Pocket

今回は、函館2歳ステークス2018無料予想と

馬券買い方・買い目と

有力馬分析・コース分析(函館芝1200m)を

中心とした記事を書いていきたいと思います。

JRAで今年最初に行われる

2歳馬の重賞が、函館2歳ステークス。

函館開催のフィナーレを飾る一戦は

今年、区切りの50回目を迎える。

早い時期に勝ち上がったスピード馬たちが、

世代最初のステークスウイナーを

目指して激突する。

今年最初の2歳重賞を制するのは

どの馬なのか、ここでは、

無料予想と馬券買い方・買い目

公開します。

 

無料予想・馬券買い方・買い目の前に

函館2歳ステークスの調教・最終追い切りに

ついての記事も書いてるので、

そちらも合わせて

読んで予想の参考に

してみて下さい。

【函館2歳ステークス2018無料予想】出走馬の調教・最終追い切り分析・評価から買える馬

 

それでは、まず枠順とオッズから見ていきます。

【函館2歳ステークス2018】枠順

1枠1番ラブミーリッキー
1枠2番ガイセン
2枠3番スズカカナロア
2枠4番トーセンオパール
3枠5番カルリーノ
3枠6番アスターペガサス
4枠7番イチゴミルフィーユ
4枠8番エムティアン
5枠9番ロードワンダー
5枠10番ラブミーファイン
6枠11番ナンヨーイザヨイ
6枠12番ラブリロンリロンス
7枠13番レコードチェイサー
7枠14番ヒストリコ
8枠15番ホールドユアハンド
8枠16番ニヴィアン

 

【函館2歳ステークス2018】オッズ

1番人気ナンヨーイザヨイ      4.1
2番人気アスターペガサス      5.3
3番人気カルリーノ               6.2
4番人気スズカカナロア         8.2
5番人気ホールドユアハンド   8.2
6番人気トーセンオパール     12.1
7番人気イチゴミルフィーユ  18.9
8番人気ラブミーファイン     20.9
9番人気エムティアン           25.6

 

【函館2歳ステークス2018】コース分析(函館芝1200m)

スタート地点は向正面直線、

2コーナー奥にあるポケット。

最初の3コーナーまでの距離は

約490mあり、緩やかな上り坂になっている。

3~4コーナーはスパイラルカーブ。

途中に坂の頂上があり、

最後の直線半ばにかけて緩やかな下り坂。

その後、ゴールまでは平坦になっている。

函館競馬場は一般的に

平坦コースと思われがちだが、

このように実は起伏がある。

芝コース全体の高低差は3.4m。

仮柵によるコース設定はA、B、Cの3パターンで、

最後の直線距離はともに262m。

クラスを問わず前半の3ハロンは速く、

典型的な前傾ラップ。

クラスが上がるごとに

後半の失速率が下がり、

走破時計も速くなる。

起伏がある上、函館競馬場の芝は

重い洋芝なので全体的に

時計がかかるのが特徴。

開幕して間もない時期はいいが、

使いこまれたり、ひと雨降ったりすると、

一気に時計がかかる。

開催日ごとで水準時計が

大きく変わるので注意が必要。

時計が遅くなると、

速い持ち時計がない穴馬が台頭してくる。

そのため、予想は難しい。

函館の芝に合った馬を見つけることが

ポイントになってくる。

脚質傾向は基本的に逃げ~先行馬が有利。

近年はそうでもないが、

馬場が痛み出すと、

一気に逃げ~先行馬が苦しくなる。

完全に差し馬有利な馬場になることもある。

枠順傾向は、以前は外枠有利が定説だったが、

近年はそうでもない。

16頭立ての大外は勝ち切れなくなっている。

それ以外のゲートは満遍なく好走馬が出ており、

フラットと言っていいだろう。

好走枠→内枠(勝率:7.9%)(複勝率:25.1%)

好走脚質→逃げ(勝率:22.0%)(複勝率:45.9%)

 

【函館2歳ステークス2018】有力馬分析

<ナンヨーイザヨイ>

今年の函館2歳戦のなかで

最も素質を感じたのがナンヨーイザヨイ。

まず、柔らかいフットワークに好感。

レースでは仕掛けて位置を

取りにいったにもかかわらず

スンナリ折り合い、

早目先頭で完勝だった。

時計も上がりも優秀。

馬体や血統を見ると

もっと長い距離が良さそうだが、

このメンバーなら力で

何とかなりそう。

気配も良好。

 

<カルリーノ>

2戦目で初勝利。

水分を含む馬場だったことを

考えれば勝ち時計も悪くない。

頭の高い走りで切れる脚は

ないが立ち回りがうまく、

使い出しが太かった分、

まだ上積みもありそう。

母と、5頭の兄姉が函館デビューを

果たした言わばご当地血統。

待望の重賞ウィナー誕生なるか、

期待したい。

 

<アスターペガサス>

米国産らしく筋肉質で力強い馬体。

初戦は2馬身半差の完勝ではあったが、

ラスト2ハロン11.7-11.5と

加速ラップを刻んでいるのが凄いところ。

中身も濃かった。

まだ重心が高いが、

前肢のたぐりが強くて

パワーのある走法とあり、

荒れてきた芝も得意そう。

中間も順調に調整され

体も引き締まってくることだろう。

 

<スズカカナロア>

スズカカナロアは出負けして

序盤に軽くジャンプしていたが、

それ以降は2番手でスムーズな立ち回り。

体の造りが緩い分、追われて頭が高いが、

それでも大きくて雄大な

フットワークは印象的だった。

重賞になっても前、前で

運ぶことができればチャンスあり。

 

<トーセンオパール>

トーセンオパールは手先が軽く、

いかにも芝向きのフットワーク。

初戦は道中で促される場面はあったが、

直線に向いての加速力は目を引いた。

今回は牡馬相手で、小柄だけに

最終日の荒れた芝も課題ではあるが、

展開が嵌まれば上位進出も十分ある。

気配もいい。

 

<ホールドユアハンド>

福島で勝ったホールドユアハンドは

1週前の追い切りを美浦で消化し、

既に函館入り。

父はダートで活躍したエスポワールシチーで

自身もダートで勝ち上がったが、

初戦は序盤の芝の部分で

いいダッシュを見せ、楽に逃げ切った。

力のいる今の芝なら怖さがある。

 

<ラブミーリッキー>

ダート血統だが、先週芝でいい動き。

初戦は余力残しで完勝。

絶好枠を引き、逃げ残りが怖い。

 

<エムティアン>

早目先頭で粘り切った前走。

センスがいい。

輸送競馬で馬体維持が鍵だが、

走法から芝でも要注。

 

【函館2歳ステークス2018】無料予想・馬券買い方・買い目

<展開予想>

ペース:ハイ
逃げ120102
好位06111514
中位一団
後方101613

<印付き予想>

人気ブログランキングへ
〇04トーセンオパール
▲07イチゴミルフィーユ
☆10ラブミーファイン
穴14ヒストリコ
穴02ガイセン
△03050809111516

◎の軸馬は

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬→人気ブログランキングへ

今週の動き絶好で上積み十分。

前でスムーズな競馬ができれば

勝ち負け。

<買い目>

◎-〇▲☆穴穴ー印

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク