Pocket

今回は、富士ステークス2018の予想と展開・印付き予想・

有力馬分析・コース分析(東京芝1600m)を

中心とした記事を書いていきたいと思います。

マイルチャンピオンシップへの前哨戦として

おなじみとなっている。

もっとも、有力馬の多くは

別路線からのステップで

本番へ向かうため、

メンバーはやや小粒になりがち。

上位入線馬のローテ的には秋緒戦の馬、

秋に1走使われた馬、

そして夏競馬に使われた馬が

ほぼ互角の成績を残しており、

そのあたりの取捨が難解なレースと言える。

今年の富士ステークス2018を制して

マイルチャンピオンシップの

優先出走権を獲得するのはどの馬のなかか

ここでは、予想、

展開・印付き予想と

有力馬分析・コース分析(東京芝1600m)

書いていきます。

 

その前に、富士ステークス2018について

調教・最終追い切り・過去の傾向、データ分析

記事も書いているので

合わせて読んで予想の参考に

してみてください。

【富士ステークス2018】予想│出走馬の調教・最終追い切り評価・分析から狙える穴馬

【富士ステークス2018】予想│過去の傾向とデータ分析(10年)から狙える馬

 

それでは、まずは枠順とオッズから見ていきます。

【富士ステークス2018】枠順

1枠1番ガルバルディ
1枠2番ストーミーシー
2枠3番デンコウアンジュ
2枠4番ウインブライト
3枠5番ゴールドサーベラス
3枠6番エアスピネル
4枠7番ウインガニオン
4枠8番ロジクライ
5枠9番ハクサンルドルフ
5枠10番ヤングマンパワー
6枠11番ワントゥワン
6枠12番クルーガー
7枠13番ペルシアンナイト
7枠14番レッドアヴァンセ
7枠15番マルターズアポジー
8枠16番ハッピーグリン
8枠17番ヒーズインラブ
8枠18番ジャンダルム

 

【富士ステークス2018】オッズ

1番人気ロジクライ4.6
2番人気エアスピネル4.9
3番人気ペルシアンナイト6.0
4番人気レッドアヴァンセ6.7
5番人気ワントゥワン6.8
6番人気ジャンダルム7.3
7番人気ハクサンルドルフ25.1
8番人気マルターズアポジー28.8
9番人気ハッピーグリン32.0

 

【富士ステークス2018】コース分析(東京芝1600m)

スタート地点は向正面直線の右奥。

最初の3コーナーまでの直線距離は約542m(Aコース時)。

3コーナー手前にさしかかるところで緩い上り坂。

3~4コーナーにかけては下り坂になっている。

最後の直線に入ると、

途中からなだらかな上り坂(高低差2.1m)。

東京競馬場全体の高低差は2.7mある。

最後の直線距離は525.9mで、

新潟の外回りコースに次ぐ長さ。

上がり3ハロンの水準は各クラス34秒台で

差があまりない。

その代わり前半3ハロンと中盤の厳しさの差が、

クラスの差になり、走破時計に影響を及ぼす。

特に3歳以上重賞は安田記念、NHKマイルC、

ヴィクトリアマイルとG1が多く組まれているため、

速い時計が出やすい。

スタートからゴールまで高いレベルのスピードと

末脚の持続力が必要になる。

クラスが下がると中盤までのペースが緩みがちになるので、

前に行った馬が残りやすくなる。

当然、馬場状態にもよるが

Bコースでの逃げ馬の活躍が目立つ。

枠順はほぼフラット。

多頭数の8枠のみ少し成績が悪い。

 

【富士ステークス2018】有力馬分析

<ウインブライト>

3重賞勝ちのうち2勝が中山、1勝が福島。

未勝利を勝っているとはいえ、

東京ではひと工夫必要になる。

先週のウッドで好時計の追い切り。

大阪杯以来でも力は出せそう。

 

<エアスピネル>

今春5カ月ぶりに復帰した

マイラーズCでレコードの3着。

体調が上がらず安田記念は自重し秋に備えた。

札幌記念5着のあと富士Sを勝った

昨年と比べて臨戦過程は見劣りするが、

9月2日に前走後の初時計を出し、

ここまで待って調教量は十分。

GⅠで②④④③⑤②着と高い能力の持ち主。

特に昨年のマイルCSはゴール寸前、

ハナだけ差される惜しい競馬だった。

本番を前に富士S連覇で弾みをつけたい。

 

<クルーガー>

一昨年のマイラーズCを

勝ったあと1年休み、

1度使われて昨年の富士Sが6カ月ぶり。

3着までよく追い上げた。

今年は京都金杯2着のあと、

12キロ減の東京新聞杯は

少しテンションが高かった。

休み明けで走り慣れているので、

いきなりでも注意。

 

<ジャンダルム>

年明けの弥生賞で

2着ワグネリアンと0秒1差。

皐月賞、日本ダービーとも

結果を残せなかったが、

2歳時連勝したマイルからの

再スタートとなる。

今後へのメドを立てたい。

 

<ペルシアンナイト>

昨年、日本ダービー以来の富士Sは5着。

マイルCSでGⅠを制し、

エアスピネルに雪辱した。

皐月賞、大阪杯とも2着し、

2000メートルでもトップクラスだが、

速い流れのマイルがレースはしやすい。

安田記念では追い出しを待たされ、

それで0秒4差。

重い斤量は課題でも改めて。

 

<レッドアヴァンセ>

5着した秋華賞から2年。

ようやく軌道に乗り、

Vマイルではハナ、クビ差の

際どい勝負をしている。

4勝すべてが牝馬限定。

斤量差でどこまで。

 

<ロジクライ>

シンザン記念を勝ったあと

2年近く休んだので、

5歳で12戦のキャリア。

良化の余地が大いにある。

マイラーズCではレコードの流れを3角先頭。

立て直しを図り、中京記念2着、京成杯AH3着と、

重賞で勝ち負けする力を取り戻している。

流れが緩いと折り合い面が問題になるが、

主導権を握ってしまえば。

 

<ワントゥワン>

Vマイルで9着に終わったが、着実に上昇。

関屋記念は斤量が軽かった勝ち馬とクビ差。

京成杯AHでも不利な外枠から末を伸ばした。

追い込み一手で勝ち味に遅い点は否めないが、

末脚の信頼度を格段に増した。

コース替わりはプラス材料になる。

 

 

【富士ステークス2018】展開・印付き予想

<展開予想>

ペース:ミドル
逃げ1507
好位1008
中位一団
後方110901

<印付き予想>

人気ブログランキングへ
〇14レッドアヴァンセ
▲16ハッピーグリン
☆18ジャンダルム
注08ロジクライ
△06エアスピネル
×0304050910111317

◎の軸馬は

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬→人気ブログランキングへ

休み明けでも何の問題もない。

人気はないが、実績もあり

馬券内に食い込んできても

不思議ではない存在。

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク