Pocket

今回は、有馬記念2018の1着馬予想と

出走馬分析から狙える馬

~グランプリを制するには余力のある馬が圧倒的に有利~を

中心とした記事を書いていきたいと思います。

中山競馬場では日曜メインに

2018年中央競馬の総決算レース・有馬記念が行われる。

年末の大一番として国民的行事にもなっている有馬記念。

出走馬は秋シーズン3走目、4走目となるケースが多く、

状態を上げてきたG1では足りなかった馬が

穴をあけることもしばしば。

実績だけでなくデキの見極めも重要となる。

平成最後となる今年の有馬記念2018

制するのはどの馬になるのか、

ここでは、1着馬予想、出走馬分析から狙える馬

探っていきたいと思います。

 

その前に、有馬記念2018について

調教・一週前追い切りの記事

書いているので

合わせて読んで予想の参考に

してみてください。

【有馬記念2018】予想│出走馬の調教・一週前追い切り評価・分析から狙える穴馬

 

【有馬記念2018】予想│出走馬の調教・一週前追い切り評価・分析から狙える穴馬

 

【有馬記念2018】1着馬予想│出走馬分析から狙える馬~グランプリを制するには余力のある馬が圧倒的に有利~

<キセキ>

前走のジャパンカップは2着とはいえ、
自身の走破タイム(2分20秒9)も破格のもの。
前々で競馬した秋3戦がいずれも好内容。
馬体面、精神面の充実ぶりに加え、
レースの形も定まった今なら、
GⅠ2勝目も十分ある。

 

<シュヴァルグラン>

昨年は直線で他馬と接触する不利がありながら、
僅差の3着とコース適正は高い。
レコード決着となった前走のジャパンカップで
4着と速い時計にも対応し、
健在ぶりをアピール。
好相性を誇るボウマン騎手の騎乗も心強い。

 

<ミッキーロケット>

前走の天皇賞・秋は4カ月ぶりに加え、
2000mもこの馬にはやや距離不足だった。
それでも5着なら及第点。
筋肉痛でジャパンカップを
回避した影響は気になるが、
宝塚記念で見せた息の長い末脚は軽視禁物。

 

<モズカッチャン>

前走のエリザベス女王杯は3着も、
決して順調ではなかった過程を考えれば
悪くない内容だった。
叩き良化型らしく、使ったことで
動きも格段に良くなっている。
今回は前走以上のパフォーマンスが
見られるに違いない。

 

<サトノダイヤモンド>

ジャパンカップは結果的に、
行った行ったの流れ。
それでも中団からジリジリと脚を伸ばしており、
悪い内容ではなかった。
2走前の京都大賞典Vからも一時の
不振を脱却しており、
2度目のグランプリ制覇の可能性も。

 

<マカヒキ>

天皇賞・秋の疲れがとれず、
予定していたジャパンカップを回避。
今回は、その影響がどれだけ残っているかが鍵だが、
皐月賞、札幌記念ともに
2着と内回りコースへの適性はある。
本来のデキにあれば、侮れない存在となる。

 

<ミッキースワロー>

ジャパンカップでは5着に健闘。
後方2番手から大外に持ち出されると
上がり3ハロン33秒9の末脚で追い込み、
サトノダイヤモンドには先着した。
中山では【2.1.0.1】。
脚の使いどころ次第では上位争いも可能。

 

<ブラストワンピース>

1番人気に支持された
菊花賞は0秒4差の4着どまり。
スローペースで瞬発力勝負の展開なり、
切れ味の差が出た。
有馬記念はグレード制を導入して以降、
3歳馬が最多の13勝。
流れ一つで一発はある。

 

<パフォーマプロミス>

前走のアルゼンチン共和国杯は
前半1000mの通過タイムが
1分2秒9という緩い流れを中団で折り合い、
上がり3ハロン32秒9の末脚で差し切った。
目下の充実ぶりは目立ち、
芝2500mも【2.0.1.0】と堅実。

 

<クリンチャー>

仏遠征の2戦は好結果を出せなかったが、
菊花賞2着、天皇賞・春3着とスタミナは十分。
その菊花賞が不良馬場、
今年の初戦の京都記念(1着が)重馬場と道悪巧者。
馬場悪化なら一発の可能性を秘めている。

 

<リッジマン>

短距離型が多い
スウェプトオーヴァーボード産駒だが、
本馬は中央転入以降は
長距離路線で頭角を現し、
ついに前走でGⅡ制覇を果たした。
今の勢いは軽く扱えない。
このグランプリでも台風の目となりうる。

 

<サクラアンプルール>

昨年の札幌記念を最後に
白星から遠ざかっているが、
大敗を喫したのは直線で
致命的な不利を受けたレースのみ。
決して派手さはないものの、
展開面などがかみ合えば、
上位争いに食い込む力はある。

 

<サウンズオブアース>

近走は結果が出ていないが、
デキ自体は決して悪くない。
前走のジャパンカップのように
高速決着では厳しいが、
3走前の札幌記念で
僅差の4着に好走しており。
時計がかかる馬場なら台頭は可能。
最後の舞台で一発狙う。

 

<スマートレイアー>

前走は、前に壁を作ってスムーズに折り合うと、
メンバー2位となる上がり3ハロンを時計。
逃げ馬が2着に残る流れで9着に終わったが
切れ味はまだまだ健在。
年齢的に大きな変わり身は見込めないが、
軽視は禁物。

 

<レイデオロ>

今年前半は苦しいシーズンだった。
京都記念では向正面で行きたがり早々2番手に。
追い比べで伸びきれず牝馬モズカッチャンにも
ハナ差までせまられた。
ドバイシーマクラシックは
スローで折り合い重視の位置取りとなり4着。
その後4連勝のベストソリューションに先着し、
それだけハイレベルの争いだった。
秋はオールカマーから。
京都記念でクビ差先着を許した
アルアインに手を焼く場面はあったが、
キッチリと捉え3着には3馬身差。
そして強かったのが前走の天皇賞(秋)。
ハナ差の2着争いをしり目に
1分56秒8の好時計で抜け出した。
ジャパンカップをパスして
ローテーションに余裕があり、
GⅠ連勝へ期待が高まる。

 

 

【有馬記念2018】1着馬予想│出走馬分析から狙える馬~グランプリを制するには余力のある馬が圧倒的に有利~まとめ

今回は、有馬記念2018の1着馬予想と

出走馬分析から狙える馬

~グランプリを制するには余力のある馬が圧倒的に有利~

書いてきました。

ここで、有馬記念2018の1着馬候補

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬→人気ブログランキングへ

前走は隙のない競馬。
ここに絞ったローテーションには好感が持てるし、
センスが良く中山適性も十分。
後は内枠を引ければ
更に可能性は上がるだろう。

The following two tabs change content below.
スポンサーリンク