは、東京大賞典2018無料・公開予想と

展開・印付き予想と出走馬分析

書いていきます。

 

まずは、枠順とオッズから、

見ていきます。

【東京大賞典2018】枠順

1枠1番マイネルリボーン
1枠2番ケイティブレイブ
2枠3番スーパーテション
2枠4番モジアナフレイバー
3枠5番オメガパフューム
3枠6番エイコーン
4枠7番サウンドトゥルー
4枠8番ヤマミダンス
5枠9番フレアリングダイヤ
5枠10番リーゼントロック
6枠11番クリソライト
6枠12番ワークアンドラブ
7枠13番ゴールドドリーム
7枠14番コスモプラシデス
8枠15番グルームアイランド
8枠16番アポロケンタッキー

 

【東京大賞典2018】オッズ

1番人気ゴールドドリーム      2.0
2番人気オメガパフューム      3.1
3番人気ケイティブレイブ      4.3
4番人気エイコーン              14.6
5番人気サウンドトゥルー     19.2
6番人気アポロケンタッキー  38.5
7番人気スーパーテーション  44.7
8番人気クリソライト           50.0
9番人気モジアナフレイバー  51.9

 

 

【東京大賞典2018無料・公開予想】出走馬分析

<ゴールドドリーム>

今春はかしわ記念、帝王賞を連勝し、
改めてダート最強を証明した。
しかし、前走のマイルCS南部杯で年下の
ルヴァンスレーヴに敗れると、
リベンジを誓ったチャンピオンズカップは
無念の回避。
そのレースを完勝したルヴァンスレーヴに、
ダート王の座を奪われてしまった。
再び王座に戻るためにも、
直接対決まで他の馬には負けられない。
チャンピオンズカップ回避後は、
放牧に出して立て直した。
帰厩舎は順調だが、まったく前兆が
なかったことを考慮して、
今回は、いつも以上に慎重に進めている。
1週前追い切りの動きは悪くなかったし、
力は出せる状態。
決して簡単な相手ではないが、
舞台実績もあるので実力を発揮できれば
勝ち負けできるだろう。

 

<ケイティブレイブ>

前走のチャンピオンズカップでは
まさかの11着大敗。
前走は展開が合わなかっただけで、
力負けではない。
1週前にしっかりと負荷をかけて追い切り、
動きも良かった。
実績のある大井競馬場で
巻き返しに期待。
交流重賞では【8.4.2.1】と
抜群の実績を残しており、
力さえ出し切れば好走は
間違いない。

 

<オメガパフューム>

今年1月デビュー以降、
シリウスステークス勝利のほか、
ジャパンダートダービーとJBCクラシックで
2着と順調にステップアップを遂げた。
さらなる高みを目指すためにも、
ここでビッグタイトルを手にしたい。
前走は他の馬がゲートで暴れたのに
反応してレースでのプランが崩れてしまった。
前走もコンディションは良かったし、
今回も同じくらいではいける。

 

<アポロケンタッキー>

不振にあえいでいる。
今年は初戦の川崎記念で2着となり
好スタートを切ったように思えたが、
その後のGⅠクラスでは
3戦連続2桁着順と大敗続きとなっている。
チャンピオンズカップはペースが
合わなかった。
最近は内枠になることが多いが、
砂を被るとためなので
そのあたりが成績に
ムラがでてしまう原因。
道中スムーズに運べれば
変わり身はあるだろう。
今回その枠に入れたのは
確実にプラス。

 

<クリソライト>

今年初出走がJBCクラシック。
さすがに久々では厳しかった。
前走の浦和記念では、
3着に好走し底力を見せた。
今回は更に上積みもあり
このメンバーでも期待できる。

 

<エイコーン>

オープンクラス初出走で
いきなりGⅠに挑む。
夏を境に成長し秋から完全に軌道に乗った。
いきなりのGⅠ挑戦は楽ではないが、
適度に間隔をあけており、
今の状態は良い。

 

<リーゼントロック>

この時期がいい馬で、
確実に状態をあげてきている。
一級戦と一緒に走るので、
相手関係は楽ではないが、
地方の力のいる馬場は
この馬にはいいだろう。

 

<サウンドトゥルー>

GⅠ3勝を誇るサウンドトゥルー。
南関への転入初戦を迎える。
豪快な末脚が持ち味で、
前走のJBCクラシックでも
0秒5差の5着。
8歳でも衰えとは無縁の走りを
見せている。
日に日に気合が乗ってきて、
コンディションを上げてきている。
重め感もなく能力は
発揮できる。

 

 

【東京大賞典2018無料・公開予想】展開・印付き予想

<展開予想>

ペース:ミドル
逃げ080302
好位131110
中位一団
後方150114

<印付き予想>

◎05オメガパフューム
〇02ケイティブレイブ
▲06エイコーン
人気ブログランキングへ
△03071316

☆の馬は

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬→人気ブログランキングへ

前走は、持ったままで先頭に並びかけ
一瞬の内に他馬を突き放した。
前走の内容は圧巻で、
GⅠのここでも軽くは扱えない。

 

それでは、2018年良い競馬納めとしましょう。

来年はもっと研究し頑張っていきますので、

よろしくお願いいたします。

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク