Pocket

今回は、天皇賞・秋2018の予想と展開・印付き予想・

有力馬分析・コース分析(東京芝2000m)を

中心とした記事を書いていきたいと思います。

GⅠの舞台は東京に移り、

今週は日曜日、東京競馬場で

天皇賞・秋2018が行われる。

位置付けは秋の中距離王決定戦。

だが近年は、レースの性格が変化してきている。

というのも、このレースが目標の馬だけでなく、

ここをステップにジャパンCや有馬記念、

あるいは香港へ向かう実績馬が出走してくるようになった。。

セオリーとしては秋に一度実戦を使われた

このレース目標の馬を狙うべきだが、

休み明けで目標が先であっても

能力でカバーしてしまう馬も珍しくなくない。

様々な路線から出走してくるので、

能力や適性、さらに仕上がりなどを

総合的に評価する必要がある。

ここでは、天皇賞・秋2018の

予想と展開・印付き予想と

有力馬分析・コース分析(東京芝2000m)

書いていきます。

 

その前に、天皇賞・秋2018について

調教・最終追い切り

過去の傾向・データ分析の記事も

書いているので

合わせて読んで予想の参考に

してみてください。

【天皇賞・秋2018】予想│出走馬の調教・最終追い切り評価・分析から狙える馬

 

【天皇賞・秋2018】予想│出走馬の調教・最終追い切り評価・分析から狙える馬

 

【天皇賞・秋2018】予想│過去の傾向とデータ分析(10年)から狙える馬・参考レース動画

 

【天皇賞・秋2018】予想│過去の傾向とデータ分析(10年)から狙える馬・参考レース動画

 

それでは、まずは枠順とオッズから見ていきます。

【天皇賞・秋2018】枠順

1枠1番ステファノス
2枠2番ブラックムーン
3枠3番ヴィブロス
4枠4番レイデオロ
4枠5番スワーヴリチャード
5枠6番マカヒキ
5枠7番アルアイン
6枠8番ダンビュライト
6枠9番サングレーザー
7枠10番キセキ
7枠11番ミッキーロケット
8枠12番サクラアンプルール
8枠13番アクションスター

 

【天皇賞・秋2018】オッズ

1番人気スワーヴリチャード  3.0
2番人気レイデオロ              3.5
3番人気マカヒキ                 6.1
4番人気サングレーザー        8.3
5番人気アルアイン             11.2
6番人気キセキ                   12.5
7番人気ヴィブロス             14.6
8番人気ミッキーロケット    17.4
9番人気ステファノス          51.6

 

【天皇賞・秋2018】コース分析(東京芝2000m)

スタート地点は1コーナー奥のポケット。

スタート後、約100m進んだところに

左へ曲がる大きなカーブがある。

向正面の長い直線を走り、

3コーナー手前に

さしかかるところで緩い上り坂。

3~4コーナーにかけては

下り坂になっている。

最後の直線に入ると、

途中からなだらかな上り坂(高低差2.1m)。

東京競馬場全体の高低差は2.7mある。

最後の直線距離は525.9mで、

新潟の外回りコースに次ぐ長さ。

2コーナーのカーブが

大きな鬼門となるコース。

スタート直後は馬群が

かたまり気味になってしまうので、

多頭数の大外枠は距離ロスを

強いられることになり、非常に厳しい。

向正面の直線に入っても

ペースがあまり上がらないため、

基本的にはスローの展開が多くなり、

最後は決め手が問われる。

ただ、前後半3ハロンの時計は

クラスによる差はあまりない。

中盤の厳しさがクラスの差につながる。

天皇賞(秋)では1分58秒を

切る速い時計が求められる。

馬場が良好なときは

逃げ・先行馬が非常に有利。

追い込み馬は常に不利。

直線距離が長くても、

前の馬はそう簡単に止まらない。

好走枠→内枠(勝率:7.7%)(複勝率:25.1%)

好走脚質→先行(勝率:9.8%)(複勝率:28.5%)

 

【天皇賞・秋2018】有力馬分析

<アルアイン>

皐月賞馬アルアインは

今春の大阪杯で3着。

帰国緒戦となったオールカマーでは

満点に近いレース。

レイデオロにクビだけ差されたが、

後続には3馬身差をつけ、

確かな存在感を示している。

5着した日本ダービー以上に

距離が向くので東京でも要注意だろう。

 

<ヴィブロス>

昨年勝ったドバイターフで2着だったが、

日本馬最先着。

同着の3着は天皇賞・秋②④着のリアルスティールと

帰国後、クイーンS、府中牝馬Sを

連勝したディアドラだから価値がある。

帰国緒戦は昨年の府中牝馬Sでも敗れていたし、

宝塚記念4着は仕方がないところ。

夏場を休養に充て予定通りの始動。

勿論、牡馬相手でも見劣りはしない。

 

<キセキ>

3歳春まで平凡な成績だったが、

夏を境に急上昇。

三冠最後の菊花賞を制した。

その後、休み休みで調子が上がらなかったが、

前走毎日王冠3着に復活の兆しが見える。

好枠から2番手。

勝ち馬を脅かすまでには至らなかったが、

最後まで渋太いレースぶり。

10キロ増を使って上積み十分。

 

<スワーヴリチャード>

昨年の日本ダービー1、2着馬がそれ以来の対決。

スワーヴリチャードは3歳時無冠に終わったが、

年明けの金鯱賞を勝って臨んだ

大阪杯でGⅠを初制覇。

皐月賞6着、有馬記念4着と苦戦した

右回りでロングスパートを決めた。

長距離向きのイメージはあるが、

②①⑥①①着の2000メートルも適距離。

東京で初めて連対を外した

前走安田記念3着は距離経験の差もあった。

3歳の昨年は回復に手間取り、

秋はアルゼンチン共和国杯からの

始動になったが、古馬を一蹴。

レース1週前に6ハロン79秒1を追い切られ、

ほぼ同様のレース間でも

今年は至極順調に秋緒戦を迎える。

休み明け①①①着。信頼したい。

 

<マカヒキ>

一昨年の日本ダービー馬。

フランスへ遠征しニエル賞を制した。

その後、勝ち星から遠ざかっているが、

この間にも国内GⅠでは④⑤④着と崩れていない。

骨折明け、9カ月ぶりの札幌記念でハナ差2着。

体調面の上積みを見込めるし、

東京、2000メートルの距離とも申し分ない。

復権へ燃える。

 

<ミッキーロケット>

香港のワーザー相手に宝塚記念を制し、

昨年6着から大きく躍進した。

菊花賞5着、天皇賞・春4着と

スタミナ豊富だが、中距離でも一流。

昨年の天皇賞・秋12着は極端に悪い馬場状態。

休み明けは苦にしていないし、

成長した姿に注目。

 

<レイデオロ>

日本ダービーでも皐月賞でも

スワーヴリチャードに先着している。

神戸新聞杯でキセキを寄せつけず、

ジャパンC2着。

世代トップの成績を残した。

スローのドバイシーマクラシックは

動くに動けない形。

それでも諦めずに末を伸ばした。

6カ月ぶり、秋緒戦のオールカマーでは

うまく内に入れて、逃げ込みを図る

アルアインをキッチリと捉えている。

4角の手応えは決して良くなかった。

流れも前に有利。

それでも盛り返すあたりが並ではない。

17日の追い切りで直線止める場面があったが、無事を確認。

額面通りひと叩きでの良化を見込める。

 

 

【天皇賞・秋2018】展開・印付き予想

<展開予想>

ペース:スロー
逃げ0507
好位0811
中位04一団
後方0213

<印付き予想>

◎05スワーヴリチャード
〇03ヴィブロス
▲04レイデオロ
人気ブログランキングへ
△01060910

☆の軸馬は

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬→人気ブログランキングへ

これまでに、2000メートル前後の

距離では大崩れしていない。

引き続き目が離せない。

キャラ的に2,3着といったところか。

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク