Pocket

今回は、朝日杯フューチュリティステークス2018の予想と

過去10年のデータの傾向と対策~過去データから

好走する穴馬はこの馬~・参考レース動画を

中心とした記事を書いていきたいと思います。

日曜の阪神競馬場では

GI・朝日杯フューチュリティステークスが行われる。

普通なら年末のホープフルステークスと並んで

2歳牡馬チャンピオンを決める一戦だが、

今年は新馬、サウジアラビアロイヤルCを

連勝した牝馬グランアレグリアがエントリー。

3戦無敗の牡馬2頭を差し置いて、

1番人気濃厚のムードとなっている。

今年の朝日杯フューチュリティステークス2018

制するのはどの馬になるのか、

ここでは、過去10年のデータの傾向と対策

~過去データから好走する穴馬はこの馬~

探っていきたいと思います。

 

【朝日杯フューチュリティステークス2018】予想│過去10年のデータの傾向と対策~過去データから好走する穴馬はこの馬~

 

<人気順別成績>
人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 【4.2.1.3】 40.0% 60.0% 70.0%
2番人気 【2.1.2.5】 20.0% 30.0% 50.0%
3番人気 【0.1.2.7】 0.0% 10.0% 30.0%
4番人気 【1.2.0.7】 10.0% 30.0% 30.0%
5番人気 【1.1.2.6】 10.0% 20.0% 40.0%
6番人気 【1.1.0.8】 10.0% 20.0% 20.0%
7番人気 【1.1.0.8】 10.0% 20.0% 20.0%
8番人気 【0.0.1.9】 0.0% 0.0% 10.0%
9番人気 【0.0.0.10】 0.0% 0.0% 0.0%

過去10年、1番人気の馬は全て掲示板を確保している。
中山施行時から1人気の成績は安定していたが、
阪神に移った2014年以降も【2.1.0.1】と信頼度は高い。
2人気も同様で阪神施行になってもまずまず好走しており、
3人気には変化が。
中山施行時はたいして好走していなかったが、
2014年以降は連対率25%、複勝率50%と好調だ。
また、中山施行時は4~7人気の好走が結構あったが、
阪神になってからも6、7人気が連対している。
そして、2014年以降で最も目立っているのが、
2ケタ人気の激走。
勝ち星こそないものの、
2・3着に3頭が絡んで波乱を演出している。
6番人気以下で馬券絡みを果たした馬は、
全て前走で勝っているか、
重賞5着以内の実績があった馬。
16年は前走で京王杯2歳Sを勝っていた
モンドキャンノが7番人気に甘んじるなど、
重賞で好走している実績を持ちながら
人気の盲点になる馬も多い。

 

<枠順別成績>
着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 【2.0.2.16】 10.0% 10.0% 20.0%
2枠 【2.1.3.14】 10.0% 15.0% 30.0%
3枠 【1.3.1.15】 5.0% 20.0% 25.0%
4枠 【1.0.0.19】 5.0% 5.0% 5.0%
5枠 【0.2.0.18】 0.0% 10.0% 10.0%
6枠 【1.4.0.15】 5.0% 25.0% 25.0%
7枠 【1.0.3.18】 4.5% 4.5% 18.2%
8枠 【2.0.1.19】 9.1% 9.1% 13.6%

枠番別では不振だった5枠が2年連続2着。
最も好走が少なくなったのが
1つ内の4枠で1着が1回のみ。
中枠の数字が今ひとつとなっている。
ロスなく立ち回れる1枠と2枠がそれぞれ2勝、
揉まれずに運べる8枠が2勝と好成績を残している。

 

<脚質別成績>
脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率
逃げ 【0.0.1.10】 0.0% 0.0% 9.1%
先行 【3.1.2.32】 7.9% 10.5% 15.8%
差し 【6.8.6.42】 9.7% 22.6% 32.3%
追い込み 【1.1.1.50】 1.9% 3.8% 5.7%

 

<上がり3F別成績>
上がり3F 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1位 【6.1.1.3】 54.5% 63.6% 72.7%
2位 【2.3.1.8】 14.3% 35.7% 42.9%
3位 【1.3.1.5】 10.0% 40.0% 50.0%
~5位 【0.3.3.17】 0.0% 13.0% 26.1%
6位~ 【1.0.4.101】 0.9% 0.9% 4.7%

 

<4角位置別成績>
4角位置 着別度数 勝率 連対率 複勝率
4角1番手 【0.0.1.9】 0.0% 0.0% 10.0%
2番手以内 【1.0.1.22】 4.2% 4.2% 8.3%
3番手以内 【2.1.3.35】 4.9% 7.3% 14.6%
4番手以内 【3.1.3.42】 6.1% 8.2% 14.3%
5番手以内 【3.4.4.45】 5.4% 12.5% 19.6%
7番手以内 【5.6.9.59】 6.3% 13.9% 25.3%
10番手以内 【7.8.9.83】 6.5% 14.0% 22.4%
2番手以下 【10.10.9.125】 7.8% 15.6% 24.4%
3番手以下 【9.10.9.112】 6.5% 13.0% 18.8%
4番手以下 【8.9.7.99】 6.4% 13.6% 20.0%
5番手以下 【7.9.7.92】 6.1% 13.8% 20.0%
7番手以下 【7.5.3.84】 7.1% 12.1% 15.2%
10番手以下 【3.3.1.59】 4.5% 9.1% 10.6%
13番手以下 【1.1.1.28】 3.2% 6.5% 9.7%
16番手以下 【0.0.0.7】 0.0% 0.0% 0.0%

阪神競馬場に開催に移ってレース傾向は変わってきていて、
以前はコース形態から内枠、先行馬有利となっていたが、
阪神競馬場へ舞台が移ってからは、
阪神JF同様に差し馬が台頭。
全ての年で4角10番手以下の差し馬が連対し、
14~17年は3年連続勝利。
鋭い決め手を既に見せている馬、
血統的にそうしたタイプの馬は積極的に狙いたい。

 

<前走レース別成績>
レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率
ベゴニア賞 【3.0.0.4】 42.9% 42.9% 42.9%
京王杯2歳S 【1.4.3.29】 2.7% 13.5% 21.6%
東スポ2歳S 【1.2.1.13】 5.9% 17.6% 23.5%
サウジRC 【1.1.0.3】 25.0% 50.0% 50.0%
きんもくせい 【1.0.1.1】 33.3% 33.3% 66.7%

 

<前走距離別成績>
距離別 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1600m 【7.3.5.34】 14.3% 20.4% 30.6%
1400m 【1.5.4.53】 1.6% 9.5% 15.9%
1800m 【1.2.1.24】 3.6% 10.7% 14.3%
2000m 【1.0.0.4】 20.0% 20.0% 20.0%
1700m 【0.0.0.2】 0.0% 0.0% 0.0%

 

<レース間隔別成績>
間隔 着別度数 勝率 連対率 複勝率
中2週 【4.0.0.11】 26.7% 26.7% 26.7%
中3週 【2.3.2.34】 4.9% 12.2% 17.1%
中4週 【1.5.2.33】 2.4% 14.6% 19.5%
中9週 【1.1.1.6】 11.1% 22.2% 33.3%
中6週 【1.0.1.5】 14.3% 14.3% 28.6%

このレースと抜群の相性を誇るのはベゴニア賞で、
関東馬が3勝しているのだが、
昨年に続いて同レースからの登録馬はいない。
馬券圏内の数ではレースレベルが高い
東スポ杯2歳S、京王杯2歳S、デイリー杯2歳Sといった
重賞組で、昨年はサウジアラビアRC組が
ワン・ツー・フィニッシュを決めた。
馬券の妙味となると、クラシックに繋がる
出世レースの東スポ杯2歳Sではなく、
G2の京王杯2歳S、デイリー杯2歳S組で、
近年は両レースから人気薄が穴を開けている。

 

<前走着順別成績>
前走着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1着 【10.5.7.60】 12.2% 18.3% 26.8%
2着 【0.3.2.22】 0.0% 11.1% 18.5%
3着 【0.0.1.7】 0.0% 0.0% 12.5%
4着 【0.1.0.8】 0.0% 11.1% 11.1%
5着 【0.0.0.7】 0.0% 0.0% 0.0%
6~9着 【0.1.0.22】 0.0% 4.3% 4.3%
10着~ 【0.0.0.8】 0.0% 0.0% 0.0%

驚くことに過去10年の勝ち馬は
全て前走から連勝を果たして
G1ウイナーとなっている。
出走馬の半数以上が前走で勝鞍を挙げているので、
その数字も当然大きくなるのだが、
兎にも角にも前走勝利という勢いは
大きなアドバンテージになる。
前走2着以下から馬券圏内に入った馬は
いずれも前走が重賞レース。
高いレベルのレースを経験している馬が
好走に繋げている。

 

 

【朝日杯フューチュリティステークス2018】参考レース動画

 

 

【朝日杯フューチュリティステークス2018】予想│過去10年のデータの傾向と対策~過去データから好走する穴馬はこの馬~まとめ

今回は、朝日杯フューチュリティステークス2018の予想と

過去10年のデータの傾向と対策

~過去データから好走する穴馬はこの馬~

探ってきました。

その中から一発ありそうな馬を

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬→人気ブログランキングへ

デビューから随所に若さを見せている馬だが、
前走は短い直線で一気の差し切りを決めるなど、
持っている能力は確か。
前走レースからの過去10年のデータ的にも
【1.0.1.1】と出走3頭で2頭が馬券絡みという
隠れた好ローテーション。
狙ってみる価値はある。

The following two tabs change content below.
スポンサーリンク