Pocket

今回は、有馬記念2018穴馬予想と

過去データの傾向と対策

~データ分析(10年)から狙える穴馬~と参考レース動画を

中心とした記事を書いていきたいと思います。

中山競馬場では日曜メインに

2018年中央競馬の総決算レース・有馬記念が行われる。

年末の大一番として国民的行事にもなっている有馬記念。

出走馬は秋シーズン3走目、4走目となるケースが多く、

状態を上げてきたG1では足りなかった馬が

穴をあけることもしばしば。

実績だけでなくデキの見極めも重要となる。

平成最後となる今年の有馬記念2018

制するのはどの馬になるのか、

ここでは、過去データの傾向と対策

~データ分析(10年)から狙える穴馬~

探っていきたいと思います。

 

 

【有馬記念2018】穴馬予想│過去データの傾向と対策~データ分析(10年)から狙える穴馬~

 

<人気順別成績>
人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 【6.2.1.1】 60.0% 80.0% 90.0%
2番人気 【2.1.2.5】 20.0% 30.0% 50.0%
3番人気 【0.0.2.8】 0.0% 0.0% 20.0%
4番人気 【1.1.1.7】 10.0% 20.0% 30.0%
5番人気 【0.1.0.9】 0.0% 10.0% 10.0%
6番人気 【0.0.0.10】 0.0% 0.0% 0.0%
7番人気 【0.1.0.9】 0.0% 10.0% 10.0%
8番人気 【1.1.0.8】 10.0% 20.0% 20.0%
9番人気 【0.1.1.8】 0.0% 10.0% 20.0%
10番人気 【0.1.1.8】 0.0% 10.0% 20.0%
11番人気 【0.0.1.9】 0.0% 0.0% 10.0%
12番人気 【0.0.0.10】 0.0% 0.0% 0.0%
13番人気 【0.0.0.10】 0.0% 0.0% 0.0%
14番人気 【0.1.1.7】 0.0% 11.1% 22.2%

 

1番人気は【6.2.1.1】と信頼度は高めで、
馬券圏外は15年ゴールドシップの8着のみ。
2番人気も【2.1.2.5】と半数は馬券に絡んでいる。
以前は3番人気が苦戦していたが、
ここ2年は連続で3着と盛り返してきている。
勝ち馬は上位人気が多く占めているが、
2~3着は人気薄が多く絡み、
ヒモが非常に読みづらく、
10人気以下にしても頭数が多いだけで、
複勝圏には5回絡んでいる。
小回りの中山コースだけに
展開次第でどの馬にも
チャンスがあるということ。

 

<枠順別成績>
着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 【2.2.1.13】 11.1% 22.2% 27.8%
2枠 【1.2.0.15】 5.6% 16.7% 16.7%
3枠 【1.2.1.14】 5.6% 16.7% 22.2%
4枠 【1.2.1.16】 5.0% 15.0% 20.0%
5枠 【1.1.3.15】 5.0% 10.0% 25.0%
6枠 【2.0.2.16】 10.0% 10.0% 20.0%
7枠 【1.0.2.17】 5..0% 5.0% 15.0%
8枠 【1.1.0.18】 5.0% 10.0% 10.0%

 

スタートしてすぐにコーナーを迎える、
外枠が不利なコース形態。
枠連8-8で決着した2008年は
例年により少ない14頭立てであった。
2008年以降、14番枠から外は【0.1.2.21】となっており、
特に逃げ・先行タイプには厳しい状況が続いている。
中山2500mは内枠有利といわれるが、
過去10年の結果を見ると、
そこまで内外の差があるとはいえない。
それでもやはり内枠の馬は
警戒はしておいた方がいいだろう。

 

<脚質別成績>
脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率
逃げ 【2.0.1.8】 18.2% 18.2% 27.3%
先行 【5.4.3.30】 11.9% 21.4% 28.6%
差し 【3.5.4.45】 5.3% 14.0% 21.1%
追い込み 【0.1.2.40】 0.0% 2.3% 7.0%

 

<上がり3F別成績>
上がり3F 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1位 【3.2.0.5】 30.0% 50.0% 50.0%
2位 【1.2.3.7】 7.7% 23.1% 46.2%
3位 【2.2.1.4】 22.2% 44.4% 55.6%
~5位 【1.2.5.15】 4.3% 13.0% 34.8%
6位~ 【3.2.1.92】 3.1% 5.1% 6.1%

 

<4角位置別成績>
4角位置 着別度数 勝率 連対率 複勝率
4角1番手 【2.0.1.7】 20.0% 20.0% 30.0%
2番手以内 【5.1.2.19】 18.5% 22.2% 29.6%
3番手以内 【7.3.30.25】 18.4% 26.3 34.2%
4番手以内 【7.4.4.36】 13.7% 21.6% 29.4%
5番手以内 【8.5.5.47】 12.3% 20.0% 27.7%
7番手以内 【8.7.6.56】 10.4% 19.5% 27.3%
10番手以内 【10.9.8.82】 9.2% 17.4% 24.8%
2番手以下 【8.1.9.116】 5.6% 12.6% 18.9%
3番手以下 【5.9.8.104】 4.0% 11.1% 17.5%
4番手以下 【3.7.7.98】 2.6% 8.7% 14.8%
5番手以下 【3.6.6.87】 2.9% 8.8% 14.7%
7番手以下 【2.4.5.70】 2.5% 7.4% 13.6%
10番手以下 【1.2.2.53】 1.7% 5.2% 8.6%
13番手以下 【0.0.0.26】 0.0% 0.0% 0.0%
16番手以下 【0.0.0.6】 0.0% 0.0% 0.0%

 

コーナーを6度回るコースゆえに、
道中で息を入れやすく
コースロスも少ない先行勢が強い。
近年は同日施行の中山芝2500m戦の
グッドラックハンデ(1000万下)よりも
ペースが落ち着くことも珍しくない。
過去10年、4角先頭で押し切ったのが2頭。
勝ち馬の実に8頭が4角5番手以内の
ポジションからグランプリホースに輝いている。
ただ前に行って流れ込むだけではなく、
臨機応変に対応できる器用な脚も求められる。
差し馬はあと一歩届かないケースが目立つ。
なお4角10番手以下は苦戦しているので、
極端な追い込みタイプは嫌っていきたい。
4角10番手以下から差し切ったのは
12年ゴールドシップのわずか1頭。
この年は1~3着馬が4角10番手以下の
後方勢が上位を独占した。
基本的には先行馬有利のレースと見ていいだろう。

 

<年齢別成績>
年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率
3歳 【4.2.2.23】 12.9% 19.4% 25.8%
4歳 【2.5.2.31】 5.0% 17.5% 22.2%
5歳 【4.2.4.37】 8.5% 12.8% 21.3%
6歳 【0.0.0.17】 0.0% 0.0% 0.0%
7歳 【0.1.1.10】 0.0% 8.3% 16.7%
8歳 【0.0.1.4】 0.0% 0.0% 20.0%
9歳 【0.0.0.2】 0.0% 0.0% 0.0%

 

主力は3、4、5歳馬。
最も多くの勝ち馬を出しているのが
3歳馬と5歳馬で4勝、4歳馬が2勝で、
連対率は年齢を重ねるにつれてダウン。
特に6歳馬は(0.0.0.17)で1度も馬券に絡んでいない。
7歳以上は未勝利ではあるが、
馬券には絡んでいる。
その馬券に絡んだ3頭すべてが
10人気以下。
大穴を狙うなら高齢馬か。
ちなみに5歳馬は4勝のうち、
3つは、オルフェーヴル、ジェンティルドンナの3冠馬、
G1を6勝していたキタサンブラックのラストラン。

 

<前走レース別成績>
レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率
ジャパンC 【3.5.6.48】 4.8% 12.9% 22.6%
菊花賞 【3.1.1.5】 30.0% 40.0% 50.0%
天皇賞・秋 【2.0.1.8】 18.2% 18.2% 27.3%
凱旋門賞 【1.0.1.1】 33.3% 33.3% 66.7%
アルゼンチン 【1.0.0.6】 14.3% 14.3% 14.3%

 

<前走距離別成績>
距離別 着別度数 勝率 連対率 複勝率
2400m 【4.5.7.50】 6.0% 13.4% 23.9%
3000m 【3.1.1.5】 30.0% 40.0% 50.0%
2000m 【2.2.2.28】 5.9% 11.8% 17.6%
2500m 【1.0.0.6】 14.3% 14.3% 14.3%
2200m 【0.2.0.15】 0.% 11.8% 11.8%

 

<レース間隔別成績>
間隔 着別度数 勝率 連対率 複勝率
中3週 【3.5.6.48】 4.8% 12.9% 22.6%
中8週 【3.1.1.5】 30.0% 40.0% 50.0%
中7週 【2.0.1.8】 18.2% 18.2% 27.3%
中10週以上 【1.0.1.4】 16.7% 16.7% 33.3%
中6週 【1.0.0.8】 12.5% 12.5% 12.5%

 

好走馬のローテーションを見ると
ジャパンCと菊花賞が3勝、
天皇賞(秋)からひと息入れた馬が2勝。
菊花賞は10頭、天皇賞(秋)は11頭と
決して多くはないローテーションで
好成績を残している。
国内の王道といえるジャパンCは
該当が非常に多いためアベレージは
低く出ているのだが、
3勝、2着5回、3着6回で、
過去10年全ての年で馬券に絡んでいる。
ジャパンC組は
10着以下から巻き返す可能性もあり、
着順で判断できないのが難しいところ。
有馬記念は秋シーズン最後のGIなので、
「余力」がポイントだといわれている。
ジャパンCから好走した馬の
14頭中12頭が秋2戦消化で、
有馬記念が秋4戦目以上の馬は狙いづらい。
さらに、ジャパンCで負けていた馬(降着を除く)
11頭中7頭が0秒6差以上だったことからも、
余力が残っていそうなタイプが
有馬記念で馬券に絡みやすいようだ。
ただし、GI実績がなかったのは1頭しかおらず、
最低でも3着歴はほしい。

 

<前走着順別成績>
前走着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1着 【4.2.3.24】 12.1% 18.2% 27.3%
2着 【2.1.0.12】 13.3% 20.0% 20.0%
3着 【2.2.1.13】 11.1% 22.2% 27.8%
4着 【1.0.1.10】 8.3% 8.3% 16.7%
5着 【0.1.2.5】 0.0% 12.5% 37.5%
6~9着 【1.2.0.28】 3.2% 9.7% 9.7%
10着~ 【0.2.3.31】 0.0% 5.6% 13.9%

 

過去10年、勝ち馬の9頭が
前走4着以内で、
連勝を果たした馬は4頭。
一流馬が揃う一戦で
連勝はなかなか難しいのだが、
勝ち馬は前走で一応の格好は付けている。
これが2~3着馬になると
前走5着以下の伏兵も度々見られ、
前走2ケタ着順からガラリ一変で
2~3着に食い込んだ馬が5頭。
その多くが中山での好走歴を持っており、
中途半端な負けを喫した馬より、
前走大敗の中山巧者が
美味しい存在となっている。

 

 

【有馬記念2018】参考レース動画

 

 

【有馬記念2018】穴馬予想│過去データの傾向と対策~データ分析(10年)から狙える穴馬~まとめ

今回は、有馬記念2018の穴馬予想、

過去データの傾向と対策

~データ分析(10年)から狙える穴馬~

書いてきました。

過去のデータから狙える穴馬

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬→人気ブログランキングへ

このレースの穴馬を多く送り出しているのは、
なんといっても中山巧者。
前走でもメンバー最速の
上がりで追い込んできた。
中山での成績が良く
ここは、馬券的に狙ってみたい一頭。

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク