Pocket

今回は天皇賞・秋2018の予想と

過去の傾向とデータ分析(10年)から

狙える馬・参考レース動画を中心とした記事

書いていきたいと思います。

GⅠの舞台は東京に移り、

今週は日曜日、東京競馬場で

天皇賞・秋2018が行われる。

位置付けは秋の中距離王決定戦。

だが近年は、レースの性格が変化してきている。

というのも、このレースが目標の馬だけでなく、

ここをステップにジャパンCや有馬記念、

あるいは香港へ向かう実績馬が出走してくるようになった。。

セオリーとしては秋に一度実戦を使われた

このレース目標の馬を狙うべきだが、

休み明けで目標が先であっても

能力でカバーしてしまう馬も珍しくなくない。

様々な路線から出走してくるので、

能力や適性、さらに仕上がりなどを

総合的に評価する必要がある。

ここでは、過去の傾向とデータ分析(10年)から

狙える馬

探っていきたいと思います。

 

【天皇賞・秋2018】予想│過去の傾向とデータ分析(10年)から狙える馬

 

<人気順別成績>
人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 【5.2.2.1】 50.0% 70.0% 90.0%
2番人気 【0.4.2.4】 0.0% 40.0% 60.0%
3番人気 【0.0.2.8】 0.0% 0.0% 20.0%
4番人気 【0.1.0.9】 0.0% 10.0% 10.0%
5番人気 【4.0.0.6】 40.0% 40.0% 40.0%
6番人気 【0.0.3.7】 0.0% 0.0% 30.0%
7番人気 【1.2.0.7】 10.0% 30.0% 30.0%
8番人気 【0.0.0.10】 0.0% 0.0% 0.0%
9番人気 【0.0.0.10】 0.0% 0.0% 0.0%

1人気は過去10年で5勝を含む9頭が

馬券に絡んでいる。

1人気で馬券圏外に消えた

2011年のブエナビスタを除いて

3着以内を確保しており、

軸としては信頼できる。

そのほかの上位人気では、

2人気は優勝こそないが、

馬券には2着4回3着2回と、

相手としては及第点。

また5番人気馬は

2009年以降で4勝。

その全4頭が前走毎日王冠を

叩いてのローテ。

ほとんどの好走馬は1~7人気までだが、

2ケタ人気も一応2頭絡んでいる。

その2頭の共通点は、

近1年以内にGI連対歴があり、

前走7着以内であったこと。

 

<枠順別成績>
着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 【1.3.1.14】 5.3% 21.1% 26.3%
2枠 【2.1.0.17】 10.0% 15.0% 15.0%
3枠 【0.0.2.18】 0.0% 0.0% 10.0%
4枠 【3.3.3.11】 15.0% 30.0% 45.0%
5枠 【1.1.0.18】 5.0% 10.0% 10.0%
6枠 【2.0.1.17】 10.0% 10.0% 10.0%
7枠 【1.2.1.23】 3.7% 11.1% 14.8%
8枠 【0.0.2.27】 0.0% 0.0% 6.9%

スタートしてすぐにコーナーを迎えるだけに、

当然ながら外枠が不利。

とくに先行馬にとっては

ポジション取りまでの距離損が大きい。

大外枠の8枠は、過去10年で

一度も連対していない。

ちなみに7枠が

最後に勝ったのは2008年のウオッカ、

8枠は2003年のシンボリクリスエスで、

どちらもハイペースを利した差し馬であった。

1~4枠が6勝2着7回3着6回に対して、

5~8枠が4勝2着3回3着4回。

内枠が有利。

6枠から内目は

水準以上の成績を残している。

しかし、3枠だけは

2003年のコース改修後未勝利となっている。

 

<脚質別成績>
脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率
逃げ 【0.1.0.9】 0.0% 10.0% 10.0%
先行 【3.5.2.29】 7.9% 21.1% 26.3%
差し 【7.3.4.65】 8.8% 12.5% 17.5%
追い込み 【0.1.4.41】 0.0% 2.2% 10.9%

 

<上がり3F別成績>
上がり3F 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1位 【5.3.4.3】 33.3% 53.3% 80.0%
2位 【2.1.1.3】 28.6% 42.9% 57.1%
3位 【0.2.0.7】 0.0% 22.2% 22.2%
~5位 【2.1.2.16】 9.5% 14.3% 23.8%
6位~ 【1.3.3.115】 0.8% 3.3% 5.7%

 

<4角位置別成績>
4角位置 着別度数 勝率 連対率 複勝率
4角1番手 【0.1.0.9】 0.0% 10.0% 10.0%
2番手以内 【1.3.0.21】 4.0% 16.0% 16.0%
3番手以内 【1.4.1.30】 2.8% 13.9% 16.7%
4番手以内 【3.6.2.37】 6.3% 18.8% 22.9%
5番手以内 【3.6.4.44】 5.3% 15.8% 22.8%
7番手以内 【4.7.4.60】 5.3% 14.7% 20.0%
10番手以内 【7.8.6.89】 6.4% 13.6% 19.1%
2番手以下 【10.9.10.135】 6.1% 11.6% 17.7%
3番手以下 【9.7.10.123】 6.0% 10.7% 17.4%
4番手以下 【9.6.9.114】 6.5% 10.9% 17.4%
5番手以下 【7.4.8.107】 5.6% 8.7% 15.1%
7番手以下 【7.4.6.91】 6.5% 10.2% 15.7%
10番手以下 【3.3.6.66】 3.8% 7.7% 15.4%
13番手以下 【0.1.4.40】 0.0% 2.2% 11.1%
16番手以下 【0.1.0.18】 0.0% 5.3% 5.3%

東京芝コースの肝と言えばやはり最後の直線。

緩やかな3~4コーナーを回ると

525mの長い直線に高低差約2mの

上り坂が待ち構えている。

さすがにこの直線を逃げ残ることは

容易ではなく、

近10年で3着以内に入ったのは

2008年のダイワスカーレット(2着)のみ。

その他の馬は

掲示板確保すらできておらず、

長い直線と上り坂、

そして後続のプレッシャーがのしかかり、

逃げ切りは至難の業といえる。

勝ち馬は好位勢からも後方勢からも

出ていて確かな決め手があれば

4角先頭以外のポジションは問わない。

3着馬は4角10番手以下から6頭。

人気薄の追い込みは注意。

 

<年齢別成績>
年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率
3歳 【0.2.2.11】 0.0% 13.3% 26.7%
4歳 【3.5.3.32】 7.0% 18.6% 25.6%
5歳 【6.3.4.31】 13.6% 20.5% 29.5%
6歳 【0.0.1.30】 0.0% 0.0% 3.2%
7歳 【0.0.0.30】 0.0% 0.0% 0.0%
8歳 【1.0.0.9】 10.0% 10.0% 10.0%
9歳 【0.0.0.2】 0.0% 0.0% 0.0%

過去10年、サラブレッドの完成期とされる

5歳馬が6勝、4歳馬が3勝。

実に9頭がこの2世代で占められている。

6歳以上は大きな割引で、

連対は09年に勝った8歳馬カンパニーのみ。

3着は13年のエイシンフラッシュが

6歳で記録した1回で非常に苦戦している。

一方で3歳馬は勝ち馬こそいないが、

15頭の出走で2~3着が2頭ずつ。

母数が少ないとはいえ、

複勝率は4~5歳世代と互角の数字を誇る。

 

4歳馬→アルアイン、キセキ、サングレーザー、
スワーヴリチャード、ダンビュライト、
レイデオロ

5歳馬→マカヒキ、ミッキーロケット、ヴィブロス

6歳馬→ブラックムーン

7歳馬→サクラアンプルール、ステファノス

8歳馬→アクションスター

 

<前走レース別成績>
レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率
毎日王冠 【5.3.4.48】 8.3% 13.3% 20.0%
宝塚記念 【2.4.2.13】 9.5% 28.6% 38.1%
札幌記念 【2.0.1.14】 11.8% 11.8% 17.6%
京都大賞典 【1.0.0.14】 6.7% 6.7% 6.7%
セントライト 【0.1.1.0】 0.0% 50.0% 100.0%

 

<前走距離別成績>
距離別 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1800m 【5.3.4.49】 8.2% 13.1% 19.7%
2200m 【2.5.3.41】 3.9% 13.7% 19.6%
2000m 【2.1.1.27】 6.5% 9.7% 12.9%
2400m 【1.0.1.16】 5.6% 5.6% 11.1%
1600m 【0.1.0.4】 0.0% 20.0% 20.0%

 

<レース間隔別成績>
間隔 着別度数 勝率 連対率 複勝率
中2週 【6.3.4.62】 8.0% 12.0% 17.3%
中10週以上 【2.6.3.27】 5.3% 21.1% 28.9%
中9週 【2.0.1.14】 11.8% 11.8% 17.6%
中5週 【0.1.1.0】 0.0% 50.0% 100.0%
中4週 【0.0.1.29】 0.0% 0.0% 3.3%

秋の東京開催開幕週に行われる

毎日王冠とは非常に繋がりが深く、

過去10年で5勝、2着3回、3着4回と数では圧倒。

出走頭数が多いためアベレージは低く出ているが、

『王道』にふさわしい戦績を残している。

近年は宝塚記念、札幌記念からの『ぶっつけ本番』組も強く、

昨年は宝塚記念からぶっつけで臨んだ

キタサンブラック、一昨年は札幌記念から

臨んだモーリスが快勝した。

西の『王道』だった京都大賞典は

15年にラブリーデイが本番と連勝したが、近年は不振。

また、オールカマーは過去10年で27頭が臨んで

最高着順は15年ショウナンパンドラの4着。

1頭も馬券絡みがない。

ちなみに最後に馬券に絡んだのは

90年2着のメジロアルダン。

歴史は破られるためにあるが、

レイデオロにとっては非常に厄介なデータだ。

【毎日王冠組】

キセキ(3着)

ステファノス(4着)

アクションスター(11着)

【宝塚記念組】

ミッキーロケット(1着)

ヴィブロス(4着)

【札幌記念組】

サングレーザー(1着)

マカヒキア(2着)

サクラアンプルール(6着)

【オールカマー組】

レイデオロ(1着)

アルアイン(2着)

ダンビュライト(3着)

【安田記念組】

スワーヴリチャード(3着)

【中京記念組】

ブラックムーン(13着)

 

<前走着順別成績>
前走着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1着 【3.4.4.29】 7.5% 17.5% 27.5%
2着 【4.0.2.19】 16.0% 16.0% 24.0%
3着 【1.1.1.17】 5.0% 10.0% 15.0%
4着 【0.0.0.13】 0.0% 0.0% 0.0%
5着 【0.2.2.5】 0.0% 22.2% 44.4%
6~9着 【2.2.1.40】 4.4% 8.9% 11.1%
10着~ 【0.1.0.22】 0.0% 4.3% 4.3%

前走から連勝を果たした馬は

意外と少なく、わずか3頭。

絶対的な強さを誇った

キタサンブラック、モーリスも

前走は敗れての参戦。

過去10年では前走2着馬が

4勝と前走の雪辱を果たしている。

前走6着以下から巻き返して勝った馬は

昨年のキタサンブラックと12年エイシンフラッシュの2頭。

前走2ケタ着順から馬券圏内に巻き返した馬は

16年2着のリアルスティールのみで、

過去10年のデータからは

かなり厳しい数字が出ている。

前走2ケタ着順馬は、

→アクションスター(毎日王冠11着)

→ブラックムーン(中京記念13着)

 

 

【天皇賞・秋2018】参考レース動画

 

 

 

【天皇賞・秋2018】予想│過去の傾向とデータ分析(10年)から狙える馬まとめ

今回は、天皇賞・秋2018の予想と

過去の傾向とデータ分析(10年)から

狙える馬を探ってきました。

その中で、狙える馬

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬→人気ブログランキングへ

世代、ローテーション、前走着順といい、

過去のデータからみて、好走馬が多い。

また、広い東京コースに変わるのものも

プラス材料。

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク