Pocket

今回は、小倉2歳ステークス2018予想と

出走馬の調教・一週前追い切り

評価・分析から狙える馬を

中心とした記事を書いていきたいと思います。

夏の小倉最終日のメインは、GⅢ小倉2歳ステークス。

一昨年の覇者レーヌミノルが

翌年に桜花賞を制するなど、

近年の勝ち馬は短距離を中心に

重賞戦線で活躍している。

今年もスピード豊かな素質馬たちが集結。

今年はどの馬が

小倉2歳ステークス2018を制するのか

ここでは、出走馬の調教・一週前追い切り

評価・分析から狙える馬

探っていきます。

 

【小倉2歳ステークス2018】出走馬の調教・一週前追い切り評価・分析から狙える馬

<ジャカランダシティ>

(前回) 6/20 栗坂 重 馬なり余力
→1回 55.1 39.8 25.4 12.9

8/21 栗坂 良 馬なり余力
→1回 62.2 45.0 29.0 13.6

8/22 栗坂 良 強目に追う
→1回 52.3 38.4 25.3 13.0
ダズリングジュエル(三未勝)馬なりを0.5秒追走同入

8/26 栗坂 良 馬なり余力
→1回 56.0 40.8 26.2 12.3

【一週前追い切り評価】

8月半ばから調教を再開し、

22日は坂路でアヴドゥラ騎手が

またがって併せ馬を消化。

前半は追走するハンディを

課せられるも併入に持ち込み、

軽快な脚さばきを見せる。

 

<シングルアップ>

(前回) 8/8 栗CW 良 直強目余力
→83.3 66.8 52.0 38.6 11.9 [8]

8/22 栗坂 良 馬なり余力
→1回 57.5 42.4 27.7 13.7

8/26 栗坂 良 馬なり余力
→1回 60.1 44.6 29.0 14.1

【一週前追い切り評価】

使って間もないので

たっぷり余裕を持たせたメニューを、消化。

気の勝った面も見せず、

スムーズな脚取り。

 

<セプタリアン>

(前回) 7/4 栗坂 良 馬なり余力
→1回 55.6 40.6 26.1 12.5

8/19 栗坂 良 馬なり余力
→1回 60.7 43.7 28.5 13.8

8/22 栗CW 良 一杯に追う
→83.9 67.7 52.4 38.2 11.5 [8]
エルデュクラージュ(古1000万)一杯の内0.3秒追走0.2秒先着

8/26 栗坂 良 馬なり余力
→1回 59.3 43.0 28.1 13.8

【一週前追い切り評価】

8月22日のCコースで、

3勝を挙げている4歳馬エルデュクラージュを

2馬身追走して6ハロン標識を通過。

相手も実践を2ヶ月半離れてはいるが、

上回る手応えで先着し、

1ハロン11秒5の切れ味。

着実に態勢を整えている印象を受ける。

 

<タムロドリーム>

(前回) 8/8 栗坂 良 一杯に追う
→1回 53.7 38.3 24.4 12.3

8/22 栗坂 良 馬なり余力
→1回 54.0 38.9 25.1 12.6
ウインアライバル(二未勝)叩一杯を0.1秒追走0.1秒先着

【一週前追い切り評価】

僚馬のウインアライバルと

併せ馬で消化。

若干追走するメニューであったが

先着を果たし、

手応えも優勢で格好はつける。

 

<チュウワフライヤー>

(前回) 8/8 栗坂 良 馬なり余力
→1回 56.7 41.5 27.2 13.9

8/23 栗坂 稍 強目に追う
→1回 57.2 40.8 26.2 12.1

【一週前追い切り評価】

川又騎手がまたがり、

8月23日に単走で消化。

時計は地味だが、

走りは雰囲気が良く、

機敏さがうかがえる。

 

<ファンタジスト>

(前回) 7/12 栗坂 良 馬なり余力
→1回 56.5 40.0 25.9 12.9

8/16 栗坂 良 一杯に追う
→1回 52.2 37.6 24.7 12.4

8/19 栗CW 良 馬なり余力
→73.7 55.8 39.8 13.7 [8]
シャンテューズ(古500万)馬なりの外同入

8/23 栗坂 稍 一杯に追う
→1回 52.8 38.2 24.5 11.9

【一週前追い切り評価】

中間の、丹念さが目を引く過程。

8月23日に単走でびっしり消化し、

追われてからも反応は良く、

軽快なフットワークを披露した。

 

<ブルベアオーロ>

(前回) 7/20 栗CW 良 強目に追う
→82.1 65.8 51.3 37.4 11.7 [8]

8/16 栗CW 良 馬なり余力
→84.9 67.7 53.2 39.4 12.0 [5]
ミヤジシルフィード(二オープン)馬なりの内を0.4秒追走3F併同入

8/23 栗CW 稍 馬なり余力
→79.0 65.2 52.9 41.0 15.1 [7]
ミヤジシルフィード(二オープン)バテるの内を0.7秒追走3F併0.8秒先着

【一週前追い切り評価】

8月23日は僚馬2頭を約1秒追走し、

序盤から速いラップを刻む。

ラスト1ハロン15秒1を要したが

大差の先着で6ハロン79秒は

当日の1番時計。

これで仕上げも一段と進むだろう。

 

<ミヤジシルフィード>

(前回) 8/1 栗坂 良 馬なり余力
→1回 60.0 44.5 29.6 14.6

8/16 栗CW 良 馬なり余力
→85.3 68.6 53.5 39.4 12.0 [6]
ブルベアオーロ(二オープン)馬なりの外を0.4秒先行3F付同入

8/23 栗CW 稍 一杯追バテ
→80.5 67.1 54.2 41.8 15.5 [8]
ブルベアオーロ(二オープン)馬なりの外を0.7秒先行3F付0.8秒遅れ

【一週前追い切り評価】

新馬と一緒にブルベアオーロを

大きく先導しながら、

残り1ハロンの時点で

先を許す形で15秒5。

ただ、長めから攻めて鍛錬になった内容。

今週の追い切りにも注目。

 

<ルチアーナミノル>

(前回) 8/1 栗CW 良 馬なり余力
→69.8 53.4 38.9 12.1 [7]

8/15 栗CW 良 馬なり余力
→74.0 57.8 42.1 12.4 [7]

8/22 栗CW 良 馬なり余力
→82.8 66.1 51.3 37.9 12.7 [8]
オーパキャマラード(二オープン)馬なりの外0.3秒遅れ

【一週前追い切り評価】

8月22日に3頭併せを消化。

最内のオーパキャマラードに

遅れて入線する形ながら、

手応えには余裕があった。

強い調教は必要ない印象で、

加速ラップは上質なタイム。

毛ヅヤも良好。

 

 

【小倉2歳ステークス2018】出走馬の調教・一週前追い切り評価・分析から狙える馬まとめ

今回は、小倉2歳ステークス2018

出走馬の調教・一週前追い切り

評価・分析から狙える馬

探ってきました。

調教・一週前追い切りが良く

狙えると思った馬

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬人気ブログランキングへ

調教でも動いてるいるし、

小回りでもスムーズな競馬ができれば

いい所を見せれそう。

平坦より坂がある方が

いいと思うが

最終週の小倉の馬場なら

プラスに働くだろう。

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク