Pocket

今回は、天皇賞・春2018無料予想と

出走馬の調教・一週前追い切り②を

中心とした記事を書いていきたいと思います。

今週からGI戦線が再開され、

6月3日の安田記念まで

6週連続で頂上決戦が

繰り広げられる。

その初戦は最強ステイヤーを

決定する天皇賞・春。

一昨年、昨年と連覇した

キタサンブラックが引退した

今年は4歳の新星、5歳の成長株が

加わり大混戦の様相を呈している。

今年はどの馬が天皇賞・春を制し

最強ステイヤーになるのか、

ここでは出走馬の調教・一週前追い切り

評価し好走馬を探っていきたいと思います。

 

【天皇賞・春2018】出走馬の調教・一週前追い切り評価②

<スマートレイアー>

(前回) 栗坂良 馬なり
→1回 53.3 39.3 25.5 12.3

4/15 栗坂不 馬なり
→1回 60.0 43.6 28.7 14.5

4/19 栗CW重 一 杯
→7F94.1 65.0 51.3 38.1 12.0 ⑧
テンザワールドの外を0.8秒追走0.8秒先着

4/22 栗坂良 馬なり
→1回 59.7 44.3 29.6 14.7

【一週前追い切り評価】

(19日、栗東CW)

3頭併せ。追走して中に併せる。

ゴールを過ぎてからもしっかり追って、

実に意欲的。

道中は全身を使えており、

まだ肉体的衰えは感じない。

 

<ソールインパクト>

(前回) 南W良 強 目
→84.0 68.3 53.8 39.7 13.2 ⑦

4/15 南W稍 馬なり
→56.5 41.3 14.0 ⑥

4/19 南W重 末強目
→82.9 66.9 52.9 39.3 13.4 ⑥
サーレンブラントの内を0.7秒追走0.3秒先着

4/22 南W良 馬なり
→54.7 39.9 14.3 ⑤

【一週前追い切り評価】

(19日、美浦南W)

格下を追いかけて、

最後はアッサリ追い抜いてきた。

体を大きく使って、

スピード感は満点。

気合も乗って、

前走時よりも雰囲気はいい。

 

<チェスナットコート>

(前回) 栗坂不 一 杯
→1回 55.2 41.1 26.7 13.3

4/13 栗坂稍 馬なり
→1回 54.9 40.0 26.2 13.1

4/18 栗坂不 馬なり
→1回 53.4 38.9 25.4 12.7
ディープインラヴを0.4秒先行同入

4/22 栗坂良 馬なり
→1回 59.0 43.1 28.5 14.6

【一週前追い切り評価】

(18日、栗東坂路)

余裕十分の手応えで併入

行きっぷりの良さが目についた。

馬体もフックラといい感じ。

ひと息入っていた前走を叩かれ、

上積みが見込めそう。

 

<トウシンモンステラ>

(前回) 栗CW稍 馬なり
→82.0 64.1 50.6 38.1 12.5 ⑧

4/15 栗坂不 馬なり
→1回 61.6 45.1 29.4 14.0

4/19 栗CW重 馬なり
→86.3 69.9 54.4 40.3 12.4 ⑥

4/22 栗坂良 馬なり
→1回 59.7 44.1 28.0 12.9

【一週前追い切り評価】

(19日、栗東CW)

マルタンガールを着けて、

やや頭が高くトモの甘い走りだが、

馬体は悪くはない。

8歳だがもう少しやれても。

 

<トミケンスラーヴァ>

(前回) 南W良 馬なり
→84.0 68.0 53.7 39.5 13.3 ⑦

4/6 南W稍 馬なり
→72.8 57.0 41.6 14.0 ⑨
ニシノミストレスの外を1.4秒先行同入

4/11 南W良 馬なり
→71.3 56.2 41.2 14.4 ⑧
ヒューリスティクスの外を1.2秒先行1.0秒遅れ

4/18 南坂不 馬なり
→1回 55.6 41.4 27.5 13.8
ノートルスウェを0.5秒先行0.2秒先着

【一週前追い切り評価】

(18日、美浦坂路)

外ラチ沿いを併せ馬の外で

スッと右手前に替えると、

耳をピンと立てて、

ゆったりとしたフォームで上がってくる。

 

<トーセンバジル>

(前回) 栗CW不 直強目
→84.5 67.5 52.4 37.6 12.1 ⑤

4/12 栗坂不 馬なり
→1回 58.4 41.7 26.2 12.9
サトノシリウスを0.2秒先行同入

4/18 栗CW不 強 目
→83.4 66.4 51.4 37.3 12.1 ⑥
ギベオンの内を0.4秒追走0.1秒遅れ

4/22 栗坂良 馬なり
→1回 57.0 41.9 27.1 13.2

【一週前追い切り評価】

(18日、栗東CW)

ややズブい感じはしたが、

相手が走り過ぎた感じ。

自身は重心の低い安定した走り。

毛ヅヤもピカピカで、

久々をひと叩きした効果はある。

 

<ミッキーロケット>

(前回) 栗坂良 一 杯
→1回 51.0 37.1 24.8 12.9

4/15 栗CW不 馬なり
→74.1 58.0 42.0 13.2 ⑦

4/18 栗坂不 一 杯
→1回 51.5 37.3 24.9 13.0
サンライズノヴァを0.2秒追走同入

4/22 栗坂良 馬なり
→1回 58.3 42.4 28.0

【一週前追い切り評価】

(18日、栗東坂路)

ピッタリと馬体が合う形だったこともあり、

モタれる面は気にならず。

パワフルな走りを見せたし、

時計もこの馬とすれば

合格点が与えられるもの。

いい仕上がりで臨めそう。

 

<ヤマカツライデン>

(前回) 栗坂良 一 杯
→1回 50.8 37.6 25.1 12.7

4/11 栗プール 2 周

4/15 栗坂不 馬なり
→1回 54.1 39.3 26.2 13.2

4/19 栗CW重 直強目
→79.8 65.5 51.1 37.5 12.1 ⑤

【一週前追い切り評価】

(19日、栗東CW)

まだ太く見せるが体形もある。

今年4走目でようやくいい時の

落ち着きとフットワークになってきた。

今回は大駆け可能な状態に。

 

<レインボーライン>

(前回) 栗坂良 馬なり
→1回 60.0 41.9 26.0 12.3

4/15 栗坂不 一 杯
→1回 53.8 38.8 25.5 13.2

4/19 栗坂重 馬なり
→1回 60.7 43.2 27.6 12.9

4/22 栗坂良 一 杯
→1回 52.3 37.9 25.5 13.1
ヤマニンペダラーダを0.1秒追走0.1秒遅れ

【一週前追い切り評価】

(19日、栗東坂路)

終い重点とはいえ、

ゴール前はグングンと加速する

感じで迫力があった。

気合乗りがいいし、

毛ヅヤや張りも良好。

引き続きいいデキ。

 

 

【天皇賞・春2018】出走馬の調教・一週前追い切り評価②まとめ

今回は、天皇賞・春2018

出走馬の調教・一週前追い切りを

評価をしました。

その中で調教・一週前追い切りが良く

好走しそうな穴馬

人気ブログランキングにて公開しています。

紹介します。

この馬人気ブログランキングへ

日経賞では3着馬を差し返したほど。

その後はダメージもなく、

順調に乗り込んでいる。

追い日の18日は

かなり馬場が悪かったが、

それでもいい動き。

母系から見ても3200mが

長いとは思わないし、

何より折り合いには

まったく不安がないタイプ。

京都の外回りなら、

より競馬もしやすくなる。

The following two tabs change content below.
スポンサーリンク