Pocket

今回は、日経新春杯2019予想と

過去データの傾向と対策、

データ分析(10年)から狙える馬

中心とした記事を書いていきたいと思います。

3日間開催2日目となる13日の京都メインは、

新年最初のGII、日経新春杯。

G1や条件クラスなど、

さまざまな路線から集まった馬たちが

激突する伝統のハンデ重賞。

軽ハンデの馬から

重い重量を背負った馬まで、幅広く活躍している。

今年は、例年より頭数も揃いそうで、

面白い一戦となりそう。

今年の日経新春杯2019を制するのはどの馬なのか、

ここでは、日経新春杯2019予想と

過去データの傾向と対策、

データ分析(10年)から狙える馬

探っていきたいと思います。

 

【日経新春杯2019予想】過去データの傾向と対策│データ分析(10年)から狙える馬

 

<人気順別成績>
人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 【3.4.1.2】 30.0% 70.0% 80.0%
2番人気 【4.1.0.5】 40.0% 50.0% 50.0%
3番人気 【0.3.0.7】 0.0% 30.0% 30.0%
4番人気 【0.1.5.4】 0.0% 10.0% 60.0%
5番人気 【0.0.0.10】 0.0% 0.0% 0.0%
6番人気 【1.0.0.9】 10.0% 10.0% 10.0%
7番人気 【0.0.2.8】 0.0% 0.0% 20.0%
8番人気 【0.0.1.9】 0.0% 0.0% 10.0%
9番人気 【0.0.0.10】 0.0% 0.0% 0.0%
10番人気 【1.1.0.8】 10.0% 20.0% 20.0%
11番人気 【1.0.0.9】 10.0% 10.0% 10.0%
12番人気 【0.0.1.9】 0.0% 0.0% 10.0%

2008年以降は人気サイドの強さが目立ち、
1~3番人気の総崩れは2015年の1度だけ。
過去10年で勝ち馬7頭が2番人気以内。
2着馬は9頭が4番人気以内と
ハンデ戦でありながら、
人気馬が強いレース。
とはいうものの、1番人気は3勝と取りこぼしも多い。
1番人気は複系馬券の軸としては
高い信頼度を誇るが、意外な落とし穴もある。
なお、2ケタ人気は10~12人気が
2勝2着1回3着1回と、
人気薄にしては馬券に絡んでいる。
ヒモには押さえておきたい。

 

<枠順別成績>
着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 【3.1.0.10】 21.4% 28.6% 28.6%
2枠 【1.1.2.10】 7.1% 14.3% 28.6%
3枠 【1.2.1.11】 6.7% 20.0% 26.7%
4枠 【1.2.2.11】 6.3% 18.8% 31.3%
5枠 【1.0.1.18】 5.0% 5.0% 10.0%
6枠 【2.2.0.16】 10.0% 20.0% 20.0%
7枠 【0.1.4.16】 0.0% 4.8% 23.8%
8枠 【1.1.0.19】 % % %

過去10年で1枠が3勝。
勝ち馬の出現率でいうと、
やや内が有利なのだが、
2~3着馬は外からも出ていて、
7枠は2着1回、3着が実に4回。
極端な数値の差が出ているわけではないものの、
波乱となった2013年と2015年は3枠以内で
上位を独占している。
あまり枠にこだわらなくてもいいが
取捨で迷った際は内枠を優先するのがベター。
強いていうなら多頭数の外枠はやや割引。

 

<脚質別成績>
脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率
逃げ 【2.1.0.9】 16.7% 25.0% 25.0%
先行 【3.2.4.26】 8.6% 14.3% 25.7%
差し 【4.6.5.35】 8.0% 20.0% 30.0%
追い込み 【1.1.1.41】 2.3% 4.5% 6.8%

 

<上がり3F別成績>
上がり3F 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1位 【5.2.2.2】 45.5% 63.6% 81.8%
2位 【1.3.0.9】 7.7% 30.8% 30.8%
3位 【0.2.4.4】 0.0% 20.0% 60.0%
~5位 【2.3.1.11】 11.8% 29.4% 35.3%
6位~ 【2.0.3.85】 2.2% 2.2% 5.6%

 

<4角位置別成績>
4角位置 着別度数 勝率 連対率 複勝率
4角1番手 【2.1.0.7】 20.0% 30.0% 30.0%
2番手以内 【3.1.1.18】 13.0% 17.4% 21.7%
3番手以内 【5.2.3.26】 13.9% 19.4% 27.8%
4番手以内 【5.3.4.35】 10.6% 17.0% 25.5%
5番手以内 【6.5.5.39】 10.9% 20.0% 29.1%
7番手以内 【8.8.8.52】 10.5% 21.1% 31.6%
10番手以内 【9.9.9.75】 8.8% 17.6% 26.5%
2番手以下 【8.9.10.104】 6.1% 13.0% 20.6%
3番手以下 【7.9.9.93】 5.9% 13.6% 21.2%
4番手以下 【5.8.7.85】 4.8% 12.4% 19.0%
5番手以下 【5.7.6.76】 5.3% 12.8% 19.1%
7番手以下 【4.3.3.63】 5.5% 9.6% 13.7%
10番手以下 【1.1.1.41】 2.3% 4.5% 6.8%
13番手以下 【0.1.0.14】 0.0% 6.7% 6.7%
16番手以下 【0.0.0.5】 0.0% 0.0% 0.0%

2400mの外回りコースで
行われている伝統の一戦だが、
逃げ馬から追い込み馬まで
脚質はバラエティに富んでいて、
過去10年で4角先頭から押し切った馬が2頭いる。
あまり脚質にとらわれなくてもいいが、
ある程度前で競馬が出きる馬
安定して好成績を残している。

 

<斤量別成績>
斤量 着別度数 勝率 連対率 複勝率
55.0㎏ 【3.2.0.16】 14.3% 23.8% 23.8%
54.0㎏ 【2.1.0.27】 6.7% 10.0% 10.0%
56.0㎏ 【1.6.3.15】 4.0% 28.0% 40.0%
52.0㎏ 【1.0.4.13】 5.6% 5.6% 27.8%
56.5㎏ 【1.0.1.0】 50.0% 50.0% 100.0%

どのハンデ範囲も馬券に絡んでいるが、
よく馬券に絡んでいるのは54~56.5キロの範囲。

 

<年齢別成績>
年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率
4歳 【6.5.2.20】 18.2% 33.3% 39.4%
5歳 【2.4.5.21】 6.3% 18.8% 34.4%
6歳 【2.1.3.24】 6.7% 10.0% 20.0%
7歳 【0.0.0.28】 0.0% 0.0% 0.0%
8歳 【0.0.0.11】 0.0% 0.0% 0.0%
9歳 【0.0.0.5】 0.0% 0.0% 0.0%
10歳 【0.0.0.2】 0.0% 0.0% 0.0%

勝ち馬は4歳から6歳までの3世代。
4歳馬が圧倒的に強く、
年齢を重ねる毎に信頼度が下がり、
7歳以上は過去10年で1頭も
馬券絡みを果たした馬がおらず、大きく割り引き。
中心は4歳馬。2017年までは5年連続で優勝しており、
2着以内は8年連続、3着以内になると9年連続で、
該当馬がいなかった2018年以外は
すべて馬券に絡んでいる。

 

<前走レース別成績>
レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率
愛知杯 【2.1.1.4】 25.0% 37.5% 50.0%
菊花賞 【2.0.0.3】 40.0% 40.0% 40.0%
有馬記念 【2.0.1.6】 22.2% 22.2% 33.3%
金鯱賞 【1.0.2.4】 14.3% 14.3% 42.9%
東京優駿 【1.0.0.0】 100.0% 100.0% 100.0%
オリオンS 【0.3.0.6】 0.0% 33.3% 33.3%

 

<前走距離別成績>
距離別 着別度数 勝率 連対率 複勝率
2000m 【4.3.5.32】 9.1% 15.9% 27.3%
2500m 【3.1.0.13】 16.7% 22.2% 27.8%
3000m 【2.0.1.10】 15.4% 15.4% 23.1%
2400m 【1.3.2.15】 5.0% 20.0% 25.0%
1800m 【0.2.1.14】 0.0% 11.8% 17.6%

 

<レース間隔別成績>
間隔 着別度数 勝率 連対率 複勝率
中10週以上 【4.0.1.19】 16.7% 16.7% 20.8%
中2週 【3.0.1.14】 16.7% 16.7% 22.2%
中3週 【2.1.1.11】 13.3% 20.0% 26.7%
中5週 【1.3.3.18】 4.0% 16.0% 28.0%
中4週 【0.5.1.16】 0.0% 22.7% 27.3%

有馬記念、菊花賞とG1の大舞台
を経験している馬が強さを発揮しているが、
それに並ぶ2勝を挙げているのが牝馬限定重賞の愛知杯。
のべ8頭で4回の馬券絡みは無視出来ない実績。
また、ハンデ戦ということもあってか、
条件クラスからの昇級戦、
格上挑戦での馬券絡みも度々見られる。
他に、信頼度が高いのが菊花賞組とオリオンS組。
菊花賞組は、当日2人気以内に支持されれば勝率100%。
オリオンS組は1着が好走条件だ。
あとは1000万特別組も侮れない。
ここ2年連続で馬券に絡んでおり、
2着に0秒3差以上で勝っているか、
2人気以内で1着なら好走の余地はある。

 

<前走着順別成績>
前走着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1着 【2.4.3.11】 10.0% 30.0% 45.0%
2着 【1.3.1.11】 6.3% 25.0% 31.3%
3着 【2.2.2.7】 15.4% 30.8% 46.2%
4着 【0.0.1..4】 0.0% 0.0% 20.0%
5着 【1.0.0.2】 33.3% 33.3% 33.3%
6~9着 【3.1.0.31】 8.6% 11.4% 11.4%
10着~ 【1.0.2.42】 2.2% 2.2% 6.7%

過去10年で前走から連勝を果たしたのは
13年のカポーティスターと
昨年のパフォーマプロミスのわずか2頭。
2着馬は過去10年で9頭が前走3着以内だったが、
勝ち馬と3着馬は半数が前走4着以下。
前走6着以下からの巻き返しも多く、
その場合はレースの格、実績に要注意。
G1、G2好走馬は軽視禁物。

 

 

【日経新春杯2019予想】過去データの傾向と対策│データ分析(10年)から狙える馬まとめ

今回は、日経新春杯2019予想と

過去データの傾向と対策、

データ分析(10年)から狙える馬

探ってきました。

その中で、過去データから狙える馬

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬→人気ブログランキングへ

京都コースで2勝を挙げ、
1年前には今回コンビを組む予定の
騎手で京都の芝2400mを勝っている。
データから見ても圧倒的に
この世代が強いレース。
脚質もデータ的に良く
ここは積極的に狙っていきたい。

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク