Pocket

今回は、富士ステークス2018の予想と

過去の傾向とデータ分析(10年)から狙える馬を

中心とした記事を書いていきたいと思います。

東京では土曜メインに富士ステークスが行われる。

マイルチャンピオンシップへの前哨戦として

おなじみとなっている。

もっとも、有力馬の多くは

別路線からのステップで

本番へ向かうため、

メンバーはやや小粒になりがち。

上位入線馬のローテ的には秋緒戦の馬、

秋に1走使われた馬、

そして夏競馬に使われた馬が

ほぼ互角の成績を残しており、

そのあたりの取捨が難解なレースと言える。

今年の富士ステークス2018を制して

マイルチャンピオンシップの

優先出走権を獲得するのはどの馬のなかか

ここでは、過去の傾向とデータ分析(10年)から

狙える馬を探っていきたいと思います。

 

また、富士ステークス2018

出走馬の調教・最終追い切りについても

記事を書いているので、

合わせて読んでみてください。

【富士ステークス2018】予想│出走馬の調教・最終追い切り評価・分析から狙える穴馬

 

【富士ステークス2018】予想│過去の傾向とデータ分析(10年)から狙える馬

 

<人気順別成績>
人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 【3.1.0.6】 30.0% 40.0% 40.0%
2番人気 【2.0.1.7】 20.0% 20.0% 30.0%
3番人気 【1.1.1.7】 10.0% 20.0% 30.0%
4番人気 【2.2.0.6】 20.0% 40.0% 40.0%
5番人気 【1.1.2.6】 10.0% 20.0% 40.0%
6番人気 【1.1.0.8】 10.0% 20.0% 20.0%
7番人気 【0.0.1.9】 0.0% 0.0% 10.0%
8番人気 【0.0.0.10】 0.0% 0.0% 0.0%
9番人気 【0.1.0.9】 0.0% 10.0% 10.0%
10番人気 【0.0.0.10】 0.0% 0.0% 0.0%
11番人気 【0.1.1.8】 0.0% 10.0% 20.0%
12番人気 【0.1.0.8】 0.0% 11.1% 11.1%
13番人気 【0.0.1.8】 0.0% 0.0% 11.1%
14番人気 【0.1.2.6】 0.0% 11.1% 33.3%
15番人気 【0.0.1.8】 0.0% 0.0% 11.1%

近10年の1番人気で

勝利したのは2011年のエイシンアポロン、

2013年のダノンシャーク、

2017年のエアスピネルの3頭である。

前2者は秋緒戦で敗れての2戦目、

後者は札幌記念惜敗後の参戦だった。

注意したいのが評価の落ちた

G1馬が好走するケースも多い。

1着候補は荒れないが、

2~3着には2桁人気の

伏兵馬がたびたび食い込んできている。

3連系の場合は2桁人気馬も加えておきたい。

 

<枠順別成績>
着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 【0.1.0.16】 0.0% 5.9% 5.9%
2枠 【2.1.1.15】 10.5% 15.8% 21.1%
3枠 【2.0.2.15】 10.5% 10.5% 21.1%
4枠 【1.3.0.15】 5.3% 21.1% 21.1%
5枠 【2.1.1.15】 10.5% 15.8% 21.1%
6枠 【0.1.2.17】 0.0% 5.0% 15.0%
7枠 【1.1.4.17】 4.3% 8.7% 26.1%
8枠 【2.2.0.21】 8.0% 16.0% 16.0%

スタートから3コーナーまでの距離も長く、

またコーナーも緩やかとあって

枠順による有利不利の少ない東京芝1600m。

だが、このレースに限っては1枠が苦戦中で、

近10年で3着以内に入ったのは

2008年2着のリザーブカード1頭のみ。

翌2009年は1番人気のレッドスパーダが

15着に敗れている。

一方で好調なのが2~3枠。

100万馬券となった2009、2010年の

両年にも絡んでいる。

 

<脚質別成績>
脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率
逃げ 【0.0.0.10】 0.0% 0.0% 0.0%
先行 【4.3.6.29】 9.5% 16.7% 31.0%
差し 【4.5.1.48】 6.9% 15.5% 17.2%
追い込み 【2.2.3.44】 3.9% 7.8% 13.7%

 

<上がり3F別成績>
上がり3F 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1位 【2.1.4.7】 14.3% 21.4% 50.0%
2位 【2.2.0.5】 22.2% 44.4% 44.4%
3位 【1.2.0.8】 9.1% 27.3% 27.3%
~5位 【2.3.1.15】 9.5% 23.8% 28.6%
6位~ 【3.2.5.96】 2.8% 4.7% 9.4%

 

<4角位置別成績>
4角位置 着別度数 勝率 連対率 複勝率
4角1番手 【1.0.0.9】 10.0% 10.0% 10.0%
2番手以内 【2.1.3.19】 8.0% 12.0% 24.0%
3番手以内 【3.2.5.26】 8.3% 13.9% 27.8%
4番手以内 【4.3.6.39】 7.7% 13.5% 25.0%
5番手以内 【4.4.6.44】 6.9% 13.8% 24.1%
7番手以内 【6.6.6.60】 7.7% 15.4% 23.1%
10番手以内 【7.8.7.88】 6.4% 13.6% 20.0%
2番手以下 【9.10.10.122】 6.0% 12.6% 19.2%
3番手以下 【8.9.7.112】 5.9% 12.5% 17.6%
4番手以下 【7.8.5.105】 5.6% 12.0% 16.0%
5番手以下 【6.7.4.92】 5.5% 11.9% 15.6%
7番手以下 【6.5.4.82】 6.2% 11.3% 15.5%
10番手以下 【4.2.4.53】 6.3% 9.5% 15.9%
13番手以下 【1.1.2.32】 2.8% 5.6% 11.1%
16番手以下 【0.0.1.11】 0.0% 0.0% 8.3%

525mの長い直線に

高低差約2mの上り坂があり、

差し馬に有利な東京芝1600mコースだが、

重賞ともなれば先行勢も上がり

3F33秒台後半の脚は持っており、

前半がゆったりと流れれば

差し・追い込み勢を抑えることも可能だ。

さすがに逃げ切りは難しいが、

前半1000m59秒7で流れた2013年は

4コーナー4番手以内にいた3頭で決着。

59秒8で流れた2016年も4コーナーで

3番手以内だった2頭が1、3着となっている。

前半からペース流れやすいG1で

差して上位に来たタイプは過信禁物だ。

 

<斤量別成績>
斤量 着別度数 勝率 連対率 複勝率
57.0㎏ 【5.1.2.22】 16.7% 20.0% 26.7%
54.0㎏ 【3.1.2.20】 11.5% 15.4% 23.1%
56.0㎏ 【2.4.4.75】 2.4% 7.1% 11.8%
58.0㎏ 【0.3.1.3】 0.0% 42.9% 57.1%
55.0㎏ 【0.1.1.9】 0.0% 9.1% 18.2%

 

 

<年齢別成績>
年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率
3歳 【3.1.3.34】 7.3% 9.8% 17.1%
4歳 【4.3.3.12】 18.2% 31.8% 45.5%
5歳 【3.3.3.31】 7.5% 15.0% 22.5%
6歳 【0.3.0.33】 0.0% 8.3% 8.3%
7歳 【0.0.0.14】 0.0% 0.0% 0.0%
8歳 【0..0.1.6】 0.0% 0.0% 14.3%
9歳 【0.0.0.1】 0.0% 0.0% 0.0%

年齢別成績では4歳馬が

勝率18.2%、連対率31.8%、複勝率45.5%と

抜群の成績を残している。

今年の富士ステークス出走の4歳馬は、

ウインブライト、ペルシアンナイトの2頭が。

この2頭には注目。

次いで5歳馬、3歳馬とまずまずの結果を残している。

6歳以上になると勝ち馬はゼロ。

7歳以上となると連対すらなく割引が必要。

 

<前走レース別成績>
レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率
ポートアイS 【2.0.1.23】 7.7% 7.7% 11.5%
京成杯AH 【1.3.1.24】 3.4% 13.8% 17.2%
安田記念 【1.3.0.8】 8.3% 33.3% 33.3%
ダービー卿T 【1.1.0.2】 25.0% 50.0% 50.0%
皐月賞 【1.0.0.0】 100.0% 100.0% 100.0%

 

<前走距離別成績>
距離別 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1600m 【6.7.4.84】 5.9% 12.9% 16.8%
2000m 【2.1.0.9】 16.7% 25.0% 25.0%
1800m 【1.2.2.18】 4.3% 13.0% 21.7%
2200m 【1.0.2.3】 16.7% 25.0% 25.0%
1400m 【0.0.2.6】 0.0% 0.0% 25.0%

 

<レース間隔別成績>
間隔 着別度数 勝率 連対率 複勝率
中10週以上 【3.6.3.55】 4.7% 14.1% 18.8%
中2週 【2.0.1.27】 6.7% 6.7% 10.0%
中5週 【1.4.2.25】 3.2% 16.1% 22.6%
中1週 【1.0.1.8】 10.0% 10.0% 20.0%
中8週 【1.0.0.2】 33.3% 33.3% 33.3%

 

<前走着順別成績>
前走着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1着 【3.1.2.21】 11.1% 14.8% 22/2%
2着 【1.2.1.14】 5.6% 16.7% 22.2%
3着 【0.0.1.13】 0.0% 0.0% 7.1%
4着 【2.0.1.13】 12.5% 12.5% 18.8%
5着 【1.1.0.7】 11.1% 22.2% 22.2%
6~9着 【1.3.3.33】 2.5% 10.0% 17.5%
10着~ 【2.3.2.30】 5.4% 13.5% 18.9%

前走別では安田記念、京成杯AH組が

共に4連対の結果を残している。

勝ち馬でいうと、

ポートアイランドS組が2回1着がある。

また、前走着順別では

前走1着から今回も勝利を収めた馬は3頭。

注目すべき点は、前走で、

掲示板を外した馬の巻き返し。

このレースは前走着順は関係なく、

大敗から巻き返している馬が多い。

 

 

【富士ステークス2018】予想│過去の傾向とデータ分析(10年)から狙える馬まとめ

今回は、富士ステークス2018の予想、

過去の傾向とデータ分析(10年)から

狙える馬を探ってきました。

その中で、好走しそうな馬

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬→人気ブログランキングへ

今回が半年ぶりの一戦となるが

しっかり立て直されたようで、

10月に入ってからは負荷を

バリバリ掛けられ豪快な伸びを見せている。

これだけ動けていれば問題ない。

マイルチャンピオンシップ制覇へ

ここを連覇で発進したい。

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク