Pocket

今回は、東京スポーツ杯2歳ステークス2018の予想と

出走馬分析~出世街道へ前進するのはこの馬~を

中心とした記事を書いていきたいと思います。

東京では土曜メインに

東京スポーツ杯2歳ステークス2018が行われる。

ローテーション的にここを逃すとダービー開催まで

東京コースを経験できない

可能性もあるため、

関西馬を中心に翌春のクラシックを

意識した馬たちの参戦が目立つ一戦。

過去10年の勝ち馬からは、ディープブリランテ、ワグネリアンと

2頭のダービー馬を含むGI馬7頭が

誕生している出世レース。

今年も楽しみな素質馬が顔をそろえた。

今年の、東京スポーツ杯2歳ステークス2018を制し、

今後の出世街道へ前進する馬は、

どの馬になるのか、

ここでは、出走馬分析をし

出世街道へと行く馬を

探っていきたいと思います。

 

まずは、予想オッズと枠順から見ていきます。

【東京スポーツ杯2歳ステークス2018】予想オッズ

1番人気ルヴォルグ               2.6
2番人気ヴェロックス            3.5
3番人気カテドラル               4.7
4番人気ダノンラスター   7.3
5番人気ホウオウサーベル    9.3
6番人気ヴァンドギャルド     16.9
7番人気ゴータイミング        20.8
8番人気ニシノデイジー        27.0
9番人気ナイママ             31.5

一桁人気馬の予想オッズはこのようになってます。

 

【東京スポーツ杯2歳ステークス2018】枠順

1枠1番ハクサンタイヨウ
1枠2番ニシノデイジー
2枠3番カテドラル
2枠4番アガラス
3枠5番ヴァンギャルド
3枠6番トーラスジェミニ
4枠7番ヴェロックス
4枠8番トーセンギムレット
5枠9番ダノンラスター
5枠10番クリノガウディー
6枠11番ナイママ
6枠12番ホウホウサーベル
7枠13番メイスンハナフブキ
7枠14番アドマイヤスコール
8枠15番ルヴォルグ
8枠16番ゴータイミング

 

【東京スポーツ杯2歳ステークス2018】予想│出走馬分析~出世街道へ前進するのはこの馬~

<ルヴォルグ>

勝ち時計は新馬戦の
流れなので目立つほどではないが、
スンナリ好位につけると
アタマ差の2着争いを
尻目に4馬身。
直線は気合をつけた程度で
圧倒的な勝ちっぷりだった。
大型のディープ産駒。
十分に乗り込まれての出走だったが、
まだまだ奥がありそう。
東京1800mの同じ舞台。
勿論時計は詰まるだろう。

 

<ヴェロックス>

小倉の新馬戦で8馬身差。
終い11秒3-11秒3のラップで
後続を突き放した。
2戦目の野路菊Sは6頭立ての小頭数。
スローで逃げた勝ち馬との
差が詰まらなかったが、
後続には3馬身差をつけた。
悪い内容ではない。
好位で折り合いがつき、
レースぶりに安定感十分。

 

<ダノンラスター>

新馬は大逃げの好位から。
前との差を思うと
実質かなり緩い流れだったが、
スムーズに折り合いがついた。
初戦としては申し分ないレース運びを
見せ、完成度が高い。
鞍上は距離が伸びても、
とコメントの残したが、
逆に1ハロン短縮されても
上手にレースが出来そう。

 

<ニシノデイジー>

新馬戦こそ逃したが、
未勝利、札幌2歳Sと連勝した。
その前走、徐々に順位を上げていき、
先頭に立っていた2着馬を
キッチリと捉えている。
自在に動けて終いもしっかり。
東京の長い直線に対応できそう。

 

<アガラス>

東京の新馬を2馬身半差の楽勝。
8キロ増のコスモス賞は
余裕を残したつくり。
ハナを切って2着し、
力の一端は示した。
持ち時計の裏付けがない点が
懸念材料だが、馬場が渋れば優位になる。

 

<カテドラル>

2戦2勝。
新馬は2000m2分06秒1を要した馬場状態。
野路菊Sは少頭数のマイペースで恵まれた。
飛びつけない部分はあるのだが、
安定した先行力を軽く扱えないだろう。

 

<ナイママ>

ホッカイドウ競馬出身。
コスモス賞を勝ち、
札幌2歳Sクビ差2着。
前走後は川崎の河津厩舎に転厩し、
中央のクラシックを目指す。
持ち時計が1分50秒1。
速い時計への対応がカギに。

 

 

【東京スポーツ杯2歳ステークス2018】予想│出走馬分析~出世街道へ前進するのはこの馬~

今回は、東京スポーツ杯2歳ステークス2018予想

出走馬分析をし出世街道へ行く馬を

探ってきました。

今回のメンバーの中で出世街道へと

前進する馬を

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬人気ブログランキングへ

デビュー戦は、外めの枠からすんなり好位につけると、

抜群の折り合いからラストは

軽く促された程度で

他馬を置き去りにしての快勝を収めた。

センス、瞬発力ともに

並外れたものがありそうで、大物間漂う。

大型馬だけに、使われての上積みもある。

出世街道へと前進するのは、

この馬だろう。

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク