Pocket

今回は、小倉2歳ステークス2018最終予想、

展開・印付き予想と

有力馬分析・コース分析(小倉芝1200m)を

中心とした記事を書いていきたいと思います。

夏の小倉最終日のメインは、GⅢ小倉2歳ステークス。

一昨年の覇者レーヌミノルが

翌年に桜花賞を制するなど、

近年の勝ち馬は短距離を中心に

重賞戦線で活躍している。

今年もスピード豊かな素質馬たちが集結。

今年はどの馬が

小倉2歳ステークス2018を制するのか

ここでは、小倉2歳ステークス2018最終予想、

展開・印付き予想と

有力馬分析・コース分析(小倉芝1200m)

書いていきます。

 

その前に、小倉2歳ステークス2018

出走馬の調教・最終追い切り評価・分析についても

記事を書いているので

合わせて読んで予想の参考に

してみてください。

【小倉2歳ステークス2018】予想│出走馬の調教・最終追い切り評価・分析から狙える馬

 

それでは、まずは枠順とオッズから見ていきます。

【小倉2歳ステークス2018】枠順

1枠1番チュウワフライヤー
2枠2番エイシンノホシ
3枠3番ルチアーナミノル
3枠4番セプタリアン
4枠5番シングルアップ
4枠6番ファンタジスト
5枠7番カシノティーダ
5枠8番ミヤジシルフィールド
6枠9番アズマヘリテージ
6枠10番アーデントリー
7枠11番タムロドリーム
7枠12番ブルベアオーロ
8枠13番タガノジェリディ
8枠14番ジャカランダシティ

 

【小倉2歳ステークス2018】オッズ

1番人気シングルアップ            4.7
2番人気セプタリアン               4.9
3番人気ファンタジスト            5.2
4番人気ルチアーナミノル         5.7
5番人気ジャカランダシティ     10.6
6番人気ブルベアオーロ           15.1
7番人気エイシンノホシ           15.8
8番人気チュウワフライヤー     19.5
9番人気ミヤジシルフィールド  20.5

 

【小倉2歳ステークス2018】コース分析(小倉芝1200m)

スタート地点は向正面直線の2コーナーポケット。

小倉競馬場は2コーナーのところが

最高部(芝コースの高低差は2.96m)になっており、

スタート後200mほど下る。

3コーナーまでの直線距離は約480m。

3~4コーナーはスパイラルカーブで下り坂。

最後の直線距離は293m。仮柵によるコース設定はA、B、Cの3パターン。

コース形態に伴い、前半の600mはとにかく速い。

どのクラスも33秒台前半が水準時計。

3コーナーの入り口ではあまり速度が落ちないため、

4コーナーから最後の直線に入る際の

コーナリングは案外難しい。

これがスパイラルカーブの特性だが、

小倉芝1200mでは特に外に振られやすくなっている。

基本的には逃げ~先行馬が有利だが、

前後半3ハロンのラップ差が激しいので、

前が総崩れになることもある。

馬場状態もカギとなる。

好走脚質→逃げ(勝率:21.2%)(複勝率:40.6%)

 

【小倉2歳ステークス2018】有力馬分析

<エイシンノホシ>

攻めの良さが実戦でストレートに出た。

最後はソラを使うほどで、

楽勝と言っていいだろう。

1ハロン延長、初芝と課題はあるが、

十分通じるスピードがある。

今回も現地滞在の利があるし、

動きもいい。重賞でも注目。

 

<シングルアップ>

初戦で緩い流れでもガッチリと

折り合って好位差しを決めると、

前走のフェニックス賞は

前半33秒3で引っ張っての逃げ切り。

センス抜群。距離や小倉への輸送もこなしたし、

収穫大の内容だった。

その前走が約2カ月ぶりで太目。

叩いての上積みは大きそう。

使ったあとも順調だ。

 

<ジャカランダシティ>

初戦は出脚良く先手を取り、

直線を向いて追われると

ビュッと伸びて後続を突き放した。

抜け出すと気を抜いたか、

頭が高くなっていたが、

それだけ余力があるということ。

時計はまだ詰まるだろうし、

タメて終いを生かす競馬なら更に良さそうだ。

レースは開いたが、

気持ちが前向きで仕上がり早やのタイプ。

長距離輸送さえこなせば。

 

<セプタリアン>

初戦でジャカランダシティの2着。

序盤は行きたがり、

直線は外へ張ってと

ロスのある走りだったが、

それでも目につく伸びで2着。

1度使ったことで行きたがる面は

マシになっていたし、

前走は納得の3馬身半差。

スピードタイプで小倉はプラス。

ハナにもこだわらない。

22日には古馬に追走先着。

デキも良さそうだ。

 

<チュウワフライヤー>

ダートで新馬勝ち。

少し硬さがあり、出脚も速くはないので

芝1200メートルはベストの条件とは言い難いが、

それでもフェニックス賞で0秒2差2着だから、

秘める能力には確かなものがある。

条件には慣れが見込めるし、

大型でまだ上積みもありそう。

最終週で少し時計を要せば。

 

<ファンタジスト>

初戦は追われてフラつき、

追い詰められはしたものの、

それでもまだ余裕が窺えた。

スムーズに運べれば、

もっと楽に勝てていたのでは。

負かした2、3着馬が

次走でアッサリ勝ち上がるなどレースレベルも高く、

僅差でも高く買える。

レース慣れが見込めるし、

攻めも動けている。

今回の課題は右回りと小回り。

 

<ブルベアオーロ>

初戦は2着とは0秒2差だが、

3着は更に7馬身後方。

引っ張り切りの先行から、

後半3ハロンは11秒3→11秒1→11秒4。

決め手があるし、これでまだ余力が

あるのだから大したものだ。

中間もコースで乗られ、

23日のCWでは、終いは要したが、

余力残しで6ハロン79秒0。

デキがいいからこその調整だろう。

重賞でも。

 

<ルチアーナミノル>

1度使って物見する面がマシだったようで、

2戦目でキッチリ勝ち上がり。

勝ち時計はフェニックス賞のそれよりも0秒2速く、

上がりも優秀。

同じ舞台でやれるのなら、

勝ち負けを十分計算できる。

短期間での3走目だが、

順調だし、攻めもしっかりとやれた。

デキ落ちはない。

 

 

【小倉2歳ステークス2018】展開・印付き予想

<展開予想>

ペース:ハイ
逃げ110510
好位03080902
中位一団
後方13

<印付き予想>

◎04セプタリアン
〇14ジャカランダシティ
▲12ブルベアオーロ
☆09アズマヘリテージ
人気ブログランキングへ
△01020305061113

穴馬は

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬人気ブログランキングへ

操縦性が高いタイプで、

前走で力まずにレースが

できたのは強調材料。

一叩きされた上積みは大きい。

<買い目>

三連複

◎-〇▲☆穴-印

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク