Pocket

今回は、府中牝馬ステークス2018の予想と展開・印付き予想・

有力馬分析・コース分析(東京芝1800m)を

中心とした記事を書いていきたいと思います。

東京の土曜メインは、

アイルランドT府中牝馬ステークス。

エリザベス女王杯の前哨戦として

位置付けられているが、

マイルチャンピオンシップを目指す馬もいて、

重要な一戦となっている。

今年の府中牝馬ステークス2018

制するのはどのうまなのか

ここでは、予想・展開・印付き予想と

有力馬分析・コース分析(東京芝1800m)

書いていきます。

 

その前に、府中牝馬ステークス2018について

調教・最終追い切りの記事も

書いているので

合わせて読んで予想の参考に

してみてください。

【府中牝馬ステークス2018】予想│出走馬の調教・最終追い切り評価・分析から狙える馬

 

それでは、まずは枠順とオッズから見ていきます。

【府中牝馬ステークス2018】枠順

1枠1番クロコスミア
2枠2番フロンテアクイーン
3枠3番ソウルスターリング
4枠4番ディアドラ
5枠5番キョウワゼノビア
6枠6番ジュールポレール
6枠7番メイズオブオナー
7枠8番アドマイヤリード
7枠9番カワキタエンカ
8枠10番リスグラシュー
8枠11番ミスパンテール

 

【府中牝馬ステークス2018】オッズ

1番人気ディアドラ             2.5
2番人気リスグラシュー       2.9
3番人気ソウルスターリング 7.6
4番人気ミスパンテール      10.9
5番人気ジュールポレール   11.6
6番人気フロンテアクイーン18.2
7番人気クロコスミア         18.5
8番人気カワキタエンカ      23.5
9番人気アドマイヤリード   31.3

 

【府中牝馬ステークス2018】コース分析(東京芝1800m)

スタート地点は1~2コーナーの間にあるポケット。

正面から見ると斜めに横切り、

向正面の直線に合流するという

特殊なコースとなっている。

スタートから向正面の合流地点までの

距離は約150m。

3コーナー手前にさしかかるところで

緩い上り坂。

3~4コーナーにかけては下り坂になっている。

最後の直線に入ると、

途中からなだらかな上り坂(高低差2.1m)。

東京競馬場全体の高低差は2.7mある。

最後の直線距離は525.9mで、

新潟の外回りコースに次ぐ長さ。

3mごとに幅員が異なる。

前半と中盤のペースが遅く、

後半の3ハロンが速いという

典型的な上がり勝負。

重賞クラスのメンバーでも

超スローの上がり勝負になることは

めずらしくない。

脚質的には仮柵の位置を問わず逃げ、

先行馬の好走が多い。

ただし、速い上がりが要求されるため、

小回りのローカルを得意としている

ような馬は逆に苦しい。

枠順はあまり気にする必要はないが、

逃げ・先行馬は真ん中から内枠を引いた方が、

すんなりインコースに潜り込みやすい。

好走枠→中枠(勝率:7.0%)(複勝率:23.0%)

好走脚質→先行(勝率:9.1%)(複勝率:28.4%)

 

【府中牝馬ステークス2018】有力馬分析

<アドマイヤリード>

1歳年長のアドマイヤリードは

昨年のVマイルを勝ち、

府中牝馬Sは3着。

今春は昨年ほどの成績を残せなかったが、

阪神牝馬Sではアタマ、クビ、クビ差。

Vマイルは馬場を気にしていたとのことだし、

極端な衰えは感じられない。

夏場の休養がプラスに働けば。

 

<クロコスミア>

昨年の勝ち馬で続く

エリザベス女王杯はクビ差2着。

ドバイ帰りの札幌記念は

仕上がりは悪くなかったが、

息切れの形。

自分のリズムでレースが

できる東京に替わって見直したい。

 

<ジュールポレール>

昨年3着だったVマイルに優勝。

成長著しい。休み明けは①①⑤着。

敗れた際も0秒2差。

斤量面で少し不利だが、

底力を軽く扱えない。

 

<ソウルスターリング>

阪神JF勝ちした2歳女王。

桜花賞3着、オークス優勝から、

秋には古馬の牡馬相手に挑んだ。

不振が続き、前走のクイーンS3着も

物足りないが、それでも明るい兆しは見えた。

帰厩後は坂路で熱心に乗り込まれ、

復活の時を迎えるか。

 

<ディアドラ>

牝馬三冠⑥④①着。

出世は遅れたが、3連勝で秋華賞を制した。

ドバイ帰りのクイーンSではクビ、クビの

2着争いを尻目に3馬身をつけ、

改めて高い能力を見せつけている。

その後は秋に備え、1週前、

ルメール騎手での追い切りは前走時同様。

6ハロンから格下を問題とせず、

順調に調整が進んでいる。

東京はオークス以来になるが、

長い直線はプラス。

 

<リスグラシュー>

4歳が主力。

リスグラシューは牝馬三冠②⑤②着。

阪神JF2着、今春のVマイルも2着。

無冠ながら牡馬相手の東京新聞杯勝ちもあり、

トップクラスの力量は疑いようがない。

安田記念は激戦のあとの中2週で上積みがなく、

自身Vマイルを上回る時計で

走って敗れたのだから仕方がない。

夏場休養した効果が見込め、

先週の坂路は遅れたが、

一杯に追い切られたことで

変わってくるだろう。

悲願のGⅠ制覇へ向け譲れない一戦。

 

 

【府中牝馬ステークス2018】展開・印付き予想

<展開予想>

ペース:スロー
逃げ09
好位0105
中位10一団
後方08

<印付き予想>

◎04ディアドラ
〇01クロコスミア
▲02フロンテアクイーン
☆08アドマイヤリード
人気ブログランキングへ
△0306091011

穴馬は

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬人気ブログランキングへ

短期放牧を挟んでここを目標に来た。

格上挑戦だがチャンスはある。

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク