Pocket

今回は、凱旋門賞2018の予想と

過去の傾向とデータ分析(10年)と

印付き予想を中心とした記事

書いていきたいと思います。

ロンシャン競馬場の改修工事が終了し、

今年の凱旋門賞2018はシャンティイから替わり

3年ぶりのロンシャン開催。

今年は19頭立てで行われる。

日本からはクリンチャーが武豊騎手と参戦。

注目はやはり、昨年の覇者エネイブル。

連覇を狙うエネイブルは6番ゲートからの発進。

果たして今年の凱旋門賞2018を制する馬は

どの馬になるのか。

予想と過去の傾向と

データ分析(10年)と印付き予想

書いていきます。

 

まずは、ゲート・馬番とオッズを見ていきます。

【凱旋門賞2018】ゲート・馬番

1-9クリンチャー
2-12パタスコイ
3-17ネルソン
4-3カプリ
5-8ティベリアン
6-10エネイブル
7-2サルウィン
8-7タリスマニック
9-6クロスオブスターズ
10-4ウェイトゥパリス
11-11ヌフボスク
12-16ハンティングホーン
13-5ヴァルトガイスト
14-13キューガーデンズ
15-19シーオブクラス
16-18マジカル
17-15ルイドール
18-1デフォー
19-14スタディオブマン

 

【凱旋門賞2018】オッズ

1番人気エネイブル           1.8
2番人気クリンチャー        6.3
3番人気ヴァルトガイスト  6.6
4番人気シーオブクラス     6.8
5番人気キューガーデンズ 10.8
6番人気パタスコイ          35.9
7番人気スタディオブマン 46.5
8番人気タリスマニック    48.7
9番人気ヌフボスク          52.4

 

【凱旋門賞2018】予想│過去の傾向とデータ分析(10年)から狙える馬

【人気別】

1番人気         【3.2.1.4】
2番人気         【1.0.1.10】
3番人気         【2.0.0.6】
4番人気         【1.1.1.7】
5番人気         【0.1.2.8】
6~9番人気    【1.3.5.31】
10番人気以下 【2.3.1.79】

人気別から見ると、

人気薄の激走が多く、

2桁人気馬が5頭も連対している。

日本で馬券が発売してからの

過去2年でも8、9番人気が

連対しており波乱含みのレースである。

 

【年齢別/性別】

<年齢別>

3歳【7.1.6.58】
4歳【3.5.4.50】
5歳【0.3.1.29】
6歳【0.1.0.8】

<性別>

牡馬【3.9.8.114】
牝馬【7.1.3.31】

斤量面で有利な3歳馬と牝馬が

圧倒的な成績を残している。

4歳以上の牡馬の優勝は

過去10年で一度もなく、

2着が最高。

 

【調教国別】

フランス      【4.4.5.70】
イギリス      【3.2.3.19】
アイルランド【2.1.2.29】
日本            【0.3.0.12】
その他         【1.0.1.15】

第1回までさかのぼってみても、

勝ち馬はすべて欧州所属というレース。

特に過去10年で地元フランスや

イギリス調教馬の活躍が目立っている。

シャンティイ施行時の一昨年に

上位独占したアイルランド勢だが、

ロンシャン開催に限ってみると、

1勝3着1回のみと苦戦している。

 

【前走別/前走着順・クラス別】

<前走着順>

1着     【6.3.5.50】
2着     【1.3.4.35】
3着     【1.3.2.16】
4着     【1.0.0.12】
5着     【1.0.0.16】
6~9着【0.1.0.16】

<前走クラス別>

GⅠ   【10.5.7.66】
GⅡ   【0.5.3.49】
GⅢ   【0.0.1.20】
その他【0.0.0.10】

全ての勝ち馬が前走でGⅠに出走しており、

そのうち前走勝ち馬が6勝あげている。

当然ではあるが、前走・GⅠ,1着馬は

絶対に抑えておきたい。

前走がGⅡやGⅢだった馬は2着までで、

これは、日本馬クリンチャー

昨年の優勝馬エネイブルにとって

不利なデータ。

 

 

【凱旋門賞2018】予想│印付き予想

人気ブログランキングへ
〇05ヴァルトガイスト
▲06クロスオブスターズ
☆02サルウィン
△0410121319

◎の本命馬は

人気ブログランキングにて公開しています。

今年は凱旋門賞を早くから視野に

入れての調整。

このレースを歴代最多の

7回を制している

A・ファーブル調教師

手腕も含めて本命は…

この馬→人気ブログランキングへ

The following two tabs change content below.
「AK」
皆様に予想を見てもらい、少しでも役に立てればと思っています。 努力を惜しまず、日々競馬の勉強、研究に励んでいきますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク