Pocket

今回は、日経新春杯2019の

無料・公開予想と展開・印付き予想、

コース分析(京都芝2400m)を

中心とした記事を書いていきたいと思います。

3日間開催2日目となる13日の京都メインは、

新年最初のGII、日経新春杯。

G1や条件クラスなど、

さまざまな路線から集まった馬たちが

激突する伝統のハンデ重賞。

軽ハンデの馬から

重い重量を背負った馬まで、幅広く活躍している。

今年は、例年より頭数も揃いそうで、

面白い一戦となりそう。

今年の日経新春杯2019を制するのはどの馬なのか、

ここでは、日経新春杯2019の

無料・公開予想と展開・印付き予想、

コース分析(京都芝2400m)

書いていきます。

 

その前に、日経新春杯2019について

調教・最終追い切りの記事

過去データの傾向・分析

書いているので

合わせて読んで予想の参考に

してみてください。

【日経新春杯2019】予想│出走馬の調教・最終追い切り評価・分析から狙える馬

 

【日経新春杯2019】予想│出走馬の調教・最終追い切り評価・分析から狙える馬

 

【日経新春杯2019予想】過去データの傾向と対策│データ分析(10年)から狙える馬

 

【日経新春杯2019予想】過去データの傾向と対策│データ分析(10年)から狙える馬

 

【日経新春杯2019】コース分析(京都芝2400m)

スタート地点は4コーナー奥のポケット。
1コーナーまで、スタント前直線を約600m(Aコース)駆け抜ける。
1~2コーナーは平坦。2コーナーを回ると、
約500mのバックストレッチ。
向正面半ばからは徐々に坂を上り、
3コーナーのところで頂上を迎える。
そして4コーナーにかけて下るというレイアウト。
外回りコース使用で高低差は4.3m(内回りは3.1m)。
最後の直線は平坦で、Aコース時が404m。
3歳以上重賞の前半3ハロン水準ラップが
34秒2とかなり速くなっているが、
大きく飛ばす逃げ馬の存在がいたため。
1コーナーまでの距離は十分あるし、序盤は淡々と流れる。
中盤に入るとさらに落ち着く。
ただし、クラスが上がるごとに流れは厳しくなる。
勝負どころは3コーナー過ぎ、坂の頂上付近。
そこから徐々にペースアップする。
馬場状態がいい時は、ラスト3ハロンすべてで
11秒台のラップが刻まれる。
京都特有の軽い馬場に適応した、
素軽い瞬発力が要求される。
通常は先行馬と差し馬が強い。
ただし、1~2月開催の時計が
あまり出ない時期(特にBコース)は、逃げ馬が強い。
荒れ馬場を苦にしないメンタリティと、
バテない渋とさが必要になってくる。
枠順は内~中枠有利。

好走脚質→先行(勝率:12.7%)(複勝率:37.6%)

 

 

【日経新春杯2019】無料・公開予想│展開・印付き予想

<展開予想>

ペース:ミドル

スタート後
先頭121415
先団020716050604111008
中団13090301
後方

3コーナー
先頭12040215
先団07111610
中団05140806
後方13090301

4コーナー
先頭12160204
先団1005-711
中団15060814
後方13090301

 

<印付き予想>

◎12メイショウテッコン

菊花賞のメイショウテッコンは
発馬で後手に回って自分の競馬ができなかったし、
3000メートルも長かったか。
大トビで、自分のリズムで運べるといい脚を長く使う。
ダービー馬相手に0秒1差に食い下がった
神戸新聞杯の内容からも、ベストはハナ。
開幕2週目の馬場も脚質に味方しそう。
距離短縮も大きなプラス。

 

〇04アフリカンゴールド

前で運べて速い脚もある堅実駆けタイプ。
菊花賞では良さを出せなかったが、
余力十分に終い2ハロン11秒6→11秒5を
マークした前々走が2400メートル。
まだ準オープンの身の上だが、
この距離ならGⅡでも注意する必要がある。
ハンデの恩恵も見込めるここなら尚更だ。
帰厩後も順調。着実に良化を辿ってきた。

 

▲05シュペルミエール

1年8カ月もの休養明けを
ひと叩きしてキッチリと再昇級。
復帰戦でいきなり2着した前々走も、
ハナ差の勝ち馬は次走GⅡステイヤーズSで
2着したアドマイヤエイカン。
潜在能力の高さは明らかで、重賞でも十分通用しそう。
順調に使えているのは足元に不安がないからこそ。
大型で上積みもまだありそう。

 

☆10ルッゥトゥワイス

昇級戦だが、前々走のアルゼンチン共和国杯は
8着とはいえ0秒5差、3走前の2着も
ムイトオブリガードと0秒2。
ここでも大きな力差はなさそう。
右回りは前走で克服。
発馬が決まれば前で器用に運べるうまさもある。
詰まった間隔だが調整も順調。
使われてきた強みもある。

 

人気ブログランキングへ

切れるというよりいい脚を長く使うタイプ。
持久力勝負になれば良さを生かせる。
2400メートルを2分22秒3で
走れるのだから能力は確か。
メイショウがいるここならそれが叶いそうだ。
中間も好気配。GⅡのメンバーで改めて。

 

△16ムイトオブリカード

芝の長丁場を主戦場にして1年が経ったムイトオブリガード。
昨春の阪神大賞典では大きく崩れたが、
前走のアルゼンチン共和国杯では
上がり勝負に対応して0秒1差。
着実に力をつけてきた。
2400メートルは3戦3勝の得意距離。
右回りでも2勝しており、コース替わりに不安はない。
意欲的に攻められ、動きもいい。2カ月ぶりでも。

 

△02グローリーヴェイズ

菊花賞のグローリーヴェイズは休み明けのうえ、
不利とされる大外枠、展開も不向き。
それでも小差5着まで追い上げた。
際どく追い詰めた4着馬が
次走で有馬記念を制するブラストワンピース。
一層高く評価できる。
年長馬相手とはいえ、力関係は楽に。
距離短縮も大歓迎。久々も慣れたもの。
力を出せる態勢に仕上がっている。

 

△010307091115

 

穴馬は

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬人気ブログランキングへ

The following two tabs change content below.
スポンサーリンク