Pocket

今回は、新潟2歳ステークス2018無料予想と

馬券買い方・買い目と

有力馬分析・コース分析(新潟芝1600m)を

中心とした記事を書いていきたいと思います。

夏のローカル開催も残り2週となり、

新潟では日曜メインに新潟2歳ステークス

が行われる。

新潟外回りコースの長い直線を舞台に、

例年、激しい追い比べが

繰り広げられる若駒同士の争いは、

近年、他場で勝ち上がった各馬が

転戦してタイトルを奪取する

ケースが続いている。

今年の新潟2歳ステークス2018を制するのはどの馬か

ここでは、馬券買い方・買い目と

有力馬分析・コース分析(新潟芝1600m)

書いていきます。

 

その前に、新潟2歳ステークス2018について

他にも記事を

書いているので

合わせて読んで予想の参考に

してみてください。

【新潟2歳ステークス2018無料予想】データ分析・過去10年の傾向とデータから買える馬

【新潟2歳ステークス2018無料予想】出走馬の調教・最終追い切り分析、評価から買える馬
それでは、まずは枠順とオッズから見ていきます。

【新潟2歳ステークス2018】枠順

1枠1番エンパイアシュアー
2枠2番エルモンストロ
3枠3番オーパキャマラード
4枠4番エイシンゾーン
5枠5番ロードアクア
6枠6番ケイデンスコール
6枠7番エイカイキャロル
7枠8番スティルネス
7枠9番アンブロークン
8枠10番ヤサカリベルテ
8枠11番ジョディー

 

【新潟2歳ステークス2018】オッズ

1番人気ケイデンスコール      2.6
2番人気アンブロークン         4.8
3番人気ジョディー               5.7
4番人気エルモンストロ         8.2
5番人気エイシンゾーン         9.9
6番人気ロードアクア           12.3
7番人気エイカイキャロル     16.7
8番人気スティルネス           24.9
9番人気オーパキャマラード  47.9

 

【新潟2歳ステークス2018】コース分析(新潟芝1600m)

スタート地点は向正面直線の真ん中よりやや右。

3コーナーまでの直線は約550m(Aコース時)。

バックストレッチの内回りと外回りの分岐点を

過ぎたところから、約2mの坂を上る。

3~4コーナーはスパイラルカーブで、

やや急な下り坂。

仮柵によるコース設定はA、Bの2パターンで、

最後の直線距離はともに659m。

この部分はほぼ平坦だが、

距離は日本最長を誇る。

前半は平均ペースで3~4コーナーの

カーブでペースダウン、

後半瞬発力勝負というのが

おおまかな流れ。よって、

すべてのクラスの水準ラップで前半3ハロンより

後半3ハロンの方が速くなっている。

全体の時計も速く、関屋記念では1分32秒半ばが水準時計。

新潟2歳Sでも1分34秒台の時計が出る。

仕掛けのタイミングは最後の直線に

入ってからでも十分に間に合うため、

逃げにとっては厳しいコース。

要は最後の600~800mでどれだけ

速い上がりを使うことができるかがポイントだ。

Aコースでは先行~差しが互角。

枠順ほぼフラット。

好走枠→中枠(勝率:6.7%)(複勝率:20.9%)

好走脚質→先行(勝率:10.3%)(複勝率:27.4%)

 

【新潟2歳ステークス2018】有力馬分析

<アンブロークン>

東京1800メートルの新馬勝ち。

2番手で少し力んだ走り。

早目先頭から後続を寄せつけなかった。

マイルの方がレースはしやすそう。

1週前は古馬セダブリランテスを

相手に併せ馬を消化し、

順当に上積みを見込める。

 

<エイカイキャロル>

新潟1600メートルで新馬勝ちしている点が強み。

2番手でセンスの良さを感じさせるレース運び。

終い余力を残して上がり33秒3だし、

まずは完勝だった。

流れが速くなっても対応できそう。

初戦同様の脚を使えれば。

 

<エイシンゾーン>

中京1600メートルを2度経験している。

新馬はクビ差だったが、きっちりと前を捉え、

続く中京2歳Sでは先行して連対を確保。

初コースでも同様の左回りだし、

キャリアを生かしたい。

 

<エルモンストロ>

中京1600メートルを逃げ切りの形。

直線で追い出しを待つ余裕があり、

2着馬が来るとまた伸びた。

速い上がりの適性が未知だが、

控えてもレースはできそう。

例年2戦目で時計を詰める馬が多いことを思うと、

1分34秒9の勝ち時計を強調できる。

 

<ケイデンスコール>

新馬がハナ差負けだが、

勝ったのは中京2歳Sを楽勝したアドマイヤマーズ。

自身、2戦目は順当勝ち。

新潟にコースが替わり、時計を3秒4短縮。

昨年当レースを勝ったフロンティアが1分34秒6、

一昨年のヴゼットジョリーが1分34秒3。

重賞で通用するレベルだろう。

 

<ジョディー>

東京1600メートルで2馬身差の逃げ切り。

3着にはそこから3馬身差をつける楽勝だった。

11秒5-11秒4-11秒3の加速ラップで

終い突き放したあたり、

一介の逃げ馬ではなさそう。

牡馬が相手でも見劣りはしない。

 

<スティルネス>

福島1200メートルで勝ったが、

兄ロードクエストが当レースの勝ち馬。

距離が延びても問題ないだろう。

2馬身半差をつけた勝ちっぷりは強かったし、

長い直線で良さが出れば。

 

<ロードアクア>

東京1400メートルで新馬勝ち。

終い2ハロン目が10秒9。

2着馬が逃げ切って不思議のない流れだったが、

着差以上に余裕があり、

自身の上がりが33秒8。

新潟外回りに対応できる。

 

 

【新潟2歳ステークス2018】無料予想・馬券買い方・買い目

<展開予想>

ペース:スロー
逃げ02
好位09041105
中位一団
後方0110

<印付き予想>

人気ブログランキングへ
〇02エルモンストロ
▲06ケイデンスコール
☆09アンブロークン
△04050810

◎の軸馬は

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬→人気ブログランキングへ

馬体が増えて成長しているし、

自在性があり、

展開にも左右されない。

ここは、頭まである。

<買い目>

馬連

◎ー〇▲☆

馬単

◎→〇▲☆

三連単

◎→〇▲☆→印

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク