Pocket

今回は、札幌記念2018無料予想と

過去10年血統・種牡馬データの傾向と

有力馬の血統分析から買える馬を

中心とした記事を書いていきたいと思います。

札幌開催は後半戦に入り、

サマー2000シリーズの4戦目、

札幌記念が日曜メインに行われる。

昨年はGI馬の参戦がなかったが、

今年は北海道最大のレースらしく、

登録段階でダービー馬などGI馬3頭を含む、

重賞勝ち馬10の豪華メンバーが名を連ねた。

今年の札幌記念2018を制するのはどの馬か

ここでは、過去10年血統・種牡馬データの傾向と

有力馬の血統分析から買える馬

探っていきたいと思います。

 

過去10年血統・種牡馬データの傾向と

有力馬の血統分析から買える馬の前に

札幌記念2018の記事で

データ分析・過去10年の傾向から買える馬

ついても書いているので

そちらも合わせて読んで

予想の参考にしてみてください。

【札幌記念2018無料予想】データ分析・過去10年の傾向から買える馬

 

それでは、札幌記念2018の

過去10年血統・種牡馬データの傾向と

有力馬の血統分析から買える馬

探っていきたいと思います。

【札幌記念2018】過去10年血統・種牡馬データの傾向

父もしくは母父に

サンデーサイレンスの血脈を

持つ馬が優勢。

過去10年で複数の

勝ち馬を出しているのは

ジャングルポケットと

ディープインパクトの2頭。

そこへ勝ちは1回だが、

のべ9頭が出走して2着2回、3着1回、

昨年はワン・ツー・スリーを決めた

キングカメハメハが

好相性種牡馬といっていいだろう。

複数回馬券絡みがある種牡馬の名前を見ても

洋芝のタフなコースで行われるレースらしく、

ネオユニヴァース、マンハッタンカフェ、

ステイゴールド、グラスワンダー、

といったスピードの持続力に長けた

スタミナ色の濃いパワーを持った

サンデーサイレンス系種牡馬を

持つ馬の活躍が目立つ。

 

【札幌記念2018】有力馬の血統分析

<サクラアンプルール>

■父:キングカメハメハ(キングマンボ系)

□母:サクラメガ(サンデーサイレンス系)

スピードの持続力に優れた中距離馬で、

パワーと器用さを持ち合わせている。

昨年の勝ち馬でレース適正は証明済み。

成長力がある一族で衰えはないが、

昨年はペースが遅かったうえ、

今年の方がハイレベルなメンバー。

好走は期待できるだけの力はあるが、

連覇となると昨年ほど楽ではない。

 

<ネオリアリズム>

■父:ネオユニヴァース(サンデーサイレンス系)

□母:トキオリアリティー(プリンスローズ系)

兄に安田記念など日豪で

GⅠを制したリアルインパクト、

芝、ダートを問わずに

短距離で活躍した

アイルラヴァゲインがいる

スピードに秀でた一族。

力の要る馬場で行われる

小回りの中距離戦がベスト。

父がダービー馬でスピード豊かな

中距離馬というキャラクターは

当レースにぴったり。

実際、16年にはモーリス相手に

完勝とレース適正の高さは証明済み。

 

<マイスタイル>

■父:ハーツクライ(サンデーサイレンス系)

□母:ファーストナイナー(ミスタープロスペクター系)

パワーとスピードの持続力に

傾倒している牝馬の影響力が強く、

本質的には中距離がベスト。

小回り中距離戦での

持久力勝負が得意なタイプで、

父は2400mGⅠ馬と傾向にはあっている。

相手は揃っているが、

食い込む余地はある。

 

<マカヒキ>

■父:ディープインパクト(サンデーサイレンス系)

□母:ウィキウィキ(ND・ヴァイスリージェント系)

京都牝馬ステークス、CBC賞と重賞2勝を挙げた

全姉ウリウリをはじめ、

兄妹はマイル以下を得意とするタイプが多い。

短距離にも対応できるだけの

スピードがあり、パワーも、十分。

ダービーを勝ってはいるが、

本質的には2000mがギリギリか。

サンデーサイレンス系と

ヴァイスリージェント系の配合は過去で【0.0.2.0】。

父がダービー馬の本馬は、

この2頭以上に適正があるうえ、

総合力も上。好走に期待できる。

 

<モズカッチャン>

■父:ハービンジャー(ND・ダンジグ系)

□母:サトノディーラー(キングマンボ系)

近親にダートのGⅠ馬ゴールドティアラ、

その孫で大阪杯2着のステファノスがおり、

牝系の活力もある。

スピードの持続力とスタミナに優れ、

2000m以上の持続力戦で真価を発揮する。

相性のいいキングカメハメハの血を引き、

父は2400mGⅠ馬で洋芝適性も高い。

スピード面ではやや見劣るも、

上位争いに加われるだけの力はある。

 

<サングレーザー>

■父:ディープインパクト(サンデーサイレンス系)

□母:マンティスハント(ND・ヴァイスリージェント系)

母は父の特徴を引き出す繁殖で、

本馬はマイル前後で末脚を生かす形が合う。

2000mは守備範囲で、

サンデーサイレンス系と

ヴァイスリージェント系の配合は

【0.0.2.0】とレース適性も高い。

力の要る馬場も得意で小回りも問題ない。

 

 

【札幌記念2018】過去10年血統・種牡馬データの傾向と有力馬の血統分析から買える馬まとめ

今回は、札幌記念2018

過去10年血統・種牡馬データの傾向と

有力馬の血統分析から買える馬

探ってきました。

血統分析から買える馬を

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬人気ブログランキングへ

海外遠征帰りだが

帰国後は牧場で心身のケアをし

状態面は良さそう。

札幌は3戦3勝で好相性の舞台。

小回りの中距離戦がベスト

反撃に期待。

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク