Pocket

今回は、宝塚記念2018無料予想と

出走馬の調教・最終追い切り評価前編を

中心とした記事を書いていきたいと思います。

阪神開催は最終週を迎え、

日曜メインに上半期最後の

GI宝塚記念が行われる。

グランプリレースだけあって、

過去の勝ち馬にはスターホースがズラリ。

もちろん、ここで初GI勝ちという馬も少なくない。

今回は、香港のワーザーを含む

GI馬5頭が参戦する。

しかし、いずれも近況がひと息で、

馬券的には非常に

難解な一戦となりそうだ。

今年はGI実績馬が勝つのか、

それとも新星が台頭するのか。

ここでは、出走馬の調教・最終追い切りから

狙いどころを探っていきたいと思います。

 

【宝塚記念2018】出走馬の調教・一週前追い切り評価前編

①ステファノス

(前回) 栗CW良 末強目
→85.4 68.5 53.0 37.8 11.5 ⑧

6/6 栗坂不 一 杯
→1回 54.7 39.3 25.5 12.8
エンヴァールを0.3秒追走アタマ遅れ

6/13 栗CW良 一 杯
→79.9 63.8 49.7 37.1 12.4 ④
リシュブールの内を0.7秒先行3F付同入

6/20 栗CW重 直強目
→85.7 68.8 52.7 38.0 12.1 ⑥
トーセンアイトーンの外1.7秒追走0.1秒先着

【最終追い切り評価】

力たっぷりのフットワークで、

ラストもしっかり加速。

久々叩いて上昇。

 

②ノーブルマーズ

(前回) 栗坂良 馬なり
→1回 52.2 38.4 25.2 12.9

6/13 栗坂良 馬なり
→1回 55.5 40.3 25.9 12.5

6/17 栗坂良 馬なり
→1回 56.7 40.5 25.3 12.3

6/20 栗坂重 馬なり
→1回 53.3 39.1 25.5 12.8

【最終追い切り評価】

コンスタントに使われているだけに、

馬任せでサッと伸ばす感じ。

それでもマズマズの時計が出たし、

推進力十分で走りにも迫力があった。

逞しい馬体も目につき、

とにかく具合が良さそう。

今のデキならGⅠでも面白い。

 

③サトノダイヤモンド

(前回) 栗CW良 末一杯
→85.4 68.8 54.0 39.8 11.7 ⑧

6/14 栗CW良 一 杯
→82.5 67.0 51.9 38.1 11.4 ⑧
シロニイの内0.3秒追走0.6秒先着

6/17 栗坂良 馬なり
→1回 55.1 39.9 25.9 13.0

6/20 栗CW重 強 目
→85.2 67.9 51.4 38.3 11.5 ⑦
クライムメジャーの外0.2秒先行クビ先着

【最終追い切り評価】

3頭併せの中。

いつものように道中は

重心の低い走り。

相手は攻め駆けする馬で、

1角までやや劣勢だったが、

自身はラスト11秒5。

筋肉が浮いて好馬体で

動きも十分及第点。

前向きさが出てきた点は評価できる。

 

④ミッキーロケット

(前回) 栗坂不 一 杯
→1回 52.6 37.8 24.8 12.8

6/7 栗坂不 末強目
→1回 53.1 38.9 25.6 12.7
ダンビュライトを0.4秒追走クビ先着

6/13 栗坂良 一 杯
→1回 51.4 37.2 24.5 12.5
ダンビュライトを0.2秒追走同入

6/20 栗坂重 一 杯
→1回 50.7 36.7 24.2 12.3
ダンビュライトを0.1秒追走0.3秒先着

【最終追い切り評価】

やはり右にモタれる面はあるが、

程度としては軽いもの。

ゴール前の脚勢は力強かったし、

今週の50秒7は堂々の自己ベスト。

体形的に腹構えは

少しポテッとして映るが、

重苦しい感じはない。

いい仕上がりで臨めそう。

 

⑤ストロングタイタン

(前回) 栗坂良 馬なり
→1回 50.3 36.4 23.8 12.2

6/17 栗坂良 馬なり
→1回 58.8 41.1 25.9 12.3

6/20 栗坂重 末強目
→1回 53.7 39.3 25.2 12.3

【最終追い切り評価】

大きなトビでダイナミックな走り。

抜群の行きっぷりで、

グイグイと伸びた。

馬体も迫力満点で、

ますます快調といったところ。

 

⑥アルバート

(前回) 南W重 馬なり
→68.0 52.4 38.1 12.4 ⑥

6/10 南坂良 馬なり
→1回 58.0 42.4 27.0 13.2

6/14 南W良 一 杯
→65.0 50.8 37.3 12.9 ④
レイダーの内1.1秒追走0.2秒遅れ

6/20 南W稍 末強目
→68.6 52.9 38.6 13.4 ⑥
レピアーウィットの外0.2秒先行0.1秒先着

【最終追い切り評価】

直線入り口は内から

併せてきた相手に少しひるんだが、

最後は逆に伸び返して

アオリ気味に先着。

活気に溢れたフットワークで、

集中力も十分に見せた。

及第点以上だろう。

 

⑦パフォーマプロミス

(前回) 栗CW良 馬なり
→72.4 56.2 41.8 12.2 ⑦

6/13 栗CW良 一 杯
→79.3 64.7 50.6 37.4 11.6 ⑦
レオナルドの内1.0秒追走同入

6/17 栗坂良 馬なり
→1回 59.9 44.1 28.3 13.5

6/20 栗CW重 馬なり
→86.1 69.0 53.3 38.9 12.0 ⑦

【最終追い切り評価】

先週一杯に追っているので、

今週は息を整える程度。

上がり重点だったので、

四肢がよく伸びて

バネを感じる直線だったし、

メンコ着用の効果か、

この馬としては落ち着きも十分。

確かに、もう少しパワーアップして

欲しい体だが、

叩いたことで心肺は強化されよう。

 

 

【宝塚記念2018】出走馬の調教・最終追い切り評価前編まとめ

今回は、宝塚記念2018

出走馬の調教・一週前追い切り評価前編まとめ

書いてきました。

その中で、調教・最終追い切り

良かった馬を

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬人気ブログランキングへ

距離は今回ぐらいがいいはずだし、

コース適性も問題なし。

流れひとつで頂点に

手が届く可能性十分。

2週続けて僚馬とスパーリングを消化し、

互角以上の動きを披露。

デキは間違いなく

前走以上のものがありそう。

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク