Pocket

今回は、宝塚記念2018穴狙いの

無料予想・買い目と

有力馬分析・コース分析を

中心とした記事を書いていきたいと思います。

阪神開催は最終週を迎え、

日曜メインに上半期最後の

GI宝塚記念が行われる。

グランプリレースだけあって、

過去の勝ち馬にはスターホースがズラリ。

もちろん、ここで初GI勝ちという馬も少なくない。

今回は、香港のワーザーを含む

GI馬5頭が参戦する。

しかし、いずれも近況がひと息で、

馬券的には非常に

難解な一戦となりそうだ。

今年はGI実績馬が勝つのか、

それとも新星が台頭するのか。

ここでは、無料予想・買い目

書いていきます。

 

 

まずは、枠順とオッズから見ていきます。

【宝塚記念2018】枠順

1枠1番ステファノス
1枠2番ノーブルマーズ
2枠3番サトノダイヤモンド
2枠4番ミッキーロケット
3枠5番ストロングタイタン
3枠6番アルバート
4枠7番パフォーマプロミス
4枠8番ダンビュライト
5枠9番サトノクラウン
5枠10番ヴィブロス
6枠11番サイモンラムセス
6枠12番タツゴウゲキ
7枠13番ワーザー
7枠14番スマートレイアー
8枠15番ゼーヴィント
8枠16番キセキ

 

【宝塚記念2018】オッズ

1番人気サトノダイヤモンド  4.2
2番人気キセキ                    5.8
3番人気ヴィブロス              7.6
4番人気パフォーマプロミス  8.4
5番人気ダンビュライト       10.3
6番人気ワーザー                10.3
7番人気サトノクラウン       12.4
8番人気ミッキーロケット    13.5
9番人気ストロングタイタン 15.3

 

【宝塚記念2018】コース分析(阪神芝2200m)

スタート地点は正面スタンド前直線の右端。

外回りコースの4コーナー出口付近。

1コーナーまでの距離は525m。

正面スタンド前を通過した後は、

芝2000mと全く同じルートを辿るため、

3~4コーナーは内回りコースに入る。

最後の直線距離はAコース時が356.5.m、

Bコース時が359.1m。

残り200m付近でゴール前の急坂。

約120mの間に1.8mの勾配を

一気に駆け上がる。

AコースとBコースでは

直線部分で3m、曲線部分で4m幅員が違う。

主にAコースは開催前半、

Bコースは開催後半に使用されている。

スタート直後に内回りコースとの

合流地点で、なおかつ下り坂。

前半から自然とラップが速くなりやすい。

基本的にはゆったりとした

スローペースになりがちだが、

3歳以上の重賞(宝塚記念)の

前半3ハロンの平均は34秒7だ。

1コーナー過ぎまでに先行争いは

決着していることが多いものの、

先頭と中団から後方待機の馬とは

差がつき、馬群が縦長になりやすい。

その後は一定のペースで推移。

中盤の1000mはクラスが

上がるにつれて厳しい。

ただし、近年3歳以上の準OP・OP特別は

3歳限定のすみれSしか組まれていない。

そのため、全体の平均勝ち時計が

かなり遅くなっている。

その点に注意していただきたい。

内回りコース使用で直線距離が

短いせいもあって、仕掛けは各馬早め。

中団以降に待機の馬がマクリ気味に

進出してくる。

また、最後1ハロンの時計がかかるのが特徴。

終盤からゴールにかけては凌ぎ合いになり、

単純なスローペースの決め手勝負とは

一線を画する。

基本的には逃げ・先行勢が強いが、

前述の通りマクリ差しも決まるので、

あらゆる脚質の馬にチャンスがある。

前々で競馬をする馬ならば

最後までバテない粘り強さが必要。

差し馬は末脚の持続力が要求される。

フルゲートになりにくいコースなので

あまり目立たないが、できれば中枠より内がほしい。

頭数が少なければ大外でも全く問題ない。

好走枠→内枠(勝率:9.8%)(複勝率:28.0%)

好走脚質→逃げ(勝率:15.8%)(複勝率:42.1%)

 

 

【宝塚記念2018】有力馬分析

 

 

<サトノダイヤモンド>

一昨年の有馬記念でキタサンブラックを

下したサトノダイヤモンド。

誰もが認める現役トップクラスの実力馬。

帰国後2走の成績は案外だが、

金鯱賞は最後はさすがの脚。

大阪杯も内で包まれなければ、

あれほど負けはしなかっただろう。

距離にもコースにも不安はない。

 

<パフォーマプロミス>

目黒記念は中盤以降、

まったく緩むところのない流れ。

パフォーマプロミスと上位2頭とは、

道中の内外の差だろう。

それでも最後まで渋太く

伸びたあたりが能力。

GⅠでもと思わせる。

久々を叩いた上積みも見込め、

13日のCWで好時計。

2200メートルあれば距離に不足はなく、

右回りや直線の急坂もこなす。

初の58キロを克服できれば。

 

<ミッキーロケット>

天皇賞は上がりを要す良馬場、

ラチを頼れる内枠と

好走条件は揃っていたが、

ピタリと折り合い、

58キロもこなして見せ場タップリ。

地力を示し、収穫大の4着だ。

雨だと心配だが、

最終週の阪神で良馬場なら理想的。

5ハロン短縮でも、

走り慣れた中距離なら流れに戸惑うまい。

 

<ヴィブロス>

連覇を目指して今年もドバイターフへ。

着順はひとつ落としたが、

自身の時計は昨年より3秒7も速い。

5歳の今年も健在だ。

行きたがってひと押し欠いた

昨秋のエリザベス女王杯を見ると

距離は心配だが、

折り合えばもう少しやれるはず。

京都でGⅠを勝った馬で、

右回りに不安もない。

 

<キセキ>

昨年の菊花賞馬。

日経賞は遅い流れを

考慮してポジションを

取りにいった結果、

馬がその気になってハナへ。

力んでいた分、

直線で踏ん張る余力は

残っていなかった。

中間も前進気勢が目につき、

折り合いが課題だが、

2200メートルに距離が

縮まればいくらかマシかも。

 

<ワーザー>

15/16年シーズンの香港年度代表馬。

昨年も、2月に2000メートルで、

5月には2400メートルでGⅠを制覇し、

12月には香港Cでネオリアリズムや

ステファノスを斥けて2着。

地力上位は明らかだ。

前走は60キロで、

適性より短い1600メートル。

6着でも大目に見られる。

58キロ、2200メートルなら見直しが必要。

前走後、既に本国で

速い調教を2本消化し、

調整は順調。

中2週での日本への輸送の

影響さえなければ。

 

<サトノクラウン>

昨年の覇者。

秋の天皇賞でも

キタサンブラックを

クビ差まで追い詰めた。

ただ、良馬場だった

その後2走は見せ場がなかった。

やはり雨馬場でこそなのだろう。

今年はドバイ遠征帰りだが、

約3カ月のレース間隔は昨年と同じ。

中間の攻め本数も当時と変わりない。

2200メートルも得意としている距離。

 

<スマートレイアー>

前走、初めての3200メートルでも折り合い、

終いもこの馬らしい脚。

オールラウンダーらしさを見せた。

大阪杯は急なペースアップに

対応し切れなかったが、

阪神はもっとも成績のいいコース。

気配も悪くない。

この距離でタメが利けば前走以上に。

 

<ストロングタイタン>

2度目のレコード勝ちで重賞初制覇。

昨年末からの休養で馬体が回復し、

攻めでは坂路で自己ベスト。

立て直した効果が如実に出ていた。

スピード勝負は大歓迎だし、

雨馬場をこなすのも心強い。

超のつく大型で、

58キロにも対応できそうだ。

 

 

【宝塚記念2018】無料予想・買い目

<展開予想>

ペース:ミドル
逃げ1102
好位08120507
中位一団
後方061416

<印付き予想>

人気ブログランキングへ
〇15ゼーヴィント
▲09サトノクラウン
☆04ミッキーロケット
注01ステファノス
穴02ノーブルマーズ
×14スマートレイアー
△030507081016

◎の本命馬は

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬人気ブログランキングへ

4着以下はマイル戦のみ。

2000~2400mでは堅実。

ソフトかつ時計がかかる

阪神トラックは向いているはず。

<参考買い目>

三連複

一軸流し
◎-〇▲☆注穴×

フォーメーション

◎-〇▲☆注ー印

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク