Pocket

今回は、函館2歳ステークス2018無料予想と

出走馬の調教・最終追い切り

分析・評価から買える馬を

中心とした記事を書いていきたいと思います。

JRAで今年最初に行われる

2歳馬の重賞が、函館2歳ステークス。

函館開催のフィナーレを飾る一戦は

今年、区切りの50回目を迎える。

早い時期に勝ち上がったスピード馬たちが、

世代最初のステークスウイナーを

目指して激突する。

今年最初の2歳重賞を制するのは

どの馬なのか、ここでは、

出走馬の調教・最終追い切り

分析・評価から買える馬

探っていきたいと思います。

 

【函館2歳ステークス2018】出走馬の調教・最終追い切り分析・評価から買える馬

①ラブミーリッキー

(前回) 函W良 馬なり
→67.4 53.1 38.8 13.1 ⑦

7/11 函芝稍 馬なり
→64.5 49.3 36.0 11.5 ⑥
コスモスピードの内0.6秒追走0.2秒先着

7/15 函W良 馬なり
→59.4 43.4 13.6 ⑤

7/18 函W稍 馬なり
→70.9 55.4 40.8 12.6 ④
タイセイアヴァンセの内1.0秒追走1.4秒先着

【最終追い切り評価】

持ったままで併走馬を圧倒。

直線は抜群の伸びを見せた。

気配は文句なし。

 

②ガイセン

(前回) 南坂良 馬なり
→1回 55.7 40.3 26.6 13.6

7/15 函W良 馬なり
→55.8 40.0 13.5 ⑤

7/18 函W稍 馬なり
→73.1 56.6 41.7 12.3 ⑦
グリニッチヴィレジの外0.6秒先行同入

【最終追い切り評価】

デビュー戦を快勝した反動はなく、

元気に駆けた。

自身の力は出せる気配。

 

③スズカカナロア

(前回) 函芝稍 末強目
→64.4 49.8 37.3 11.8 ⑧

7/18 函W稍 馬なり
→69.0 53.0 39.0 12.5 ⑥

【最終追い切り評価】

終始落ち着いた走りで

軽快な動きを披露。

状態は高いレベルで安定している。

 

④トーセンオパール

(前回) 函芝良 馬なり
→52.1 37.9 11.7 ⑥

7/11 函W稍 馬なり
→57.0 41.5 13.1 ⑦
シゲルトウガラシの内を0.6秒追走3F併0.4秒先着

7/18 函W稍 馬なり
→70.3 54.4 40.9 12.6 ②
イチザテイオーの内3F併0.6秒先着

【最終追い切り評価】

素軽さ十分の脚さばきで駆け、

状態の良さをアピールした。

力は出せる。

 

⑤カルリーノ

(前回) 函W不 馬なり
→73.0 56.6 40.9 13.3 ⑤

7/11 函W稍 馬なり
→54.2 38.7 13.6 ④

7/15 函W良 馬なり
→60.0 44.0 14.7 ⑤

7/18 函W稍 馬なり
キリ

【最終追い切り評価】

モヤで全体的な気配は

確認できなかったが、

ゴール前はキビキビと活気十分。

 

⑥アスターペガサス

(前回) 函W良 一 杯
→66.9 52.2 39.4 13.4 ⑧

7/12 函W稍 馬なり
→68.6 53.6 39.3 13.2 ④

7/15 函W良 馬なり
→71.6 55.9 41.4 13.0 ⑧

7/18 函W稍 直一杯
→65.3 51.5 37.4 12.4 ③
トップノッチの内0.6秒追走1.8秒先着

【最終追い切り評価】

全身を大きく使って

ダイナミックに駆けた。

気合乗りも目立ち、

迫力は十分。

 

⑦イチゴミルフィーユ

(前回) 南坂良 馬なり
→1回 53.3 38.9 25.3 12.6

7/18 函W稍 馬なり
→56.5 42.0 13.2 ⑤
ヴィーヴルサヴィの内0.6秒追走0.1秒先着

【最終追い切り評価】

時計は目立たなかったが、

動きはキビキビと活気十分。

状態は良さそうだ。

 

⑧エムティアン

(前回) 門別重 直強目
→53.4 37.1 12.5 ③

6/21
→38.1 24.5 12.8

7/12
→36.9 24.2 12.5

7/18
→35.9 24.0 12.6

【最終追い切り評価】

2週続けてしっかり時計をマークした。

脚さばきも軽快でうまく仕上がった。

 

⑨ロードワンダー

(前回) 函W稍 馬なり
→70.2 54.7 40.1 13.0 ⑥

中間軽め

【最終追い切り評価】

使い詰めだが、

疲れは感じられず元気な様子。

自身の力は出せそうだ。

 

⑩ラブミーファイン

(前回) 函W稍 強 目
→71.5 55.4 40.8 13.5 ⑨

7/18 函W稍 馬なり
→55.0 39.8 13.1 ⑦

【最終追い切り評価】

終始リラックスした走りで

軽快に駆けた。

脚さばきも機敏で順調そのもの。

 

⑪ナンヨーイザヨイ

(前回) 函芝稍 馬なり
→71.9 55.3 39.0 12.8 ⑦

7/11 函W稍 末強目
→71.1 55.5 41.3 13.2 ⑨

7/15 函W良 馬なり
→56.3 41.1 13.0 ⑨

7/18 函芝稍 馬なり
→70.8 54.6 40.0 12.1 ⑥
アドマイヤアルパマの外0.5秒先行0.2秒先着

【最終追い切り評価】

実戦並みの併せ馬を消化し、

力強い動きを見せた。

状態はさらに上向いている。

 

⑫ラブリロンリロンス

(前回) 函W不 一 杯
→70.0 55.2 40.2 13.6 ⑨

7/13 函W稍 馬なり
→73.9 57.4 41.1 13.1 ⑦

7/18 函W稍 末強目
→70.2 55.5 41.2 13.5 ⑦
メイショウツヅラの内0.7秒先着

【最終追い切り評価】

キビキビと活気に

あふれた動きで駆け、

出来の良さを誇示。

気合乗りも目立つ。

 

⑬レコードチェイサー

(前回)
→37.2 24.4 12.3

7/12
→42.8 26.8 12.8

7/18
→36.3 24.2 12.3

【最終追い切り評価】

デビュー3戦より時計も

調教時計を詰めて、

活気も感じられる。

多少上向く。

 

⑭ヒストリコ

(前回) 函W稍 馬なり
→67.9 52.8 38.5 13.1 ①

7/18 函芝稍 一 杯
→65.0 49.8 36.8 11.8 ⑦
スキップガールの内0.4秒追走0.2秒先着

【最終追い切り評価】

長めからしっかりと追われ、

上々の伸びを見せた。

動きの良さは目立っていた。

 

⑮ホールドユアハンド

(前回) 南W良 馬なり
→68.9 53.1 39.5 13.2 ⑧

7/11 南坂良 馬なり
→1回 54.4 39.8 26.3 13.1

7/19 函W良 馬なり
→69.8 53.2 39.4 13.0 ⑧
フォーハンドレッドの内0.8秒追走0.2秒先着

【最終追い切り評価】

長めから意欲的に

運んでラストも

上々の伸びを見せた。

調整はすこぶる順調。

 

⑯ニヴィアン

(前回) 函W稍 馬なり
→キリ 13.0

7/18 函W稍 馬なり
→71.0 55.9 41.6

【最終追い切り評価】

中1週のため終始馬任せの内容。

脚さばきは素軽く、

気配自体は悪くない。

 

 

【函館2歳ステークス2018】出走馬の調教・最終追い切り分析・評価から買える馬

今回は、函館2歳ステークス2018

出走馬の調教・最終追い切り

分析・評価から買える馬

分析しました。

調教・最終追い切りが良かった馬

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬→人気ブログランキングへ

体も引き締まってきており、

初戦を使われての上積みはかなりありそう。

また、母系はダート色が濃く、

パワーも兼備している。

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク