Pocket

今回は、宝塚記念2018無料予想と

出走馬の調教・一週前追い切り評価①を

中心とした記事を書いていきたいと思います。

阪神開催は最終週を迎え、

日曜メインに上半期最後の

GI宝塚記念が行われる。

グランプリレースだけあって、

過去の勝ち馬にはスターホースがズラリ。

もちろん、ここで初GI勝ちという馬も少なくない。

今回は、香港のワーザーを含む

GI馬5頭が参戦する。

しかし、いずれも近況がひと息で、

馬券的には非常に

難解な一戦となりそうだ。

今年はGI実績馬が勝つのか、

それとも新星が台頭するのか。

ここでは、出走馬の調教・一週前追い切りから

狙いどころを探っていきたいと思います。

 

【宝塚記念2018】出走馬の調教・一週前追い切り評価①

<アルバート>

(前回) 南W重 馬なり
→68.0 52.4 38.1 12.4 ⑥

6/7 南W重 馬なり
→70.8 54.7 39.9 13.5 ⑦
サトノクラウンの外0.6秒先行同入

6/10 南坂良 馬なり
→1回 58.0 42.4 27.0 13.2

6/14 南W良 一 杯
→65.0 50.8 37.3 12.9 ④
レイダーの内1.1秒追走0.2秒遅れ

【一週前追い切り評価】

(14日、美浦南W)

追走して内に潜り込み、

少しアゴを上げながらでも

先行した

サトノクラウンとはほぼ互角。

毛ヅヤは冴えて、

今季では一番の気配かも。

 

<ヴィブロス>

(前回) 海外遠征

6/10 栗CW良 馬なり
→86.9 71.2 55.9 40.6 13.5 ⑨

6/13 栗CW良 一 杯
→80.8 64.8 49.7 36.0 11.2 ⑤
ルタンデュボヌールの内1.7秒追走0.8秒先着

6/17 栗坂良 馬なり
→1回 56.5 42.1 27.8 13.8

【一週前追い切り評価】

(13日、栗東CW)

休養前よりパワーアップしているし、

筋肉が浮いて文句ないビジュアル。

馬場の荒れた時間帯で

11秒2は素晴らしい数字で、

一気に併走相手を突き放す。

硬さもなく、レースの週は

息を整える程度でいいはず。

 

<キセキ>

(前回) 栗P良 馬なり
→83.3 67.2 52.7 38.8 11.5 ⑨

6/15 栗CW稍 馬なり
→84.0 68.8 54.8 41.2 13.8 ⑥

6/16 栗坂稍 馬なり
→1回 58.2 41.8 28.0 14.3

6/17 栗CW良 馬なり
→69.2 53.2 39.0 12.1 ⑨

【一週前追い切り評価】

(13日、栗東CW)

少し体が大きくなったし、

バネを感じる走り。

ややテンションが

高いのはいつものこと。

気性的、時季的なものもあって、

馬体はキチッと仕上がっている。

レースの週のひと追いで

能力発揮の状態に。

 

<サイモンラムセス>

(前回) 連闘のため中間軽め

6/14 栗坂良 馬なり
→1回 56.1 41.0 27.4 14.1

6/17 栗坂良 馬なり
→1回 60.2 44.3 29.6 14.6

【一週前追い切り評価】

(14日、栗東坂路)

連闘後で間隔も詰まっている分、

サーッと流す程度だったが、

気分良さそうに

スイスイと駆け上がってきた。

馬体も細い感じはまったくない。

元気一杯で好気配。

 

<サトノクラウン>

(前回) 海外遠征

6/7 南W重 馬なり
→70.2 54.5 39.7 13.5 ⑥
アルバートの内0.6秒追走同入

6/10 南坂良 馬なり
→1回 55.9 41.0 26.6 13.2

6/14 南W良 直一杯
→65.4 50.9 37.4 12.8 ⑤
レイダーの内0.6秒追走0.1秒遅れ

【一週前追い切り評価】

(14日、美浦南W)

見た目に少し立派な感じで、

1週前の追い切りでは

少しもたつくような感じもあった。

ただ、時計は速く

このひと追いで

ガラッと変わる可能性は高い。

 

<サトノダイヤモンド>

(前回) 栗CW良 末一杯
→85.4 68.8 54.0 39.8 11.7 ⑧

6/10 栗坂良 馬なり
→1回 54.9 39.4 25.6 12.7

6/14 栗CW良 一 杯
→82.5 67.0 51.9 38.1 11.4 ⑧
シロニイの内0.3秒追走0.6秒先着

6/17 栗坂良 馬なり
→1回 55.1 39.9 25.9 13.0

【一週前追い切り評価】

(14日、栗東CW)

3頭併せの中でグイッと伸びて先着。

道中は重心の低い走りだったし、

筋肉が浮いて好馬体。

闘争心を復活させようと

1発ムチを入れ、

ゴールを過ぎてからも

追っていた点も好感。

まだ完璧ではないが、

週を追う毎に良くなっている。

 

<ステファノス>

(前回) 栗CW良 末強目
→85.4 68.5 53.0 37.8 11.5 ⑧

5/31 栗CW良 稍一杯
→81.0 64.6 50.2 36.8 11.7 ⑧
コンテントの内0.9秒追走0.1秒遅れ

6/6 栗坂不 一 杯
→1回 54.7 39.3 25.5 12.8
エンヴァールを0.3秒追走アタマ遅れ

6/13 栗CW良 一 杯
→79.9 63.8 49.7 37.1 12.4 ④
リシュブールの内を0.7秒先行3F付同入

【一週前追い切り評価】

(13日、栗東CW)

久々をひと叩きしたが、

追われてからの反応は今イチ。

確かに攻めの動きに

ムラのあるタイプだが、

まだ完調手前。

 

 

【宝塚記念2018】出走馬の調教・一週前追い切り評価①まとめ

今回は、宝塚記念2018

出走馬の調教・一週前追い切り評価①まとめを

見ていきました。

この中で、調教・一週前追い切り

良かった馬を

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬人気ブログランキングへ

約3カ月のレース間隔は昨年と同じ。

中間の攻め本数も当時と変わりない。

2200メートルも得意としている距離。

スポンサーリンク