Pocket

今回は、弥生賞2019の予想と

過去データの傾向と対策、

データ分析(10年)から狙える馬を中心とした記事

書いていきたいと思います。

クラシックレースのトライアルシーズンに入り、

中山では皐月賞の前哨戦・弥生賞が日曜メインで行われる。

3着までに皐月賞本番への優先出走権が与えられる。

過去10年の勝ち馬を見ると、

2010年ヴィクトワールピサが皐月賞馬に輝き、

2011年サダムパテック、2014年トゥザワールド、

2016年マカヒキが皐月賞で2着に入っている。

さらに2009年ロジユヴァースとマカヒキ、

2014年2着ワンアンドオンリー、2018年2着ワグネリアンは

ダービー馬に輝いた。

最近は共同通信杯、きさらぎ賞から

皐月賞に直行するケースが目立つなど、

ローテーションが多様化しているが、

注目のトライアルであることに変わりはない。

今年の弥生賞2019を制するのはどの馬なのか、

ここでは、弥生賞2019の予想と

過去データの傾向と対策、

データ分析(10年)から狙える馬

探っていきたいと思います。

【弥生賞2019予想】過去データの傾向と対策│データ分析(10年)から狙える馬

<人気順別成績>
人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 【6.1.0.3】 60.0% 70.0% 70.0%
2番人気 【2.2.2.4】 20.0% 40.0% 60.0%
3番人気 【0.1.1.8】 0.0% 10.0% 20.0%
4番人気 【0.2.1.7】 0.0% 20.0% 30.0%
5番人気 【0.1.3.6】 0.0% 10.0% 40.0%
6番人気 【1.0.0.9】 10.0% 10.0% 10.0%
7番人気 【0.1.2.7】 0.0% 10.0% 20.0%
8番人気 【0.1.0.9】 0.0% 10.0% 10.0%
9番人気 【1.0.0.9】 10.0% 10.0% 10.0%
10番人気 【0.1.1.8】 0.0% 10.0% 20.0%

1番人気が強いレースで過去10年で【6.1.0.3】と連対率70%。
連対を外した3頭は意外にもデビューから無傷だった馬で、
すべて前年暮れのホープフルS優勝馬か
かつてのラジオNIKKEI杯2歳Sの優勝馬だった。
昨年はダノンプレミアムが連勝を伸ばしたが、
無敗馬は少し疑ってかかった方がいいかもしれない。
2人気も連対率40%、複勝率60%とまずまずの成績。
昨年も2着にきており、1人気と同様に好調。
6番人気以下で馬券に絡んだ馬が8頭と
人気薄も度々来ているレースだが、
ほとんどは重賞、オープン特別で掲示板に載る
実績を持ちながら人気の盲点となっていた馬。
距離経験がなかった馬も馬券になっており、
距離延長が嫌われている実績馬は要注意

<枠順別成績>
着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 【1.0.0.9】 % % %
2枠 【0.2.2.7】 % % %
3枠 【1.2.4.4】 % % %
4枠 【1.1.3.8】 % % %
5枠 【0.1.1.14】 % % %
6枠 【2.0..0.16】 % % %
7枠 【1.4.0.15】 % % %
8枠 【4.0.0.16】 % % %

まず目立つのが8枠の4勝なのだが、
過去10年で10頭立てが2回あるなど、
少頭数になる年が多く、
枠番と馬番はあまり気にするファクターではない。

<脚質別成績>
脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率
逃げ 【1.1.0.8】 10.0% 20.0% 20.0%
先行 【5.7.3.31】 10.9% 26.1% 32.6%
差し 【3.1.5.17】 11.5% 15.4% 34.6%
追い込み 【1.1.2.33】 2.7% 5.4% 10.8%

 

<上がり3F別成績>
上がり3F 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1位 【3.3.0.5】 27.3% 54.5% 54.5%
2位 【2.1.3.5】 18.2% 27.3% 54.5%
3位 【3.2.2.8】 20.0% 33.3% 46.7%
~5位 【1.0.3.12】 6.3% 6.3% 25.0%
6位~ 【1.4.2.59】 1.5% 7.6% 10.6%

 

<4角位置別成績>
4角位置 着別度数 勝率 連対率 複勝率
4角1番手 【1.1.0.8】 10.0% 20.0% 20.0%
2番手以内 【2.3.0.19】 8.3% 20.8% 20.8%
3番手以内 【2.5.1.25】 6.1% 21.2% 24.2%
4番手以内 【6.8.3.39】 10.7% 25.0% 30.4%
5番手以内 【8.8.4.43】 12.7% 25.4% 31.7%
7番手以内 【8.8.7.53】 10.5% 21.1% 30.3%
10番手以内 【10.10.9.74】 9.7% 19.4% 28.2%
2番手以下 【9.9.10.81】 8.3% 16.5% 25.7%
3番手以下 【8.7.10..70】 8.4% 15.8% 26.3%
4番手以下 【8.5.9.64】 9.3% 15.1% 25.6%
5番手以下 【4.2.7.50】 6.3% 9.5% 20.6%
7番手以下 【2.2.5.42】 3.9% 7.8% 17.6%
10番手以下 【0.1.1.20】 0.0% 4.5% 9.1%
13番手以下 【0.0.0.2】 % % %

過去10年、4角先頭で押し切った馬は2009年ロジユニヴァース1頭。
3着までに皐月賞の優先出走権が得られる
重要なトライアルレースでありながら、
過去10年でフルゲートになったことは1度もない。
距離やコース体型からも先行有利の形になることが多く、
4角2~5番手の馬が7勝している。
ちなみに4角6番手以下のポジションから差し切ったのは
2010年のヴィクトワールピサと
2016年のマカヒキでどちらも後にクラシックホースとなっている。

<前走レース別成績>
レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率
朝日杯FS 【2.3.3.3】 18.2% 45.5% 72.7%
ラジNIK 【2.2.0.5】 22.2% 44.4% 44.4%
若駒S 【2.1.0.1】 50.0% 75.0% 75.0%
東スポ2歳 【1.1.0.0】 50.0% 100.0% 100.0%
京都2歳 【1.0.0.1】 50.0% 50.0% 50.0%

 

<前走距離別成績>
距離別 着別度数 勝率 連対率 複勝率
2000m 【5.3.4.35】 10.6% 17.0% 25.5%
1800m 【3.3.1.30】 8.1% 16.2% 18.9%
1600m 【2.4.5.16】 7.4% 22.2% 40.7%
1200m 【0.0.0.1】 0.0% 0.0% 0.0%
2200m 【0.0.0.1】 0.0% 0.0% 0.0%

 

<レース間隔別成績>
間隔 着別度数 勝率 連対率 複勝率
中10週以上 【4.6.3.10】 17.4% 43.5% 56.5%
中5週 【2.1.0.6】 22.2% 33.3% 33.3%
中9週 【2.1.0.9】 16.7% 25.0% 25.0%
中2週 【1.2.1.16】 5.0% 15.0% 20.0%
中4週 【1.0.0.5】 16.7% 16.7% 16.7%

過去10年で勝ち馬を2頭出しているのが、
朝日杯FS、ラジオNIKKEI杯2歳S、若駒Sの3つ。
朝日杯FS組は連対率、複勝率も高く、
距離延長というだけで評価を下げるのは危険。
昨年はG1に格上げされたホープフルSから
2頭が出走して3着と4着。
かつてのラジオNIKKEI杯2歳S組が
好成績を残していることからも、
今後の動向に注意を払いたい。
また、西の王道となりつつある
若駒Sも【2.1.0.1】で、
馬券圏外となった1回も少差の4着と好走率が高い。

<前走着順別成績>
前走着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1着 【8.5.0.41】 14.8% 24.1% 24.1%
2着 【0.2.5.7】 0.0% 14.3% 50.0%
3着 【0.0.2.8】 0.0% 0.0% 20.0%
4着 【1.2.1.6】 10.0% 30.0% 40.0%
5着 【1.0.0.4】 20.0% 20.0% 20.0%
6~9着 【0.1.1.16】 0.0% 5.6% 11.1%
10着~ 【0.0.1.6】 0.0% 0.0% 14.3%

前走から連勝を果たした馬は実に8頭。
クラシックに直結するレースとあって、
大敗後に巻き返して勝つのは至難の業で、
勝ち馬の残る2頭も前走は重賞で4着、5着と
レベルの高いレースで素質の一端を見せていた。
前走が掲示板から外れた馬で複勝圏に入ったのは3頭。
いずれも重賞で3着以内に入った経験を持っていた。

 

【弥生賞2019予想】過去データの傾向と対策│データ分析(10年)から狙える馬まとめ

今回は、弥生賞2019の予想と

過去データの傾向と対策、

データ分析(10年)から狙える馬

探ってきました。

その中でも、狙える馬

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬人気ブログランキングへ

前走、最後の直線で前が壁になり追い出しを
待たされる不利もあったが3着と好走した。
前走に比べて捌きやすい頭数に収まることもあり、
仕上がり次第では巻き返しの可能性は十分ある。

 

【あのシャーロックが無料会員の再募集を始めました!】

これまであまりの人気に無料登録を止めていたというシャーロック。
先週の中山記念をきっちり仕留めたこともあり、
沢山の「入会したい!」という声からなんと再募集に踏み切ったそうです!

ただ、上限持ち…。今週は30名様限定での募集となっており

それ以上は自動的にストップされてしまうようなので
早めの登録が必須となっているようです…!!!

【先着30名様限定!】無料登録はこちら!

シャーロックの武器は・・・

独自の情報網とデータを解析し、
ただの的中ではなく高配当を狙い撃つ!

◆ーーーーーーーーーーーーーーーーー

業界の中枢にはまで張り巡らせた独自のコネクション
この情報網により膨大な有力情報を独占入手!

長年に渡る膨大な過去データを集計し数値化。
分析・解析を行いシミュレート完璧にこなす!

◆ーーーーーーーーーーーーーーーーー

これが”驚異的とも言える的中率”を出せる秘訣なのです!

どんなに知識が少なくとも…

どんなに軍資金が少なくとも…

高配当獲得は可能!!事実!!

毎週、万馬券高配当が続出中!!

数々の的中実績が証明!!

直近の的中実績会員様が実際に獲得された

的中をご紹介します。

この情報が真実かどうか…。それを疑っているとそれは正直もったいない!です。

真の情報とシャーロックが誇る独自解析で高配当馬券を量産!しているシャーロック。

このサイトは兎に角「当たりますよ」

疑っているのであれば無料なので是非登録してみてください。
正直週末のドンよりした気持ちが一気にスカッと!しますよ(笑)

今週は注目のG2「弥生賞」の情報も無料で公開予定!

その目でシャーロックの凄さを目の当たりにしてみてください!!

無料登録ご希望の方はこちらをクリック!

※メールアドレスを入力するだけで簡単登録で

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク