Pocket

今回は、小倉記念2018無料予想と

出走馬の調教・最終追い切り

分析・評価から買える馬を

中心とした記事を書いていきたいと思います。

夏の小倉開催2週目の日曜メインは

サマー2000シリーズ第3弾の小倉記念。

過去10年で1番人気は一度も勝っていない

更に人気薄の好走が目立ち、

2009年に16番人気のダンスアジョイ、

2016年には11番人気のクランモンタナが勝つなど、

大波乱が起こるレースとなっている。

今年はどの馬が、小倉記念2018を制するのか、

ここでは、出走馬の調教・最終追い切り

分析・評価から買える馬

探っていきたいと思います。

 

出走馬の調教・最終追い切り

分析・評価の前に

過去10年のデータを

分析した記事も書いているので

合して読んでみてください。

【小倉記念2018無料予想】データ分析・過去10年の傾向とデータから買える馬

 

それでは、小倉記念2018

出走馬の調教・最終追い切り

分析・評価から買える馬を

探っていきたいと思います。

【小倉記念2018】出走馬の調教・最終追い切り分析・評価から買える馬

①キョウヘイ

(前回) 栗坂重 馬なり
→1回 53.3 39.1 25.6 12.6

7/25 栗坂良 強 目
→1回 53.4 38.7 25.3 12.6

7/29 栗坂不 馬なり
→1回 55.0 40.0 26.1 12.7

8/1 栗坂良 馬なり
→1回 55.2 40.1 25.8 12.9

【最終追い切り評価】

終始首を右に傾けて

口向きに課題が残るが、

前肢を伸ばして軽快な脚取り。

 

②レイホーロマンス

(前回) 栗坂良 馬なり
→1回 54.2 38.7 24.8 12.1

7/25 栗坂良 一 杯
→1回 53.2 38.8 24.9 12.3

7/29 栗坂不 馬なり
→1回 62.0 44.8 29.4 14.2

8/1 栗坂良 馬なり
→1回 55.5 39.6 25.3 12.5

【最終追い切り評価】

首を上手に使った

キビキビとした

フットワークで好気配。

状態は悪くない。

 

③ストーンウェア

(前回) 栗CW良 強 目
→81.1 66.3 52.0 37.6 12.4 ⑦

7/21 栗坂良 一 杯
→2回 55.1 40.1 25.8 12.7

7/26 栗CW良 一 杯
→82.7 66.3 51.5 38.0 11.8 ⑥

8/1 栗CW良 一 杯
→82.8 67.0 52.1 38.0 12.2 ⑥

【最終追い切り評価】

気合を前面に出し、

追えば追うほど伸びる形で

フィニッシュ。

いきなりから。

 

④ストロングタイタン

(前回) 栗坂重 末強目
→1回 53.7 39.3 25.2 12.3

7/26 栗坂良 一 杯
→1回 50.6 36.1 23.3 11.7

7/29 栗坂不 馬なり
→1回 57.1 41.2 26.2 12.9

8/1 栗坂良 馬なり
→1回 53.0 38.6 25.0 12.2

【最終追い切り評価】

道中は力みが目立っていたが、

ゴール前はリズム良く

シャープな伸び脚。好調。

 

⑤キンショーユキヒメ

(前回) 栗CW良 一 杯
→82.6 66.1 51.1 37.2 11.9 ⑧

7/26 栗CW良 一 杯
→79.7 63.9 49.5 37.0 11.8 ⑧

8/1 栗CW良 一 杯
→83.2 66.7 51.2 37.1 11.5 ⑧

【最終追い切り評価】

2週続けてビシッと追われて

1F11秒台と元気いっぱい。

状態は悪くない。

 

⑥マイネルサージュ

(前回) 南W良 馬なり
→69.9 54.2 40.1 13.2 ⑦

7/25 南W良 馬なり
→71.0 54.7 40.1 13.1 ⑧
サンティールの外0.7秒先行同入

7/29 南W重 馬なり
→69.8 54.4 40.4 13.3 ⑦

8/1 南W良 馬なり
→54.1 38.9 12.5 ⑨
ショワドゥロワの外0.4秒先行同入

【最終追い切り評価】

中間も活気があって、

キビキビと動けている。

上がり目は薄いが、

出来は保つ。

 

⑦マウントゴールド

(前回) 栗CW良 一 杯
→53.0 38.1 11.8 ⑧

7/26 栗CW良 一 杯
→81.7 66.0 51.0 37.5 11.8 ⑧
サトノクロニクルの外0.5秒先行0.1秒遅れ

7/29 栗坂不 馬なり
→1回 56.3 41.0 26.8 13.0

8/1 栗CW良 馬なり
→82.5 66.6 51.8 37.3 11.6 ⑥
サトノクロニクルの内0.5秒追走0.1秒先着

【最終追い切り評価】

最後はうなるような伸び脚で

重賞ウイナーに先着。

充実ぶりは目を見張る。

 

⑧メドウラーク

(前回) 栗坂良 強 目
→1回 52.7 38.1 24.9 12.5

7/25 栗坂良 強 目
→1回 54.2 39.2 25.7 12.9

7/28 栗坂良 馬なり
→1回 56.3 40.4 25.8 12.6

8/1 栗坂良 一 杯
→1回 54.9 39.4 25.3 12.6

【最終追い切り評価】

速い脚はないが、

2週続けて負荷のかかった

追い切りを施した。

及第点の走り。

 

⑨エーティーサンダー

(前回) 栗坂良 馬なり
→1回 54.9 40.5 26.4 13.2

7/25 栗坂良 馬なり
→1回 60.5 44.8 29.6 14.1

7/29 栗坂不 馬なり
→1回 56.6 41.7 26.8 12.6

8/1 栗坂良 馬なり
→1回 57.2 40.9 26.6 12.9

【最終追い切り評価】

上がり重点で右手前のままだが、

気合を前面に出して素軽い脚取り。

前走程度。

 

⑩サトノクロニクル

(前回) 栗CW不 末強目
→52.4 38.2 11.3 ⑧

7/26 栗CW良 末一杯
→81.1 65.4 50.5 37.0 11.7 ⑦
マウントゴールドの内0.5秒追走0.1秒先着

7/29 栗坂不 馬なり
→1回 57.3 42.3 27.6 13.7

8/1 栗CW良 馬なり
→83.1 67.1 52.3 38.2 11.7 ⑦
マウントゴールドの外0.5秒先行0.1秒遅れ

【最終追い切り評価】

内の馬に遅れたが、

手応え十分でゴール前は

追撃態勢。

動き、気配ともに良い。

 

⑪トリオンフ

(前回) 栗CW良 馬なり
→83.5 67.0 52.7 38.1 11.8 ⑦

7/25 栗CW良 一 杯
→81.3 64.6 50.0 36.8 11.4 ⑥
フュージョンロックの外を0.8秒追走3F併同入

7/29 栗坂不 馬なり
→1回 57.2 40.6 26.0 13.0

8/1 栗坂良 馬なり
→1回 55.3 40.2 25.8 12.4

【最終追い切り評価】

約2か月ぶりだが、

CWと坂路で十分に

乗り込まれ好調時と

遜色のない走り。

 

⑫サンマルティン

(前回) 南W重 馬なり
→56.4 40.3 12.8 ③

7/29 小ダ良 馬なり
→53.9 39.3 12.2 ⑨

8/1 小ダ良 馬なり
→84.4 68.0 52.3 38.5 12.1 ⑥

8/3 小ダ良 馬なり

【最終追い切り評価】

昨年同様、小倉に滞在して

同じ攻め過程で挑む。

滑らかな走りで気配も良好。

 

 

【小倉記念2018】出走馬の調教・最終追い切り分析・評価から買える馬まとめ

今回は、小倉記念2018

出走馬の調教・最終追い切り

分析・評価から買える馬を探ってみました。

その中で、調教・最終追い切りが良く

買える馬を

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬→人気ブログランキングへ

放牧明けだが、

追い切りはしっかりした動き。

時計勝負にも対応できるし、

ハンデも手ごろ。

暑さにも強く、状態が良く

持ち味を発揮できる。

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク