Pocket

今回は、札幌記念2018無料予想と

データ分析・過去10年の傾向から

買える馬、予想オッズを

中心とした記事を書いていきたいと思います。

札幌開催は後半戦に入り、

サマー2000シリーズの4戦目、

札幌記念が日曜メインに行われる。

昨年はGI馬の参戦がなかったが、

今年は北海道最大のレースらしく、

登録段階でダービー馬などGI馬3頭を含む、

重賞勝ち馬10の豪華メンバーが名を連ねた。

今年の札幌記念2018を制するのはどの馬か

ここでは、データ分析・過去10年の傾向から買える馬

探っていきたいと思います。

 

まずは、予想オッズからみていきます。

【札幌記念2018】予想オッズ

1番人気モズカッチャン         3.9
2番人気ミッキースワロー      4.9
3番人気マカヒキ                  5.5
4番人気サングレーザー         6.2
5番人気サクラアンプルール   6.4
6番人気ネオリアリズム         7.1
7番人気ゴーフォザサミット  18.5
8番人気マイスタイル           18.9
9番人気マルターズアポジー  29.9

一桁人気の馬のオッズはこんな感じになっております。

 

【札幌記念2018】データ分析・過去10年の傾向から買える馬

【人気別】

1番人気   【2.5.1.2】
2番人気   【2.0.2.6】
3番人気   【0.0.1.9】
4番人気   【1.0.3.6】
5番人気   【3.2.0.5】
6番人気   【1.0.0.9】
7番人気   【1.0.2.7】
8番人気   【0.2.0.8】
9番人気   【0.0.0.10】
10番人気 【0.0.0.10】
11番人気 【0.0.0.10】
12番人気 【0.1.0.8】
13番人気 【0.0.0.9】
14番人気 【0.0.1.6】

1人気は連対率77.8%、複勝率は88.9%で、

ほぼ馬券に絡んでいる。

ただし、好成績にも関わらず、

過去10年で2勝しかしてない。

勝ち馬は10年アーネストリーと

翌11年のトーセンジョーダンのわずか2頭。

また、5頭が2着に敗れ、

その中にはマツリダゴッホ、モーリス、

ゴールドシップ、ブエナビスタといった

歴史的名馬も取りこぼしている。

最も多く勝鞍を挙げているのは

5番人気の3勝。2着も2回あり、

好配当のキモにもなっている。

とはいえ、メンバーレベルが高いのは

間違いないところで、

2ケタ人気の馬券絡みは2、3着がわずか1頭ずつ。

1番人気は、馬券に絡む可能性は高いが、

頭鉄板ではない。

 

【枠順別】

1枠 【1.0.1.12】
2枠 【1.2.1.11】
3枠 【1.2.5.9】
4枠 【1.2.1.15】
5枠 【2.1.0.16】
6枠 【1.1.2.16】
7枠 【2.1.0.17】
8枠 【1.1.0.18】

枠番別では

1から8枠全ての枠から

勝ち馬が出ていて、

2着がないのも1枠のみ。

複勝率を見ると3着が5回ある

3枠が47.1%の目立つ数字が残っている。

枠番による有利不利はあまりなく、

気にしなくても良さそう。

 

【脚質別】

逃げ馬 【2.0.0.9】
先行馬 【5.6.5.28】
差し馬 【3.3.4.37】
追込馬 【0.1.1.40】

<上がり3F>

1位   【2.6.2.2】
2位   【3.0.1.6】
3位   【3.2.4.3】
~5位【1.1.1.16】
6位~【1.1.2.87】

<4角位置別>

4角1番手    【2.2.0.6】
2番手以内   【5.3.0.17】
3番手以内   【6.3.0.22】
4番手以内   【7.6.5.37】
5番手以内   【7.6.5.39】
7番手以内   【10.7.6.53】
10番手以内 【10.9.9.77】

2番手以下   【8.8.10.108】
3番手以下   【5.7.10.97】
4番手以下   【4.7.10.92】
5番手以下   【3.4.5.77】
7番手以下   【2.4.4.67】
10番手以下 【0.1.1.43】
13番手以下 【0.0.0.22】
16番手以下 【0.0.0.4】

脚質については「先行優勢」。

過去10年で4角先頭から押し切ったのは2頭。

2着に粘ったのも2頭いて、

勝ち馬は4角先頭を含む7頭が

4コーナーで5番手以内の

ポジションから抜け出している。

4角10番手以下の馬は

未勝利であり、

4角10番手以下から連対したのは

15年2着のヒットザターゲット1頭。

3着も16年レインボーラインの1頭のみと、

G1レベルの力量を持った馬でも、

直線一気を決めるのは至難の業で、

後方待機勢の過信は禁物となる。

少なくとも中団で直線を迎えたい。

 

【年齢別】

3歳  【1.1.1.8】
4歳  【3.1.1.23】
5歳  【3.4.5.28】
6歳  【3.1.1.25】
7歳  【0.1.2.15】
8歳  【0.2.0.9】
9歳  【0.0.0.5】
10歳【0.0.0.1】

過去10年、勝ち馬は3~6歳までの

4世代で4~6歳馬が3勝ずつ。

3歳馬は出走自体が多くなく、

勝率、連対率は4世代で大差はない。

複勝率を見ると3歳と5歳がやや高めに出ている。

7歳以上は勝鞍こそないが、

2着3回、3着2回と健闘。

多くが好配当を運んでくれている。

5頭のうち4頭は近2走以内に

3着以上の実績があった。

 

【前走別】

<レース別>

函館記念組    【4.3.4.37】
宝塚記念組    【2.2.1.5】
優駿牝馬組    【1.1.0.1】
中京記念組    【1.0.0.0】
エプソムC組 【1.0.0.2】

<距離別>

2000m組 【5.4.5.59】
2200m組 【2.2.1.5】
1800m組 【2.1.0.23】
2400m組 【1.1.1.7】
1600m組 【0.1.1.5】

◆同距離【5.4.5.59】
◆延長   【2.2.1.29】
◆短縮   【3.4.4.26】

<間隔別>

中4週組         【3.2.2.22】
中10週以上組 【2.5.5.37】
中7週組         【2.2.1.5】
中3週組         【1.1.2.20】
中9週組         【1.0.0.2】

好走馬の傾向は比較的ハッキリと出ていて、

北海道の重賞組とGI組が中心。

函館記念を叩いてここへ向かう馬、

もしくは春のG1からひと息入れて

ここから始動する馬に分かれる。

函館記念組は

出走数の多さに比例して

よく馬券に絡むのが特徴で、

2008年以降

4勝、2着3回、3着4回と

圏内を賑わせている。

昨年はワンツーを決めている。

ただし、その函館記念の着順を見ると、

函館記念と札幌記念を優勝したのは

トウケイヘイロー1頭のみで連勝は困難。

函館記念の1~2着馬は不振で、

函館記念組であれば凡走後の

巻き返しを狙うのがセオリーとなる。

最近は6~9着の馬が好走している。

一方で前走G1組は

2008年以降の3着以内30頭のうち、

半数の15頭を占めている。

高額賞金かつ定量戦のスーパーG2だけに、

前走で使われていたレースの格が

結果に直結しやすい。

宝塚記念を筆頭に

前走GI組が【3.6.6.20】(海外GIも含む)。

 

<前走着順>

前走1着     【1.3.2.15】
前走2着     【2.1.2.10】
前走3着     【2.2.1.8】
前走4着     【0.0.0.12】
前走5着     【0.0.0.8】
前走6~9着【5.3.1.33】
前走10着~【0.1.4.28】

前走から連勝を果たしたのはわずか1頭で、

鳴尾記念、函館記念を連勝中だった

13年のトウケイヘイローのみ。

この年は函館でレースが行われている。

前走6着以下から巻き返して勝った馬が5頭いて、

ここ2年は関東馬が重賞初制覇を飾っている。

前走2ケタ着順から馬券圏内に入った馬は

5頭いるが、うち4頭はG1馬。

10年3着アクシオンも既に

重賞タイトルを手にしていた。

前走で掲示板を外しての

巻き返しは相当な底力がないと厳しい。

 

 

【札幌記念2018】データ分析・過去10年の傾向から買える馬まとめ

今回は、札幌記念2018

データ分析・過去10年の傾向から

買える馬を探ってきました。

データから買える馬を

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬→人気ブログランキングへ

海外遠征からの帰国初戦となるが、

前走の格が高ければ久々は問題ない。

また、牝馬が【2.1.2.17】と好走しているし

初の洋芝だが血統的にも洋芝は問題ない。

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク