Pocket

今回は、宝塚記念2018無料予想と

データ分析・過去10年の傾向と予想オッズを

中心とした記事を書いていきたいと思います。

阪神開催は最終週を迎え、

日曜メインに上半期最後の

GI宝塚記念が行われる。

グランプリレースだけあって、

過去の勝ち馬にはスターホースがズラリ。

もちろん、ここで初GI勝ちという馬も少なくない。

今回は、香港のワーザーを含む

GI馬5頭が参戦する。

しかし、いずれも近況がひと息で、

馬券的には非常に

難解な一戦となりそうだ。

今年はGI実績馬が勝つのか、

それとも新星が台頭するのか。

ここでは、データ分析・過去10年の傾向から

狙いどころを探っていきたいと思います。

 

まずは、予想オッズから見ていきます。

【宝塚記念2018】予想オッズ

1番人気キセキ                      4.8
2番人気サトノダイヤモンド    4.9
3番人気ワーザー                   6.9
4番人気ヴィブロス                9.3
5番人気パフォーマプロミス   10.8
6番人気ゼーヴィント            11.3
7番人気サトノクラウン         12.4
8番人気ミッキーロケット      13.2
9番人気ダンビュライト         16.5

 

 

【宝塚記念2018】データ分析・過去10年の傾向

【人気別】

1番人気 【2.4.2.2】
2番人気 【2.1.1.6】
3番人気 【1.1.2.6】
4番人気 【0.0.1.9】
5番人気 【1.2.0.7】

1番人気は、ここ3年は

2回9着以下に惨敗しているが、

過去10年で見ると、

連対率60%、複勝率80%とか

なり信頼できる。

ただし、勝率は大したことなく、

優勝となると微妙だ。

2、3人気は連対率30%、20%で、

複勝率はともに40%と、

あまりほめられた成績ではない。

2人気は過去4年で3着が最高、

3人気も昨年こそ優勝したが、

それまでは2012年以降、

馬券に絡んだ馬がいなかった。

つまり、上位人気は

近年不振になりつつあり、

少し前のイメージで

買ってしあうと痛い目に

遭うかもしれない。

他人気は、実力馬が集結しているためか、

それほど差はない。

もちろん、2ケタ人気でも

馬券に絡む可能性は十分にある。

ただし、多頭数になりにくいのが

関係しているが、

12人気以下は馬券に

絡んだことがない。

 

【枠順別】

1枠 【1.0.4.10】
2枠 【0.2.2.11】
3枠 【0.1.1.15】
4枠 【0.4.0.13】
5枠 【0.3.0.15】
6枠 【3.0.0.17】
7枠 【0.0.2.18】
8枠 【6.0.1.15】

枠順別データでは、

これといった傾向が見受けられない。

以前は外枠である

7~8枠がやや不利という印象もあったが、

2013年以降は8枠が

5連勝しているように、

決して軽んじることのできない

枠番と化してしまった。

ゆえに、基本的には枠順不問。

あとは出走メンバーの

組み合わせと展開次第と考え、

過度に枠順を意識する必要はない。

強いて狙いどころを挙げるならば

「内回りコース=外枠不利」が、

過剰に意識されやすい多頭数のケース。

外枠だけを理由に人気を

落とすような実力馬がいれば、

逆に「買い」ということになる。

いずれにしても、

枠順の内外による有利不利は

少ないと考えたほうがいい。

それよりも、舞台適性の有無を重視すべき。

 

【脚質別】

逃げ馬 【1.0.2.7】
先行馬 【4.6.3.28】
差し馬 【3.1.3.38】
追込馬 【2.3.2.41】

<上がり3F>

1位   【6.5.0.0】
2位   【1.0.3.10】
3位   【1.1.2.3】
~5位【2.3.3.14】
6位~【0.1.2.87】

<4角位置別>

4角1番手    【1.0.2.7】
2番手以内   【3.2.3.18】
3番手以内   【3.4.4.28】
4番手以内   【5.6.5.34】
5番手以内   【5.6.5.38】
7番手以内   【8.6.7.58】
10番手以内 【9.8.9.80】

2番手以下   【9.10.8.107】
3番手以下   【7.8.7.96】
4番手以下   【7.6.6.86】
5番手以下   【5.4.5.80】
7番手以下   【2.4.4.60】
10番手以下 【2.2.1.38】
13番手以下 【0.1.1.21】
16番手以下 【0.0.0.4】

先行勢が圧倒的に優勢で、

その事実は逃げ馬の

勝率と複勝率の高さからも見てとれる。

少頭数で行われることも多いとはいえ、

4角を5番手以内で通過した馬

2008年以降の3着以内馬の

半数以上を占めており、

イメージ以上に前有利

ただし、最速上がり馬が【6.5.0.0】

パーフェクト連対中で

ある点を覚えておかねばならない。

問題は最速上がり馬の特定方法であるが、

このレースは例年それほど

速い上がりにはならないので、

その特徴をいかに踏まえるかがカギ。

前走で速い上がりを

マークかつ上がり順位上位の

馬は信用に値せず、

むしろ前走上がり順位3~6位あたりで

キレ負けした馬が

好走を重ねている。

 

【年齢別】

3歳  【0.0.0.1】
4歳  【3.2.6.38】
5歳  【5.5.3.29】
6歳  【2.3.1.20】
7歳  【0.0.0.15】
8歳  【0.0.0.9】
9歳  【0.0.0.1】
10歳【0.0.0.1】

年齢別では

5歳馬が5勝、4歳馬3勝、6歳馬2勝。

馬券絡みはこの3世代に限られていて、

7歳以上は大きく割引。

ここ10年では5歳馬が

勝率、連対率、複勝率いずれも

一歩リードしている。

3歳馬も出走しやすい日程になったが、

出走機会は少なく、

今年も登録馬はいない。

 

【前走別】

<レース別>

天皇賞・春組       【4.3.2.34】
金鯱賞組             【2.1.2.9】
鳴尾記念組          【1.2.1.10】
メトロポリタン組 【1.0.0.0】
大阪杯組             【1.0.0.1】

<距離別>

2000m組 【4.4.3.32】
3200m組 【4.3.2.34】
2400m組 【1.0.0.2】
2500m組 【1.0.0.18】
1600m組 【0.2.4.12】

◆延長【4.6.7.52】
◆短縮【6.4.3.62】

<間隔別>

中7週組         【4.4.2.34】
中3週組         【3.1.2.26】
中2週組         【1.2.2.18】
中10週以上組 【1.1.1.20】
中8週組         【1.0.0.3】

前走ローテに関しては、

2008年以降、4勝を含む7連対の

天皇賞(春)が最有力ステップ

ただし、天皇賞(春)の1~2着馬は

【0.1.2.11】という低調な

成績に終わっている。

3200m→2200mと距離が

大きく短縮されることに加え、

京都外回り→阪神内回りと

コース形態も様変わりするため、

天皇賞(春)と宝塚記念を

続けて好走するのは至難の業なのだ。

むしろ同組では、

3着以下に敗れた

実力馬の巻き返しのほうに

期待が持てる。

その他では鳴尾記念を

ステップした馬や

世界の強豪に揉まれてきた

海外からの帰国組、

また、ヴィクトリアM組も

勝利はないが、

昨年はミッキークイーンが3着に入り、

10頭のうち5頭が

馬券絡みを果たして

複勝率は50%にのぼる。

 

【宝塚記念2018】データ分析・過去10年の傾向まとめ

今回は、宝塚記念2018

データ分析・過去10年の傾向まとめ

しました。

現時点で注目している馬を

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬人気ブログランキングへ

1週前のウッド追いでは

ハツラツとした動きを見せており、

ラスト1F11秒1の切れで

僚馬を子ども扱いしたほど。

気配としては過去最高か。

デキの良さを活かせれば

ひょっとするかも。

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク