Pocket

今回は、新潟2歳ステークス2018無料予想と

データ分析・過去10年の傾向と

データから買える馬、予想オッズを

中心とした記事を書いていきたいと思います。

夏のローカル開催も残り2週となり、

新潟では日曜メインに新潟2歳ステークス

が行われる。

新潟外回りコースの長い直線を舞台に、

例年、激しい追い比べが

繰り広げられる若駒同士の争いは、

近年、他場で勝ち上がった各馬が

転戦してタイトルを奪取する

ケースが続いている。

今年の新潟2歳ステークス2018を制するのはどの馬か

ここでは、過去10年の傾向とデータから買える馬

探っていきたいと思います。

 

ますは、予想オッズから見ていきます。

【新潟2歳ステークス2018】予想オッズ

1番人気ケイデンスコール      2.6
2番人気エイシンゾーン         3.9
3番人気アンブロークン         4.7
4番人気ロードアクア            6.0
5番人気エルモンストロ         8.6
6番人気ジョディー              12.3
7番人気エイカイキャロル     16.8
8番人気スティルネル           30.2
9番人気オーパキャマラード  53.4

一桁人気の馬のオッズはこんな感じになっております。

 

【新潟2歳ステークス2018】データ分析・過去10年の傾向データから買える馬

【人気別】

1番人気   【4.2.0.4】
2番人気   【0.0.3.7】
3番人気   【4.0.0.6】
4番人気   【1.1.1.7】
5番人気   【0.1.1.8】
6番人気   【0.1.2.7】
7番人気   【0.0.0.10】
8番人気   【0.0.1.9】
9番人気   【1.0.2.7】
10番人気 【0.2.0.8】
11番人気 【0.0.0.10】
12番人気 【0.1.0.9】
13番人気 【0.0.0.10】
14番人気 【0.0.0.10】
15番人気 【0.2.0.8】
16番人気 【0.0.0.7】

6番人気以下でこのレースを制したのは

2010年のマイネイサベル(9番人気)のみ。

配当では単勝の低さに対して、

馬連や3連複は非常に高くなっている。

つまり、1着は堅いものの

2~3着については紛れるケースもあるのが、

当レースの大きな特徴。

事実、2008年以降の2着馬のうち、

半数が2桁人気の超大穴。

1着は手堅く、相手は人気薄を

積極的に狙えるレースとなっている。

 

【枠順別】

1枠 【1.1.2.13】
2枠 【1.1.2.16】
3枠 【1.1.0.18】
4枠 【0.2.3.15】
5枠 【3.0.0.16】
6枠 【1.1.1.17】
7枠 【0.3.1.23】
8枠 【3.1.1.22】

枠順については、「大差なし」。

強いてあげれば、勝率トップの5枠や、

複勝率トップの4枠が手をつけやすい。

とはいえ、単勝回収率のトップは8枠で、

複勝回収率が最も高いのは1枠と、

一利一害の状況。

当日の馬場状態をしっかり確認したうえで、

バイアスに合わせた

チョイスをするのが、正解。

 

【脚質別】

逃げ馬 【0.1.0.9】
先行馬 【1.1.2.34】
差し馬 【4.4.6.57】
追込馬 【5.4.2.40】

<上がり3F>

1位   【5.3.1.1】
2位   【5.3.1.4】
3位   【0.2.1.6】
~5位【0.1.7.15】
6位~【0.1.0.114】

<4角位置別>

4角1番手    【0.1.0.9】
2番手以内   【1.2.0.23】
3番手以内   【1.2.1.33】
4番手以内   【1.2.2.43】
5番手以内   【1.3.3.51】
7番手以内   【1.3.5.63】
10番手以内 【4.4.7.90】

2番手以下   【10.9.10.131】
3番手以下   【9.8.10.117】
4番手以下   【9.8.9.107】
5番手以下   【9.8.8.97】
7番手以下   【9.7.5.82】
10番手以下 【6.6.3.56】
13番手以下 【5.4.2.30】
16番手以下 【3.1.2.11】

2008年以降、4角5番手以内で

回った先行勢は1勝を含む4連対と大不振。

連対馬の多くが中団~後方から

差してきた馬で、

上がり3F最速馬の成績は

【5.3.1.1】と圧倒的。

勝ち馬はすべて上がり2位以内の

末脚を繰り出している

2017年こそ、2番手追走馬→逃げ馬の順で

決着しているが、

これはレアケースととらえたほうがいい。

基本的には前走で速い上がりを

使っていた馬を重視すべきレース。

 

【前走別】

<レース別>

新馬戦組          【7.5.7.68】
未勝利組          【2.4.1.29】
ダリア賞組       【1.1.0.24】
函館2歳S組     【0.0.1.0】
マリーゴール組 【0.0.1.1】
フェニックス組 【0.0.01】
ルーキーCh組   【0.0.0.1】

<場所別>

新潟【5.5.2.87】
中京【3.1.2.12】
東京【1.2.2.7】
阪神【1.0.0.6】
福島【0.2.2.16】
函館【0.0.1.2】

前走で東京あるいは中京を

使っていた馬が攻勢。

2013年以降は特にその傾向が顕著で、

3着以内15頭のうち、実に10頭が該当する。

舞台となる新潟芝1600mは

最後の直線が約650mと長い。

ゆえに、過去に直線の長いコースで

速い上がりを繰り出して

好走した経験のある馬が

良い成績を残している。

<距離別>

1600m組 【5.3.4.27】
1400m組 【5.2.2.61】
1800m組 【0.3.1.27】
1200m組 【0.2.3.21】
1150m組 【0.0.0.1】

◆同距離【5.3.4.27】
◆延長   【5.4.5.86】
◆短縮   【0.3.1.27】

2008年以降、前走から距離短縮組が

未勝利かつ3連対であるのに対し、

同距離・距離延長組は10勝を含む

17連対という圧倒的な成績。

<間隔別>

中5週組         【2.2.3.10】
中7週組         【2.2.1.6】
中6週組         【2.0.2.13】
中10週以上組 【1.2.2.9】
中4週組         【1.2.1.21】

 

 

【新潟2歳ステークス2018】データ分析・過去10年の傾向データから買える馬まとめ

今回は、新潟2歳ステークス2018

データ分析・過去10年の

傾向データから買える馬

探ってきました。

データから買える馬は

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬→人気ブログランキングへ

センスは高いし前走後も順調。

更に勝負根性があり

自分で競馬を作れるのも強み。

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク