Pocket

今回は、函館記念2018無料予想と

血統分析から買える馬、

先週の結果報告・レース後コメントを

中心とした記事を書いていきたいと思います。

今週の重賞は1レースのみで、

サマー2000シリーズ2戦目の

函館記念が行われる。

シリーズ初戦の8日の七夕賞が

大波乱となったように、

夏のハンデ重賞は一筋縄では収まらない。

函館記念も過去10年で1番人気は

2着が2回あるだけ。

トップハンデ馬も2連対しかなく、

3連単の平均配当が21万7380円と、

荒れるのが当たり前のようなレースだ。

今年の函館記念はどの馬が制するのか、

ここでは、血統分析から買える馬

探っていきたいと思います。

 

まずは、先週の結果報告・レース後コメントから

見ていきましょう。

【先週の結果報告】

<七夕賞2018>

1着:メドウラーク
2着:マイネルサージュ(クビ)
3着:パワーポケット(2馬身)
4着:サーブルオール(3/4馬身)
5着:ワンブレスアウェイ(1-1/4馬身)
6着:レイホーロマンス
7着:キンショーユキヒメ
8着:マイネルフロスト
9着:マイネルミラノ
10着:バーディーイーグル
11着:シルクドリーマー
中止:プラチナムバレット

勝ちタイム:2.00.8
優勝騎手:丸田 恭介
馬場:良

丸田恭介騎手騎乗の11番人気メドウラークが

差し切り勝ち。

重賞初制覇を果たした。

2着にマイネルサージュ(4番人気)、

3着にパワーポケット(12番人気)が入り、

3連単は256万3330円の大波乱となった。

 

【実際に公開した予想】

<印付き予想>

◎11マイネルミラノ
〇02キンショーユキヒメ
▲06サーブルオール
☆07ワンブレスアウェイ
穴04メドウラーク
△01030510

<参考買い目>

三連複

◎-〇▲☆穴ー印

穴-〇▲☆ー印

結果は

1着穴メドウラーク
2着△マイネルサージュ
3着消パワーポケット

という結果で不的中!

 

メドウラークは後方2番手から向こう正面で

ポジションを上げていき、

直線で横一戦の激戦の中から

力強く抜け出した。

最後方から4コーナーでは

勝ち馬の外につけていた

マイネルサージュが、クビ差の2着。

中団から4コーナーで3番手にいた

パワーポケットが、さらに2馬身差の3着。

1番人気サーブルオールは4着で、

2番人気レイホーロマンスは6着。

3番人気プラチナムバレットは

4コーナーで自ら前の馬に触れて転倒し、

競走を中止した。

メドウラークは、父タニノギムレット、

母アゲヒバリ、母の父クロフネという血統。

北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、

馬主は吉田勝己氏。

通算成績は34戦6勝。

重賞初勝利。

七夕賞は橋田満調教師、

丸田恭介騎手ともに初勝利。

 

■レース後のコメント■

1着 メドウラーク(丸田騎手)

「今日は馬場が軟らかくなっていましたが、

道悪は上手な馬ですし、

いいリズムでずっと

回ってくることが出来ました。

3~4コーナーで外から

来られた時に被されないように

気をつけていました。

そこを凌いで、直線もいい伸びでした。

福島は初めて重賞を

勝った(2010年福島記念のダンスインザモア)

思い出もありますし、

縁を感じる競馬場で勝てて嬉しいです」

 

2着 マイネルサージュ(津村騎手)

「いい感じで上がって

来られましたが、

3~4コーナーで外に

逃げ加減だったことが

もったいなかったです」

 

3着 パワーポケット(江田照騎手)

「出来が良くて、馬が元気でした。

ロスなく行けて、ハンデを生かして、

今日の馬場もこなしてくれました」

 

4着 サーブルオール(戸崎騎手)

「今回初めて乗ってどうかなと

思っていましたが、

とても乗りやすくていい馬です。

ただ、乗りやす過ぎたことが

かえって今日は良くなかったのかもしれません」

 

5着 ワンブレスアウェイ(石橋脩騎手)

「体調が良かったこともあり、

ゲートは落ち着いて出られました。

ペースは流れていましたが、

前めのポジションが取れたので

無理に抑えずに走らせました。

上位との差もないですし、

頑張っています」

 

6着 レイホーロマンス(内田博騎手)

「今日の馬場はこの馬に

合っていなかったようで、

反応が良くありませんでした。

3コーナーから4コーナーの

落馬にも巻き込まれそうで

ヒヤッとしました。

それでもジリジリ伸びているのは

力のある証拠です」

 

7着 キンショーユキヒメ(北村宏騎手)

「手応えが良くなくて、

道中は追走に苦しみました。

勝負どころでの落馬も

少し影響がありました。

ただ、手応えの割には

最後まで頑張っていました」

 

8着 マイネルフロスト(柴田大騎手)

「前が引っ張ってくれて、

この馬にとっては

いい形になりましたが、

勝負どころでまったく

手応えがありませんでした」

 

 

<プロキオンステークス2018>

1着:マテラスカイ
2着:インカンテーション(4馬身)
3着:ウインムート(1/2馬身)
4着:サクセスエナジー(クビ)
5着:ブラゾンドゥリス(クビ)
6着:ドリームキラリ
7着:キングズガード
8着:ダノングッド
9着:ナムラミラクル
10着:ブライトライン
11着:ルグランフリソン
12着:エイシンヴァラー
13着:サイタスリーレッド

勝ちタイム:1.20.3
優勝騎手:武 豊
馬場:不良

マテラスカイは栗東・森秀行厩舎の4歳牡馬で、

父Speightstown、母Mostaqeleh(母の父Rahy)。

通算成績は19戦6勝。

武豊騎手騎乗の5番人気マテラスカが

好スタートから先手を奪うと、

直線に向いても鞍上が持ったままの

手応えで最後は2着馬に4馬身差をつけて楽勝。

タイム1分20秒3(不良)は

従来の記録を1秒2更新する日本レコードだった。

2着は1番人気インカンテーション、

3着は2番人気のウインムートだった。

 

【実際に公開した予想】

<印付き予想>

◎01サクセスエナジー
〇07キングズガード
▲03ウインムート
☆02ドリームキラリ
穴12ブラゾンドゥリス
△050608111314

<参考買い目>

三連複

◎-〇▲☆穴ー印

結果は

1着△マテラスカイ
2着△インカンテーション
3着▲ウインムート

という結果で不的中!

 

■レース後のコメント■

1着 マテラスカイ(武豊騎手)

「強かったですね。今日のポイントは

スタートだと思っていました。

好スタートを切って大丈夫だと思いました。

ですから先手を取ろうと思いました。

ただ、これまで1200mを

使ってましたのでラストが心配でしたが、

問題ありませんでした。

タイムが出やすい馬場でしたが、

それにしても立派なタイムでしたね。

これまでいいタイミングで

乗せてもらっています。

馬も充実しているようで、

今後も楽しみです」

 

2着 インカンテーション(三浦騎手)

「ラストはいい脚でした。

この馬は1600mでも忙しいだけに、

1400mだと後ろからになりました。

今回は狭いところを抜け出して来ましたが、

このことは今後大きいところを

狙う意味でも収穫の多いレースでした。

まだまだ走る気のある馬、

秋に向けていい形のレースでした」

 

3着 ウインムート(和田騎手)

「ペースは速かったけど、

形としてはベストだったと思います。

さすがに苦しくなりましたが、

よく頑張って粘っています。

勝った馬が強かったです」

 

4着 サクセスエナジー(松山騎手)

「砂を被って少し頭を上げる

ところはありましたが、

勝負どころで外に出して

理想の形になりました。

よく差を詰めて頑張っています」

 

5着 ブラゾンドゥリス(武藤雅騎手)

「頑張っています。

イメージ通り3番手からのレース。

しぶとく走ってくれました。

こういうレースは得意です。

1400mでこういうレースを

してどれだけ粘り込めるかです。

こういうレースを続けていけばいいと思います」

 

6着 ドリームキラリ(M.デムーロ騎手)

「スタートが速い馬ですが、

もっと速い馬がいました。

前でフラフラする馬がいて、

最後脚を余す形になってしまいました」

 

7着 キングズガード(藤岡佑騎手)

「体重は安定している馬ですし、

特に変化は感じませんでした。

追い込み一辺倒ですから、

今日の展開では仕方ありません。

よく脚を使っていますし、

時計的にここまでが精一杯です」

 

8着 ダノングッド(川田騎手)

「性格の難しさが出たレースになりました」

 

12着 エイシンヴァラー(新子雅司調教師)

「久々の左回りで物見をしている感じでした。

前半、よくついて行けたと思います。

時計も速かったですし、

相手が強すぎました」

 

13着 ドライヴナイト(浜中騎手)

「今日は持ち時計からすると

速い時計の決着になりました。

このレースの経験から

良くなってくれればいいですね」

 

先週はいい所なしで、惨敗でした。

今週は、函館記念

このレースも荒れるレースなので

思い切って穴狙いで

馬券的中目指して

予想していきます。

 

それでは、函館記念2018

血統分析をしていきます。

 

 

【函館記念2018】血統分析から買える馬

過去10年で複数の勝鞍があるのは

ジャングルポケット1頭。

適性があるのは間違いないのだろうが、

3度の1番人気はいずれも馬券圏外だった。

複数回馬券絡みがある種牡馬は

マヤノトップガン、ステイゴールド、マンハッタンカフェ、

フジキセキ、ダンスインザダークと

スタミナ・持続力に長けた

サンデーサイレンス系を持つ馬の

活躍が顕著。

ほかでは、ノーザンダンサー系や

ロベルト系など、

パワータイプの種牡馬を父あるいは

母父に持つ馬の好走例が多い。

なかでも注視すべきは、

サンデーサイレンス系×ノーザンダンサー系or

ロベルト系の組み合わせ(逆もあり)を持つ馬だ。

2012年以降、2勝を含む3着以内馬9頭を送り出し、

うち7頭は7番以下の人気薄。

条件を満たす馬は人気の有無を問わず、

徹底マークが必要だ。

現在の競馬から切っても切り離せない

ディープインパクト産駒は

16年2着のケイティープライドが初の馬券絡み。

昨年は2歳王者サトノアレスが参戦したが、

1番人気6着と期待を裏切り、

やや寂しい成績となっている。

 

【函館記念2018】血統分析から買える馬まとめ

今回は、函館記念2018

血統分析から買える馬を書きました。

血統分析から買える馬を

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬人気ブログランキングへ

馬場状態を問わず、

欧州的なスタミナが

生きるレース。

欧州ナスルーラー系が好相性。

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク