Pocket

今回は、宝塚記念2018無料予想と

出走馬の調教・最終追い切り評価後編を

中心とした記事を書いていきたいと思います。

阪神開催は最終週を迎え、

日曜メインに上半期最後の

GI宝塚記念が行われる。

グランプリレースだけあって、

過去の勝ち馬にはスターホースがズラリ。

もちろん、ここで初GI勝ちという馬も少なくない。

今回は、香港のワーザーを含む

GI馬5頭が参戦する。

しかし、いずれも近況がひと息で、

馬券的には非常に

難解な一戦となりそうだ。

今年はGI実績馬が勝つのか、

それとも新星が台頭するのか。

ここでは、出走馬の調教・最終追い切りから

狙いどころを探っていきたいと思います。

 

【宝塚記念2018】出走馬の調教・一週前追い切り評価後編

⑧ダンビュライト

(前回) 海外遠征

6/13 栗坂良 一 杯
→1回 51.6 37.2 24.4 12.4
ミッキーロケットに0.2秒先行同入

6/17 栗坂良 馬なり
→1回 58.8 43.1 28.5 14.2

6/20 栗坂重 一 杯
→1回 51.1 37.0 24.4 12.5
ミッキーロケットに0.1秒先行0.3秒遅れ

【最終追い切り評価】

香港遠征で減った馬体は、

キッチリと回復した様子。

今週は遅れてしまったし、

動き自体は抜群というほどでもないが、

もともとはそんなに攻め駆けしないタイプ。

この時計が出ていれば十分か。

自身の力は出せるだろう。

 

⑨サトノクラウン

(前回) 海外遠征

6/10 南坂良 馬なり
→1回 55.9 41.0 26.6 13.2

6/14 南W良 直一杯
→65.4 50.9 37.4 12.8 ⑤
レイダーの内0.6秒追走0.1秒遅れ

6/20 南W稍 馬なり
→68.5 53.2 38.9 13.1 ⑥
リリーバレロの内0.2秒追走同入

【最終追い切り評価】

3頭併せの真ん中で、

最後まで余裕十分の手応えで同入。

先週のひと追いで

気合も動きもガラッと良くなった。

力は十分に出せそう。

 

⑩ヴィブロス

(前回) 海外遠征

6/13 栗CW良 一 杯
→80.8 64.8 49.7 36.0 11.2 ⑤
ルタンデュボヌールの内1.7秒追走0.8秒先着

6/17 栗坂良 馬なり
→1回 56.5 42.1 27.8 13.8

6/20 栗坂重 馬なり
→1回 58.7 41.9 27.7 13.8

【最終追い切り評価】

1週前に福永騎手が

跨って目一杯に追われており、

今週はサラッと流す程度。

切れのいい走りで、

時計が示す以上にスピード感があった。

馬体も大きく見せており、

少しパワーアップした印象。

海外遠征明けでも要注意。

 

⑪サイモンラムセス

(前回) 連闘のため中間軽め

6/14 栗坂良 馬なり
→1回 56.1 41.0 27.4 14.1

6/17 栗坂良 馬なり
→1回 60.2 44.3 29.6 14.6

6/20 栗坂重 強 目
→1回 54.5 39.6 25.7 12.9

【最終追い切り評価】

連闘後の中2週という強行軍だが、

ガッチリとした馬体が目につくし、

動きもパワフル。

疲れを心配する必要は、

まったくなさそう。

 

⑫タツゴウゲキ

(前回) 栗坂良 強 目
→1回 55.0 39.9 25.6 12.4

6/13 栗坂良 馬なり
→1回 56.3 41.3 26.2 12.5

6/17 栗坂良 馬なり
→1回 57.5 42.2 27.6 13.2

6/20 栗坂重 一 杯
→1回 55.2 39.7 26.1 12.8
グランセノーテを0.5秒追走同入

【最終追い切り評価】

この中間も追い切りは坂路のみ。

この点が少々不満だが、

前向きさが加わって

動き自体は良くなってきた。

順当に上積みが見込める。

 

⑬ワーザー

6/21 阪芝重 馬なり
→7F96.4 66.2 51.7 38.0 12.2 ③

【最終追い切り評価】

短期間で輸送も挟み、

テンションは少々高いが、

程よい体つきで

フットワークも力強い。

硬さもなく、

体調に関しては何の心配もない。

 

⑭スマートレイアー

(前回) 栗坂不 馬なり
→1回 52.7 38.3 24.7 12.4

6/14 栗CW良 一 杯
→7F96.9 65.1 50.5 37.2 11.7 ⑧
ダノンフォーチュンの外1.0秒追走0.3秒遅れ

6/17 栗坂良 馬なり
→1回 59.6 42.8 27.8 13.7

6/20 栗坂重 馬なり
→1回 52.1 38.1 25.0 12.5
ヒラボクラターシュを0.7秒追走0.1秒先着

【最終追い切り評価】

コースで追われた1週前は遅れたが、

今週は軽快な行きっぷりで

スーッと先着。

馬体も太目感なく仕上がっている。

8歳でも衰えなどまったく見られず、

なかなか気配がいい。

 

⑮ゼーヴィント

(前回) 南W良 直一杯
→81.5 66.7 52.1 38.5 13.1 ④

6/13 南W稍 馬なり
→68.8 53.9 39.2 12.8 ③

6/17 南坂稍 馬なり
→1回 54.8 39.8 26.2 12.8

6/20 南W稍 末強目
→54.0 39.3 12.5 ③
ラムセスバローズの内0.5秒追走0.2秒先着

【最終追い切り評価】

終い重点ではあったが、

素晴らしい反応を見せて一気に先着。

バランスのいいフットワークで、

馬体も引き締まった。

万全の態勢。

 

⑯キセキ

(前回) 栗P良 馬なり
→83.3 67.2 52.7 38.8 11.5 ⑨

6/17 栗CW良 馬なり
→69.2 53.2 39.0 12.1 ⑨

6/19 栗坂良 馬なり
→1回 59.1 41.9 27.5 13.5

6/20 栗CW重 一 杯
→64.8 51.0 38.2 12.4 ⑨

【最終追い切り評価】

最終追い切りを

ポリトラック馬なりで

済ませた前走時と違い、

今回は降雨の中のCWで

ゴールを過ぎてからも一杯に追う。

朝イチとはいえ、

大外を回った時計も文句なし。

今回は調整内容や過程に

厩舎の気迫が窺える。

乗り込みも十分で、

500キロ近い馬と思えぬほど

スカッとしている。

いきなり能力全開か。

 

 

【宝塚記念2018】出走馬の調教・最終追い切り評価後編まとめ

今回は、宝塚記念2018

出走馬の調教・一週前追い切り評価後編まとめを

書いてきました。

その中で、調教・最終追い切り

良かった馬を

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬→人気ブログランキングへ

前走は直線で左にモタれたぶん

さばくのに手間取ったが、

中間は左右のバランスが改善。

右回りで2200メートルと条件は合う。

叩き3戦目で状態も上向いてる。

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク