Pocket

今回は、朝日杯フューチュリティステークス2018の

無料・公開予想│展開・印付き予想と

コース分析(阪神芝1600m)を中心とした記事

書いていきたいと思います。

日曜の阪神競馬場では

GI・朝日杯フューチュリティステークスが行われる。

普通なら年末のホープフルステークスと並んで

2歳牡馬チャンピオンを決める一戦だが、

今年は新馬、サウジアラビアロイヤルCを

連勝した牝馬グランアレグリアがエントリー。

3戦無敗の牡馬2頭を差し置いて、

1番人気濃厚のムードとなっている。

今年の朝日杯フューチュリティステークス2018

制するのはどの馬になるのか、

ここでは、無料・公開予想│展開・印付き予想と

コース分析(阪神芝1600m)を書いていきます。

 

その前に、朝日杯フューチュリティステークス2018

調教・最終追い切りの記事

書いているので

合わせて読んで予想の参考に

してみてください。

【朝日杯フューチュリティステークス2018】予想│出走馬の調教・最終追い切り評価・分析から狙える馬

 

【朝日杯フューチュリティステークス2018】予想│出走馬の調教・最終追い切り評価・分析から狙える馬

 

【朝日杯フューチュリティステークス2018】コース分析(阪神芝1600m)

スタート地点はバックストレッチの
中間からやや左寄り。
長い直線が2本にコーナーが2回。
外回りの京都芝1600mに似たコース形態となっている。
06年末にオープンした外回りコースに入り、
ゆったりとした3~4コーナーを回る。
最後の直線距離は473.6m。
直線半ばまで下りが続き、
残り200m付近でゴール前の急坂。
約120mの間に1.8mの勾配を一気に駆け上がる。
マイル戦にしてはスローペースになりやすいコースで、
展開の読みが常に重要になってくる。
まずは逃げ馬を警戒。
最後に急坂があってもペースが遅いと
余力が残っているので、そのまま押し切られてしまう。
先行馬と差し馬はほぼ互角。
追い込み馬だけは割引が必要。
広々としたコースなので末脚も重要だが、
一定した速いスピードを持続させるのが
得意な馬にも歓迎なコース形態。
枠順の有利・不利はあまりない。

好走枠→中枠(勝率:8.2%)(複勝率:23.5%)

好走脚質→先行(勝率:10.8%)(複勝率:29.9%)

 

 

【朝日杯フューチュリティステークス2018】無料・公開予想│展開・印付き予想

<展開予想>

ペース:ミドル
逃げ0913
好位14060802
中位一団
後方1007

 

<印付き予想>

◎06アドマイヤマーズ

前走でGⅡを制して3連勝。
前に馬を置いて運んだデビュー2戦と違い、
前走は好スタートからハナへ。
自分でレースを作り、粘る2着馬を振り切った。
レースが上手でどんな競馬もできるのは強み。
切れる脚もあり、上がり勝負に不安もない。
直線の急坂も中京で克服済みだ。
前走の12キロ増は回復分。
ここで、グランアレグリアを
負かすならこの馬だろう。

 

〇02グランアレグリア

初戦でダノンファンタジーを
問題にしなかったグランアレグリア。
サウジアラビアRCでは
2番手から直線を向き馬なりで先頭。
後続をアッサリ突き放した。
前で折り合え、追っての脚もしっかり。
今のところ、文句のつけどころがない。
太目感もなく、前走の18キロ増も成長分だろう。
しっかり乗り込み、動きも抜群。
上積みも大きい。

 

▲05マイネルサーパス

抜け出すとブレーキをかけたりモタれたり。
抜け出すタイミングが難しいが、
前走は差しに転じてうまく運び、
終わってみればレコードを2秒も更新。
粗削りだが素質は確か。
伸びしろも大きい。
簡単には抜け出せない分、
相手強化は却ってプラスに出そう。
攻めの動きも素晴らしい。
上がり勝負に対応できれば。

 

☆15エメラスファイト

前々走はハイレベル。
小差4着は買える。
先行できて速い脚もある。
動きも良く、相手なりに走るだろう。

 

人気ブログランキングへ

前走は良く粘った。
立ち回りタイプで
ここは枠もいい良いところを引いた。
内で上手く立ち回れば
馬券内に来てもおかしくない。

 

△03アスターペガサス

前走は休み明けに加え、
前半4ハロンの通過が51秒2という
スローの展開で序盤は力みが見られた。
さらに距離が延びる今回は
折り合い面が鍵を握る。
そのあたりがスムーズなら、
函館2歳ステークスで見せた末脚は侮れない。

 

△04ドゴール

前走はグランアレグリアの2着。
後方でジッと折り合いに専念し、
その分、終いは勝ち馬を上回る脚で追い上げた。
スタートに課題は残すが能力は確か。
距離もこなし、収穫の大きな内容だった。
短期放牧明けだが帰厩後の攻めもいい動き。

 

△08ディープダイバー

ここまで6戦を消化し、すべて3着以内の堅実派。
しかもキャリアを積んで
レース運びが安定してきたのは心強い。
前走は直線で内にモタれて
追いづらくなったが、2着争いは制した。
高速時計に対応できれば軽視禁物。

 

△11ケイデンスコール

初戦は敗れたが、
アドマイヤマーズ相手のハナ差なら
評価を下げるものではないだろう。
2戦目では抜け出して物見をしながらも押し切り、
新潟2歳Sは後方からの直線一気。
速い脚を長く使え、
いずれも上がり3ハロンは33秒台。
直線の長い阪神外回りなら、
一連の走りを期待できそうだ。
レースは開いたが乗り込み量は豊富。
動ける態勢にある。

 

 

穴馬は

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬→人気ブログランキングへ

The following two tabs change content below.
スポンサーリンク