Pocket

今回は、函館スプリントステークス2019の予想と

過去データの傾向と対策、

データ分析(10年)から狙える穴馬と参考レース動画

~スプリントマスターのスプリント攻略予想~を中心とした記事

書いていきたいと思います。

宝塚記念が残っているものの、

当週から北海道シリーズが開幕し、夏競馬が始まる。

6月半ばに行われているレースだが、

秋の大一番・スプリンターズSで好走する馬が多く、

『サマースプリントシリーズ』の開幕戦である。

函館スプリントステークス2019を制するのはどの馬か

ここでは、函館スプリントステークス2019の予想と

過去データの傾向と対策、

データ分析(10年)から狙える馬

探っていきたいと思います。

ついに夏競馬がスタートします。
北海道での競馬もスタートし、
ここで変わってくるのは芝!!
函館競馬場は洋芝100%で、
洋芝適性が重要になってくる。
ここで各馬の洋芝適性を見抜くためには
やはり血統だろう!!

血統からみて洋芝を得意とするのは・・・
⇒●●●●●産駒

『血統』を知らずして予想を出せるか!?

1982年~2015年まで中央現場記者が
当時の話を語る。

証拠❞は読めばわかる!!

■■血統と競馬の関係を毎週無料で提供■■

>>無料登録はこちら!!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━

血統理論こそが競馬を支配する最強の理論!!

「競馬はブラッドスポーツ」という
有名な格言(提言)がありますが、
やはり競馬を語る上で避けて通れないのが血統です。

いまから走るこの馬の父はどんな馬か?
母はどんな産駒を産んでいるのか、
母の父はどんな馬だったのかなどなど。
すべては先祖から脈々と受け継いて来た競走馬の
特徴、DNA、その力を可視化して
レースの予想に役立てようというのが血統理論の根幹です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

競馬には様々なカテゴリーがありますが
それらの得手不得手を見分ける指標として血統があります。

・芝専用血統
・ダート専用血統
・芝ダート兼用血統
・短距離専用血統
・長距離専用血統
・オールマイティ血統

というように父系、母系の血脈から受け継がれる
DNAはそのままその馬自身の得意分野に反映されます。

いま目の前にいるサラブレッドの
顕在・潜在能力を推し量るのが血統理論です。
いわばまだレースを走っていない馬でも
しっかりと血統を辿っていき、
毛色などの馬体の特徴、
性格などと照らし合わせてみれば
ある程度の能力が推し量れる便利な理論でもあります。

競馬新聞で着順を見ることも大事ですが、
馬柱の馬名の両サイドにある
「父と母の名前」こそがそのレースへの
適性の指標と考えるのが
血統ウィナーズのコンセプトです。

ご興味ある方は以下のリンクから無料登録をしてみてください!!

⇒ 無料会員登録ページ
※メールアドレスのみの簡単無料登録で完了です!

 

【函館スプリントステークス2019予想】過去データの傾向と対策│データ分析(10年)から狙える馬~スプリントマスターのスプリント攻略予想~

<人気順別成績>
人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 【2.2.1.5】 20.0% 40.0% 50.0%
2番人気 【2.1.1.6】 20.0% 30.0% 40.0%
3番人気 【2.1.1.6】 20.0% 30.0% 40.0%
4番人気 【1.1.1.7】 10.0% 20.0% 30.0%
5番人気 【0.1.1.8】 0.0% 10.0% 20.0%
6番人気 【1.1.0.8】 10.0% 20.0% 20.0%
7番人気 【0.0.2.8】 0.0% 0.0% 20.0%
8番人気 【1.1.0.8】 10.0% 20.0% 20.0%
9番人気 【0.0.0.10】 0.0% 0.0% 0.0%
10番人気 【0.1.0.9】 0.0% 10.0% 10.0%
11番人気 【0.0.1.9】 0.0% 0.0% 10.0%
12番人気 【1.0.2.6】 11.1% 11.1% 33.3%
13番人気 【0.0.0.8】 0.0% 0.0% 0.0%
14番人気 【0.1.0.6】 0.0% 14.3% 14.3%

2011年まで上位人気の信頼度が高かったが、
開幕1~2週に移動した2012年以降はその傾向が変化。
2012年こそ1、2人気のワンツーだったが、
2013年以降は1人気が【0.0.1.5】、
2人気が【0.1.0.5】で不振に陥っている。
とくに1人気は近6年で一度も連に絡んでいない。
2人気にしても1回しか馬券に絡んでおらず不調だ。
逆に3人気は2012年以降で【2.0.1.4】。
ここ2年連続で優勝馬を出していて好調だ。
また、4人気も侮れない。
昨年こそ馬券に絡んでいないが、
2012年以降は【1.1.1.4】。
馬券に絡んだのはすべて過去5年以内でのものだ。
過去7年で3連単1500倍以上が4回、馬単は万馬券5回、
2ケタ人気は5回馬券に絡んでいる。
波乱を念頭に馬券検討するのが正解だ。
穴党も積極的に穴狙いができるレース。

<枠順別成績>
着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 【2.1.3.9】 13.3% 20.0% 40.0%
2枠 【2.1.0.13】 12.5% 18.8% 18.8%
3枠 【2.3.1.11】 11.8% 29.4% 35.3%
4枠 【0.0.3.15】 0.0% 0.0% 16.7%
5枠 【1.1.0.17】 5.3% 10.5% 10.5%
6枠 【1.1.1.17】 5.0% 10.0% 15.0%
7枠 【1.2.1.16】 5.0% 15.0% 20.0%
8枠 【1.1.1.17】 5.0% 10.0% 15.0%

枠番別では1~3枠が2勝ずつを挙げ、2着も5回。
アベレージで見ると内枠が有利。
特に1枠と3枠のアベレージが高い。
開幕週に行われるしやはり内枠有利。

<脚質別成績>
脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率
逃げ 【1.1.1.7】 10.0% 20.0% 30.0%
先行 【5.3.2.26】 13.9% 22.2% 27.8%
差し 【3.4.4.43】 5.6% 13.0% 20.4%
追い込み 【1.2.3.39】 2.2% 6.7% 13.3%

 

<上がり3F別成績>
上がり3F 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1位 【3.1.2.6】 25.0% 33.3% 50.0%
2位 【2.1.0.6】 22.2% 33.3% 33.3%
3位 【1.1.4.8】 7.1% 14.3% 42.9%
~5位 【0.4.1.13】 0.0% 22.2% 27.8%
6位~ 【4.3.3.82】 4.3% 7.6% 10.9%

 

<4角位置別成績>
4角位置 着別度数 勝率 連対率 複勝率
4角1番手 【1.1.1.7】 10.0% 20.0% 30.0%
2番手以内 【4.1.2.19】 15.4% 19.2% 26.9%
3番手以内 【5.2.3.29】 12.8% 17.9% 25.6%
4番手以内 【6.4.3.33】 13.0% 21.7% 28.3%
5番手以内 【8.7.4.39】 13.8% 25.9% 32.8%
7番手以内 【9.8.6.56】 11.4% 21.5% 29.1%
10番手以内 【9.8.9.81】 8.4% 15.9% 24.3%
2番手以下 【9.9.9.108】 6.7% 13.3% 20.0%
3番手以下 【6.9.8.96】 5.0% 12.6% 19.3%
4番手以下 【5.8.7.86】 4.7% 12.3% 18.9%
5番手以下 【4.6.7.82】 4.0% 10.1% 17.2%
7番手以下 【1.3.5.67】 1.3% 5.3% 11.8%
10番手以下 【1.2.3.46】 1.9% 5.8% 11.5%
13番手以下 【1.2.0.20】 4.3% 13.0% 13.0%
16番手以下 【0.0.0.3】 0.0% 0.0% 0.0%

昨年はセイウンコウセイが逃げ切って、
前年の高松宮記念以来となる復活V。
過去10年で4角先頭から3頭が馬券絡みを果たし、
2~5番手に付けた馬が7勝、2着6回と
ローカルの小回りコースらしい先行有利の結果を残している。
穴の期待は前が飛ばして先行馬が崩れた時の差し馬で、
人気薄も度々台頭している。
先行激化が予想される時は
人気薄の差しを警戒しておきたい。

<斤量別成績>
斤量 着別度数 勝率 連対率 複勝率
56.0㎏ 【2.4.3.61】 2.9% 8.6% 12.9%
54.0㎏ 【2.2.5.26】 5.7% 11.4% 25.7%
50.0㎏ 【2.0.1.3】 33.3% 33.3% 50.0%
58.0㎏ 【2.0.0.2】 50.0% 50.0% 50.0%
57.0㎏ 【1.1.0.9】 9.1% 18.2% 18.2%

 

<年齢別成績>
年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率
3歳 【3.2.2.14】 14.3% 23.8% 33.3%
4歳 【2.3.2.10】 11.8% 29.4% 41.2%
5歳 【3.1.3.39】 6.5% 8.7% 15.2%
6歳 【1.2.2.25】 3.3% 10.0% 16.7%
7歳 【1.1.0.11】 7.7% 15.4% 15.4%
8歳 【0.0.0.10】 0.0% 0.0% 0.0%
9歳 【0.1.1.2】 0.0% 25.0% 50.0%
10歳 【0.0.0.4】 0.0% 0.0% 0.0%

過去10年、3歳馬と5歳馬が3勝、4歳馬が2勝。
そして6歳馬と7歳馬が1勝ずつ。
昨年は古馬が意地を見せたが、
その前2年は3歳牝馬が連勝。
短距離のレースは牝馬、
3歳馬が多く活躍する傾向にあるが、
このレースも斤量差を利して3歳馬、
特に牝馬の活躍が目立つ。
7歳を超えると信頼度は下がるが、
前走成績が悪くない馬、
コース巧者には一応の警戒が必要だ

<前走レース別成績>
レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率
桜花賞 【2.0.0.1】 66.7% 66.7% 66.7%
京王杯SC 【2.0.0.8】 20.0% 20.0% 20.0%
高松宮記念 【1.2.1.14】 5.6% 16.7% 22.2%
CBC 【1.1.1.7】 10.0% 20.0% 30.0%
HNKマイル 【1.1.1.8】 91% 18.2% 27.3%

 

<前走距離別成績>
距離別 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1400m 【4.1.3.25】 12.1% 15.2% 24.2%
1200m 【3.6.3.63】 4.0% 12.0% 16.0%
1600m 【3.2.3.15】 13.0% 21.7% 34.8%
1000m 【0.1.0.11】 0.0% 8.3% 8.3%
2400m 【0.0.1.0】 0.0% 0.0% 100.0%

 

<レース間隔別成績>
間隔 着別度数 勝率 連対率 複勝率
中4週 【3.1.2.11】 17.6% 23.5% 35.3%
中10週以上 【2.3.1.38】 4.5% 11.3% 13.6%
中2週 【2.1.2.14】 10.5% 15.8% 26.3%
中9週 【2.0.1.5】 25.0% 25.0% 37.5%
中7週 【1.0.0.4】 20.0% 20.0% 20.0%

目立つのが高松宮記念、桜花賞、NHKマイルCといった
ハイレベルのG1戦。
特に3歳馬は適性距離よりも長い桜花賞、
NHKマイルCを使ったあとに
適距離のスプリントに戻って好走というパターンが目立ち、
近年でも16年の勝ち馬ソルヴェイグは桜花賞17着、
同2着のシュウジはNHKマイルC12着、
2017年の勝ち馬ジューヌエコールは
桜花賞9着から一気の変わり身を見せた。
古馬では高松宮記念のほか、ヴィクトリアMから参戦した馬が
5頭のうち3頭馬券に絡んでいる。
京王杯SC組は2勝を挙げているが、
人気を集めて着外に沈んだ馬も多く、悩ましい存在。

<前走着順別成績>
前走着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1着 【3.2.1.16】 13.6% 22.7% 27.3%
2着 【0.1.1.7】 0.0% 11.1% 22.2%
3着 【2.2.1.6】 18.2% 36.4% 45.5%
4着 【0.1.0.5】 0.0% 16.7% 16.7%
5着 【0.0.1.8】 0.0% 0.0% 11.1%
6~9着 【1.1.1.24】 3.7% 7.4% 11.1%
10着~ 【4.3.5.49】 6.6% 11.5% 19.7%

前走から連勝を果たした馬は3頭。
過去10年で5頭が前走3着以内から勢いを付けて勝ち上がり、
2着馬も前走3着以内が5頭。
前走で連対している馬は要チェック。
前走4~5着馬は不振で、中途半端に掲示板を確保した馬よりも、
思い切って前走で掲示板を外した馬から
狙うのが過去のデータからは得策。
特に前走G1で大敗した馬の巻き返しは要チェックだ。

【函館スプリントステークス2019予想】参考レース動画

【函館スプリントステークス2019予想】過去データの傾向と対策│データ分析(10年)から狙える馬~スプリントマスターのスプリント攻略予想~まとめ

今回は、函館スプリントステークス2019の予想と

過去データの傾向と対策、

データ分析(10年)から狙える馬

~スプリントマスターのスプリント攻略予想~

探ってきました。

その中でも、データから狙ってみたい馬

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬→人気ブログランキングへ

データ的にも減点材料はなく、
前走後はじっくり間隔をあけて成長を促した。
昨年、函館で完勝もしていて、
コース相性は上々。
調整にも熱が入っている。

【ビビりますよ!?100%保証対象です!】

注意書きはあるのでサイト(SWITCH)
まず確認してほしいですが、
もしSWITCHからの情報を利用して、
指定期間内に利益未獲得となった場合は
”全額保証対応”する!

ということだそうです…。

こんな自信、かつて見たことありますか?

競馬情報サイトはかなりの数ありますが
ここまで自信をもって情報を出している
サイトは他にないといってもいいでしょう。

この機会に今まで信じていた情報を見直す必要がある!

と私は考えます。

実際、近走も帯封決着をはじめ
数々の高額配当を出しているからこそ、
この言葉にも更に信憑性が湧くというものです。


なんにせよ、無料で入会できるメリットそして、
情報で利益未獲得となった場合は
100%全額保証なので
これは登録しない意味がわかりませんね(笑)

恐らくこの先SWITCH
競馬情報サイトを
引っ張っていくんだろうなと思いますし、
この機会に是非体感してみてはいかがでしょうか?

ご興味ある方は以下のリンクから無料登録をしてみてください。

今週の注目レース
▼函館スプリントステークス▼

⇒ 無料会員登録ページ
※メールアドレスのみの簡単無料登録で完了です!

 

The following two tabs change content below.
スポンサーリンク