Pocket

今回は、東京スポーツ杯2歳ステークス2018の予想と

出走馬の調教・最終追い切り評価・分析から

狙える馬を中心とした記事

書いていきたいと思います。

東京では土曜メインに

東京スポーツ杯2歳ステークスが行われる。

ローテーション的にここを逃すとダービー開催まで

東京コースを経験できない

可能性もあるため、

関西馬を中心に翌春のクラシックを

意識した馬たちの参戦が目立つ一戦。

過去10年の勝ち馬からは、ディープブリランテ、ワグネリアンと

2頭のダービー馬を含むGI馬7頭が

誕生している出世レース。

今年も楽しみな素質馬が顔をそろえた。

今年の、東京スポーツ杯2歳ステークス2018を制し、

今後の出世街道へ前進する馬は、

どの馬になるのか、

ここでは、出走馬の調教・最終追い切りの

評価・分析をし狙える馬

探っていきたいと思います。

 

また、東京スポーツ杯2歳ステークス2018の記事は

他にも書いているので、合わせて

読んでみてください。

【東京スポーツ杯2歳ステークス2018】予想│出走馬分析~出世街道へ前進するのはこの馬~

 

【東京スポーツ杯2歳ステークス2018】予想│出走馬分析~出世街道へ前進するのはこの馬~

 

【東京スポーツ杯2歳ステークス2018】出走馬の調教・追い切り評価・分析から狙える馬

1.ハクサンタイヨウ

(前回) 10/17 美南W 稍 馬なり余力
→85.5 70.1 55.4 40.9 12.9 [8]

11/7 美南W 稍 馬なり余力
→70.2 55.2 40.9 14.2 [8]

11/14 美南W 良 一杯に追う
→68.9 54.4 40.1 13.2 [8]

【最終追い切り評価】

脚さばきに素軽さは出てきたが、
気配がなかなか上向いてこない。
前走程度。

 

2.ニシノデイジー

(前回) 8/29 札幌ダ 良 馬なり余力
→68.4 52.6 38.1 12.4 [6]

11/7 美南W 稍 G前仕掛け
→68.4 53.9 39.1 12.7 [6]
ドウカンヤマ(古1000万)馬なりの内2.1秒追走0.6秒先着

11/11 美坂 良 馬なり余力
→2回 57.0 40.8 26.8 13.3

11/14 美南W 良 馬なり余力
→69.5 53.6 39.3 12.8 [6]
アナザートゥルース(古1600万)一杯の内0.4秒追走アタマ先着

【最終追い切り評価】

入念に乗り込まれて、
直前は持ったままパートナーを圧倒。
いきなり動ける。

 

3.カテドラル

(前回) 9/12 栗坂 稍 馬なり余力
→1回 56.0 40.3 25.3 12.3

11/7 栗CW 良 馬なり伸る
→83.6 67.4 52.3 38.3 11.9 [6]
モーヴサファイア(古1000万)馬なりの内0.5秒追走0.2秒遅れ

11/11 栗CW 良 馬なり余力
→75.7 59.9 44.9 12.7 [8]

11/14 栗坂 良 馬なり余力
→1回 54.2 39.2 25.0 12.2

【最終追い切り評価】

間隔はあいたが、乗り込みは入念。
今週もキビキビと活気十分。
態勢整う。

 

4.アガラス

(前回) 8/8 函館W 良 馬なり余力
→68.3 53.3 39.2 12.7 [6]

11/7 美南W 稍 馬なり余力
→67.9 53.9 40.3 13.6 [6]

11/11 美南W 稍 馬なり余力
→68.0 51.6 38.1 12.8 [4]
ロジヒューズ(古500万)馬なりの内0.6秒追走同入

11/14 美南W 良 馬なり余力
→68.8 53.0 39.0 13.0 [7]
エムオーグリッタ(古1000万)末強目の外0.5秒先行同入

【最終追い切り評価】

3頭併せの真ん中で
うなるような手応え。
手脚がよく伸びて推進力も抜群。

 

5.ヴァンドギャルド

(前回) 9/19 栗芝 良 馬なり余力
→68.6 52.3 37.4 11.5 [2]

11/7 栗CW 良 馬なり余力
→84.9 67.6 52.6 38.9 12.2 [8]
ロードアブソルート(新馬)一杯の内0.9秒追走クビ先着

11/11 栗坂 良 馬なり余力
→1回 57.4 39.9 25.1 12.0

11/14 栗CW 良 一杯に追う
→80.5 65.3 50.5 37.0 12.0 [5]
フランドル(古1000万)一杯の内2.3秒追走0.2秒先着

【最終追い切り評価】

速いラップを刻みながらも、
直線は弾むようなフォームで先着した。
上積み大。

 

6.トーラスジェミニ

(前回) 10/31 美南W 良 馬なり余力
→53.9 39.2 12.7 [9]

11/14 美南W 良 馬なり余力
→55.7 40.2 13.2 [6]
ニットウヴィクスン(二未勝)強目の内0.6秒追走同入

【最終追い切り評価】

かなりタイトなローテでも
疲れは一切感じさせない。
この中間も順調そのもの。

 

7.ヴェロックス

(前回) 9/12 栗CW 稍 一杯追伸る
→84.4 68.4 53.5 39.1 11.8 [7]

11/7 栗CW 良 馬なり余力
→83.4 67.2 52.4 38.0 11.4 [6]
サヴィ(古1000万)一杯の内を0.4秒追走5F併アタマ先着

11/11 栗CW 良 馬なり余力
→67.7 50.3 36.0 11.8 [5]
ゼンノワスレガタミ(古1000万)馬なりの内2.4秒追走同入

11/14 栗CW 良 馬なり伸る
→84.6 67.4 51.8 38.0 11.5 [7]
アイネバーフェイル(古500万)馬なりの内を0.5秒追走3F併クビ先着

【最終追い切り評価】

走りに余裕が感じられ、
伸び脚も抜群。
調教本数も十分にこなした。
文句なし。

 

8.トーセンギムレット

(前回) 10/31 美南W 良 馬なり余力
→52.2 38.5 13.0 [5]

11/14 美南W 良 直強目追う
→68.7 53.1 38.8 12.9 [8]
シアトルトウショウ(古500万)馬なりの内1.2秒追走同入

【最終追い切り評価】

中1週でも併せ馬で
意欲的な攻めを消化。
硬さは見られず、元気いっぱい。

 

9.ダノンラスター

(前回) 10/4 美南W 良 馬なり余力
→54.8 39.4 13.0 [6]

11/8 美南W 良 強目に追う
→86.2 69.5 54.5 39.9 13.5 [5]
サトノヴィクトリー(古1000万)一杯の内同入

11/11 美坂 良 馬なり余力
→1回 56.1 41.0 26.7 13.4

11/14 美南W 良 一杯に追う
→53.2 38.4 12.8 [4]
ストロングレヴィル(古500万)馬なりの内0.7秒追走0.4秒遅れ

【最終追い切り評価】

重心の低いフットワークで、
前走よりもしっかり動けている。
上積みは十分。

 

10.クリノガウディー

(前回) 10/3 栗坂 良 馬なり余力
→1回 53.3 38.9 25.9 13.6

11/4 栗坂 良 馬なり余力
→1回 62.4 44.8 29.1 14.2

11/8 栗坂 良 一杯に追う
→1回 51.8 38.5 25.5 12.8

11/14 栗坂 良 一杯に追う
→1回 51.9 37.7 24.4 12.1

【最終追い切り評価】

ハロー直後とはいえ、
力強い脚さばきで好時計。
ラストも俊敏に伸びた。

 

11.ナイママ

(前回) 8/26 門別本 不 直強目追う
→74.0 61.4 49.9 37.5 13.3 [3]

10/30 川崎調教場 良 馬なり余力
→69.7 51.8 38.7 12.5 [7]
ガリバルディ(川崎)馬なりの内同入

11/6 川崎本 稍 末一杯追う
→64.2 50.2 38.0 12.4 [3]
アップドラフト(川崎)一杯の内0.6秒先着

11/13 川崎調教場 重 一杯に追う
→63.5 50.1 37.9 12.7 [6]

【最終追い切り評価】

手応えにお釣りを残して
上々の時計をマーク。
馬体の張りも良く態勢は整った。

 

12.ホウオウサーベル

(前回) 8/8 美南W 稍 馬なり余力
→52.9 38.6 13.4 [4]

11/7 美南W 稍 一杯に追う
→53.7 39.5 12.9 [4]
ヘヴンズコーヴ(二未勝)直一杯の内0.8秒追走0.1秒先着

11/11 美南W 稍 馬なり余力
→56.4 41.2 14.2 [3]
ホマレ(古500万)馬なりの内2.2秒追走同入

11/14 美南W 良 強目に追う
→52.1 38.1 12.8 [3]
ペレ(二未勝)馬なりの内0.8秒追走0.1秒先着

【最終追い切り評価】

3週続けて気合をつけ、
攻めの強度を上げてきた。
体つきも良くなっている。

 

13.メイスンハナフブキ

(前回) 9/12 美坂 稍 馬なり余力
→1回 53.1 39.2 26.1 13.4

11/8 美南W 良 馬なり余力
→72.2 56.2 41.8 13.6 [8]

11/11 美南P 良 馬なり余力
→74.0 58.0 43.9 14.0 [5]

11/14 美南P 良 馬なり余力
→58.5 43.3 13.4 [4]

【最終追い切り評価】

馬体のキープと息をつくる調整。
滑らかなフォームで張りもいい。
出来は良い。

 

14.アドマイヤスコール

(前回) 10/11 美坂 稍 馬なり余力
→2回 62.8 46.2 30.0 14.8

11/7 美南W 稍 馬なり余力
→68.0 53.1 39.0 14.1 [6]
グレンツェント(古オープン)直強目の内0.8秒追走0.6秒遅れ

11/11 美坂 良 馬なり余力
→2回 59.6 44.6 29.7 14.9

11/14 美南W 良 G前仕掛け
→68.2 53.1 38.4 13.5 [6]
チャピ(二未勝)馬なりの内1.2秒追走同入

【最終追い切り評価】

攻め駆けする馬を
目標にしっかり負荷をかけられた。
体が締まって、気配良化。

 

15.ルヴォルグ

(前回) 10/24 美南W 稍 馬なり余力
→52.7 39.5 13.2 [7]

11/6 美坂 重 馬なり余力
→1回 62.8 46.1 30.5 14.9

11/14 美南W 良 馬なり余力
→57.1 41.5 13.1 [7]
オスカーホール(二未勝)馬なりの内0.8秒追走同入

【最終追い切り評価】

ソフトな仕上げでも、
体に緩みは見られず、
ラストの加速も滑らか。好気配。

 

16.ゴータイミング

(前回) 9/26 栗坂 良 末強目追う
→1回 54.1 40.1 26.5 13.5

11/7 栗CW 良 一杯に追う
→82.0 66.3 52.3 39.0 12.3 [6]
ルプリュフォール(新馬)一杯の内3.0秒追走0.6秒遅れ

11/11 栗CW 良 馬なり余力
→55.3 41.2 14.1 [8]

11/14 栗CW 良 一杯追伸る
→87.5 69.8 53.9 40.0 11.8 [9]

【最終追い切り評価】

しまい重点に追われて鋭い伸びを発揮。
中間の負荷も十分。力を出せる態勢だ。

 

 

【東京スポーツ杯2歳ステークス2018】出走馬の調教・最終追い切り評価・分析から狙える馬まとめ

今回は、東京スポーツ杯2歳ステークス2018

出走馬の調教・最終追い切り

評価・分析から狙える馬を探ってきました。

その中で、調教・最終追い切りが

良かった馬

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬人気ブログランキングへ

調教では道中はずっと抑えたまま。

首を低く下げて、

力溢れるフットワーク。

この調教・最終追い切りで折り合いの課題は、

大丈夫だろう。

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク