Pocket

今回は、函館スプリントステークス2018無料予想と

出走馬の調教・最終追い切り評価を

中心とした記事を書いていきたいと思います。

いよいよ夏の北海道シリーズがスタートする。

開幕週の日曜メインには

函館スプリントSが行われる。

6月半ばに行われているレースだが、

秋の大一番・スプリンターズSで

好走する馬が多い。

すっかり定着した『サマースプリントシリーズ』の

開幕戦であるとともに

秋を占う意味でも

軽視できない一戦となっている。

力を要する洋芝への適性が

問われるのが常ながら、

昨年は天候の変動も相まって

超高速馬場化したように、

予想のうえでは

天気や馬場傾向にも注意を払いたい。

今年は、どの馬が

『サマースプリントシリーズ』の

開幕戦の函館スプリントステークス

制するのか!?

ここでは、出走馬の調教・最終追い切りから

好走しそうな馬を

探っていきたいと思います。

 

 

【函館スプリントステークス2018】出走馬の調教・最終追い切り評価

<セイウンコウセイ>

(前回) 南W重 馬なり
→70.1 54.2 39.6 12.1 ⑧

6/3 南坂良 馬なり
→1回 60.4 43.5 28.5 14.0

6/6 南W良 直一杯
→67.3 51.3 38.0 12.3 ⑧

6/13 函W重 末一杯
→67.3 52.9 38.8 12.9 ⑥

【最終追い切り評価】

完成されており

大きな上積みはどうかも、

自分のリズムで

バランス良く走れた。

 

<ダイアナヘイロー>

(前回) 栗坂不 馬なり
→1回 53.5 38.9 25.5 12.6

5/30 栗坂良 一 杯
→1回 52.0 37.5 24.1 12.0

6/7 函ダ良 馬なり
→57.7 42.6 12.9 ⑨

6/13 函芝稍 強 目
→76.0 61.6 48.3 36.2 11.9 ⑦

【最終追い切り評価】

馬場を1周したあとにハイラップ。

ラストまでフォームに

乱れはなく体も回復。

 

<ラインスピリット>

(前回) 栗坂不 末強目
→1回 52.6 38.3 24.7 12.5

6/1 栗坂稍 馬なり
→1回 53.6 38.4 24.7 12.3

6/6 栗坂不 末強目
→1回 52.7 38.5 26.0 13.7

6/14 函W稍 馬なり
→56.4 39.6 12.5 ⑤

【最終追い切り評価】

直線に向くと自ら加速を見せた。

無駄のない体のつくりと

抜群の気配。本調子。

 

<ジューヌエコール>

(前回) 栗坂不 馬なり
→1回 57.2 41.6 26.9 13.1

6/3 栗坂良 馬なり
→57.5 41.5 27.2 13.3

6/8 函W良 馬なり
→69.3 54.8 40.7 13.0 ⑧

6/13 函芝稍 馬なり
→66.7 50.5 36.3 11.8 ⑥
ユアスイスイの内1.3秒追走同入

【最終追い切り評価】

行きっぷりや加速は

かなり昨年に近づいた。

芯もしっかりして

低迷脱出の気配。

 

<タマモブリリアン>

(前回) 栗坂良 馬なり
→1回 54.5 39.3 25.7 12.2

6/1 栗坂稍 馬なり
→1回 56.0 40.8 26.4 12.6

6/10 函W稍 馬なり
→57.9 42.5 13.3 ⑦

6/13 函W重 強 目
→69.1 53.8 39.6 13.2 ⑨

【最終追い切り評価】

伸縮性のある

フォームが戻ってきた。

休養効果が絶大。

昨年の勢いと遜色なし。

 

<ティーハーフ>

(前回) 栗坂良 叩一杯
→1回 52.3 37.8 24.6 12.2

6/6 函W良 強 目
→69.6 54.5 40.7 12.7 ⑦

6/10 函W稍 馬なり
→74.5 58.8 43.8 12.9 ⑨

6/13 函W重 末強目
→70.8 54.7 40.6 12.6 ⑨

【最終追い切り評価】

攻めを熟知しておりマイペース。

気配、馬体から

高いレベルの出来をキープ。

 

<ナックビーナス>

(前回) 南W良 直強目
→69.9 54.0 38.9 12.8 ②

5/30 南W良 馬なり
→66.7 50.9 36.5 12.3 ③
フクノグリュックの外0.6秒追走同入

6/6 南W良 直一杯
→63.0 48.6 35.0 12.3 ③
イキオイの外1.1秒追走0.6秒先着

6/14 函W稍 馬なり
→73.1 57.0 41.7 13.6 ⑤

【最終追い切り評価】

美浦で再三ハードに併せてきた。

今週は単走でも

バネのあるフォームで完璧。

 

<ワンスインナムーン>

(前回) 南坂良 末一杯
→1回 50.6 37.2 24.6 12.0

6/10 函W稍 馬なり
→57.0 41.5 13.0 ⑨

6/13 函芝稍 末強目
→66.7 50.3 36.0 11.5 ⑤
アグレアーブルの内0.4秒追走0.2秒先着

【最終追い切り評価】

ラストはいつも以上の

切れで突き抜けた。

仕上がり早の気性、

馬体で態勢整う。

 

<ヒルノデイバロー>

(前回) 栗坂良 一 杯
→1回 53.8 38.1 24.6 12.4

6/7 函W良 直一杯
→72.0 56.2 41.2 11.8 ⑨

6/10 函W稍 一 杯
→69.4 54.5 40.5 12.4 ⑧

6/13 函W重 強 目
→67.1 51.5 37.9 13.1 ④
ヒルノマゼランの外同入

【最終追い切り評価】

手綱を押さえている時は

良かったが、

追いだしても伸びがない。

感触あと一歩。

 

<ノットフォーマル>

(前回) 南W良 馬なり
→67.1 52.6 39.0 12.3 ⑨

6/6 南W良 馬なり
→81.2 65.0 50.9 37.8 12.6 ⑧

6/10 南坂良 馬なり
→1回 58.4 42.5 27.4 13.2

6/13 南W稍 馬なり
→68.6 53.4 39.8 13.2 ⑦

【最終追い切り評価】

フットワークに推進力があり、

程良く気合も乗っている。

出来はさらに良化。

 

<ユキノアイオロス>

(前回) 南W良 一 杯
→65.4 51.0 37.0 12.8 ⑤

6/6 南W良 馬なり
→53.5 38.5 13.3 ③

6/13 函芝稍 馬なり
→71.4 54.8 39.5 12.3 ⑦

【最終追い切り評価】

滑らかで実にスムーズ。

さずがに上昇はないだろうが、

出来自体に不備はない。

 

<エポワス>

(前回) 南坂良 馬なり
→1回 53.1 38.6 25.0 12.2

6/3 南坂良 馬なり
→1回 54.9 39.4 25.0 12.2
チェッキーノを0.2秒追走同入

6/6 南坂良 馬なり
→1回 53.2 38.5 24.9 12.5
チェッキーノを0.2秒追走同入

6/13 函芝稍 馬なり
→59.4 42.3 12.9 ⑥

【最終追い切り評価】

今週はフォームを確かめる程度。

豊富に乗り込み張りもある。

変わりなく順調。

 

<キングハート>

(前回) 南W良 末強目
→83.2 66.8 52.2 38.3 12.7 ④

5/31 南坂稍 強 目
→2回 54.2 38.5 24.5 12.0

6/6 南W良 一 杯
→68.5 53.3 38.7 13.1 ④
クリノレオノールの内1.3秒追走0.2秒先着

6/13 函W重 馬なり
→73.4 58.2 42.8 14.0 ⑥
クリノレオノールの外1.5秒先行0.2秒先着

【最終追い切り評価】

気に任せて先着も、

美浦での好調教から

調整に全く乱れなし。

折り合いも完璧。

 

<アドマイヤゴッド>

(前回) 栗坂不 強 目
→1回 54.0 39.1 25.1 12.7

6/13 函芝稍 末強目
→67.3 51.9 37.5 11.9 ⑤
ショウナンアヴィドの内0.2秒遅れ

【最終追い切り評価】

残り1Fでゴーサインを出すも、

反応できず格下に遅れた。

実戦向きでも不満。

 

<ライトフェアリー>

(前回) 南坂良 馬なり
→1回 53.1 38.6 25.4 12.8

6/6 函W良 馬なり
→70.9 55.0 40.3 12.8 ⑧
デンバーテソーロの内0.6秒追走1.5秒先着

6/13 函芝稍 馬なり
→66.3 50.0 36.0 12.3 ⑥

【最終追い切り評価】

躍動感があり、

これだけ大きく体を

使えれば文句なし。

ピッチ走法も健在だ。

 

<ノボバカラ>

(前回) 南W重 馬なり
→67.4 51.5 37.9 12.8 ④

5/31 南W稍 馬なり
→69.1 52.9 38.8 13.0 ⑦

6/6 南W良 一 杯
→53.1 38.8 12.9 ⑥

6/14 函芝良 強 目
→63.2 48.2 35.5

【最終追い切り評価】

攻め動くタイプで芝での中身は合格。

ただ、ここ一連と変わったところはない。

 

 

【函館スプリントステークス2018】出走馬の調教・最終追い切り評価まとめ

今回は、函館スプリントステークス2018

出走馬の調教・最終追い切り評価をしました。

その中でも、調教・最終追い切り

良かった馬を

人気ブログランキングにて公開しています。

この馬→人気ブログランキングへ

常にスプリント戦で

上位に顔を出しているように

取り口は安定しているし、

昨年キーンランドCで

僅差の3着があり

洋芝も問題なくこなす。

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク